勝ちが欲しい日ハム戦です。




スタメンは、

Screenshot_20210829-173949~2


本日から山川が復帰しています。

打線は岡田が柘植に代わりましたが、山川はベンチスタートです。

森はまだですが、森、山川はライオンズ打線の核ですので、調子を上げていきたいです。



先発は本田です。

元々フライボールピッチャーなので長打警戒の投手ですが、今季イースタンでは球威が増し、ゴロアウトも増えました。

空振りも取れ、ゲームメイクも出来、イースタンでの抜群の実績で1軍ローテに抜擢されましたが、前回はまだまだ球威不足を感じる内容でした。

相手はオリンピックでも大活躍だった伊藤ですので、最小失点で乗り切りたいです。




【結果】



日ハム伊藤の前に、4安打完封されました。


投手陣も、先発本田が4回で降板してからは、早々に敗戦処理の流れでした。


今季、なかなかチームが浮上出来ないソフトバンク、日ハムといった、Bクラス同士の対戦となったホーム6連戦でしたが、最悪の1勝に終わりました。


0対6の敗戦です。





【投手】

Screenshot_20210829-200942~2

本田

4回4失点と早期降板となりました。

3回まではストレートの力もあり、変化球も特に右打者へのスライダーは効果的でした。

4回には連打を浴びて4失点しましたが、左打者への対応がイマイチでした。チェンジアップがあまり決まっていなかったので、精度を上げて左打者対策に使いたいです。


田村

立ち上がりからストレートの制球が乱れ、連続四球でランナーを貯めると犠牲フライで失点しました。

ストレートの球速は出ていましたが、空振りが取れずに粘られ球数も要しましたが、回跨ぎで2イニング目も投げ、2イニング目は3人で終わらせています。



ギャレット

今まではストレート、スプリット中心の投球でしたが、今日は15球中9球カーブを投げました。

カーブは元々投げているボールですが、あまり使わなくなっていました。最近は失点続きだったので、捕手の柘植も少し攻め方を変えてきましたね。

結果的に、久しぶりに無失点で3人で終わらせました。

最低でも、僅差ビハインドでは使いたい投手ですので、復活を期待したいです。



十亀

今日は球に力もあり3人で終わらせました。苦手な左打者へもチェンジアップが低めに決まり、三振を奪っています。

回跨ぎとなった2イニング目は、四球のランナーを置いて、打ち取った当たりでしたが山川の後逸、カバーした鈴木の送球ミスもあり失点してます。




ギャレットのリハビリ、田村、十亀で敗戦処理といったホーム6連戦の最後を飾るには、寂しすぎる投手リレーとなりました。





【野手】


Screenshot_20210829-201004~2


日ハム伊藤大海の前に、4安打完封負けです。




力のあるストレート、キレのあるスライダーの前に9三振と、何も出来ずに終わってしまいました。


特にストレートの球威は、最後まで落ちずに投げる事が出来ていて、敵ながら素晴らしい投球でした。







辻監督はよく、良い投手からはなかなか打てないとコメントしますが、今日の伊藤はともかく、ちょっとその数が多すぎます。



打てないのであれば、守らなくては勝てないですが、ライオンズはそういうチームでもありません。



ヒットを打てなくても、四球を選び、進塁打や犠牲フライなどで点を取る、上手いアウトの使い方が出来る、大人の野球をするチームでもありません。



ライオンズは打たないと勝てないチームです。




勢いをつけて、行けるという雰囲気になるとみんな一斉に打ち出すチームです。



ホーム6連戦で1勝しか出来なかったという、最悪なチーム状況ですが、諦めるにはまだ早いので、首脳陣はチームを鼓舞して、選手たちを盛り上げて行ってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


















スポンサードリンク