本日のイースタンも、メットライフドームでヤクルト戦です。


スタメンは、

Screenshot_20210721-172929~2

山川が指名打者で出場です。


また、捕手には柘植、レフトは高木渉もスタメンです。

先発は與座です。

1軍では中継ぎ登板でしたが、イースタンでは先発として登板です。與座にもローテ入りのチャンスはありますので、狙える位置に立てるように、アピールしたいです。



【結果】


先発與座が素晴らしい投球を見せ、後を受けた増田、田村もそれに続き、完封リレーを成し遂げました。

4対0で勝利です。



【投手】


Screenshot_20210721-202220~2


與座

7回3安打8三振無四球無失点と、素晴らしい投球でした。

3者連続三振という素晴らしい立ち上がりから始まり、その後もその調子で危なげなく投げました。

今日はスライダー、シンカーが良く、制球もコーナーに決まりました。変化球が良かったので。ストレートも活きました。

アンダースローの天敵でもある左打者に対しても、ストレート、シンカーのコンビネーションが効果的でした。

一時期はストレート中心の、パワーピッチをして打ち込まれてましたが、ストレートで押すのではなく、ストレートを活かすのであれば、今日のようにシンカー、スライダーを低めに集めていきたいです。



忘れがちですが、昨年は開幕ローテの投手です。

まだ1試合ですし、浜屋、上間、本田、内海と先発候補もいますので、今日のような投球が続けられたら、ローテ候補の一人になりますね。



増田

後半戦反撃するためには、1軍で活躍してもらわなければ困る投手です。

増田らしく、高めのストレートで空振りも取れました。

その後粘られ四球を出す辺りは、まだ本調子ではない所です。

ただ、後半戦まで時間はあるので、少しずつ状態をあげ、連投テストをしてコンディションに問題なければ昇格です。



田村

ストレートで三振も取りました。

調子が良いと1、力のある150キロのストレートを投げる投手ですので、安定感を出したいですね。




【野手】

Screenshot_20210721-202158~2

木村、ブランドン、柘植がマルチです。

ブランドンも高木渉同様に、イースタンではよく打ちます。
レベル的には1軍に近い打力ですので、ルーキーとはいえ、中村剛也の後継者は、もう何年もライオンズの必須課題なので、殻を破りたいです。

山川はヒット1本でした。




柘植に2ランホームランが出ています。


粗さはありますが、よくホームランを打ちますね。


あくまで森のバックアップという立ち位置ですので、出番も少なく試合勘不足になりがちですが、森が休養日でも、チームが安心していられるように、使われた試合は結果を出せるようにしたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











スポンサードリンク