シーズン中ではありますが、ドラフト会議まで残り1ヶ月を切りました。



今年のドラフト会議は、10/11に予定されています。




FAに参戦せず、スカウティングと育成でチーム強化をするライオンズにとっては、貴重な戦力補強の場です。



ドラフトが近くなると、指名予想などの情報はもっと出てくると思いますので、具体的な選手などは今後ブログで書いていこうと思います。




今回は、現状からの欲しいポジションの話です。





ライオンズの現状5位という結果は、投打共全てに物足りないからの結果です。



ポジション的には、捕手とショートはチームの強みとなっていますが、投手と外野手が弱点になっています。



貢献度的には、森、源田がライオンズの中心と言うことです。




外国人補強も投手、外野手が中心になると思いますが、個人的には、ドラフトでも投手中心の指名に、長打のある野手(出来れば外野手)も欲しいと思っています。



また、森が残留する事が前提ですが、高卒の捕手も欲しいところです。





捕手に関しては前回も書きましたが、森にソフトバンク柳田、ヤクルト山田並みの長期の複数年契約を提示してもらいたいと思っています。






森が居てくれるなら、しばらく捕手は控えのみで良いですし、高卒の捕手をじっくり育てられます。また、森が残るなら打撃の良い柘植を外野に回すプランも有りだと思います。



万が一、残留の目がないと判断すれば、正捕手候補の獲得は必要です。





外野に関しては人数はいますが、ライト、センター、レフトと3つ全てが穴となってしまっています。



数はいるけどハマらない、源田の加入前のショート争いの様な状況です。



既存の外野手にも魅力的な選手はいますので、覚醒待ちも良いと思いますが、ライト、センター、レフトと3つ全てを覚醒待ちだとリスクも大きいです。


どこか1つは主力で埋めて、残りは競争&覚醒待ちが良いと思います。





そのため、


チームの主力となりうる、長打の打てる外野手を獲得したいです。




長い目で見れば、活躍すると年俸が高騰し契約延長が難しくなる外国人よりも、日本人で埋められるのが理想です。



ただ、問題もあり、


新人で即戦力となるとかなり絞られます。野手を見る目はライオンズは優れているので、お眼鏡に適う選手が残っていなければ、無理に取って余剰人員を増やすくらいなら、外国人で補う方が良いです。









投手に関しては、先発も中継ぎも必要です。



イースタンを見ていても、炎上しているキャリアのある投手に、イニング消化してもらわなくてはいけない現状は、育成の場としてはもったいないので、

今年の指名は、恐らく投手中心になると思います。


評価の高い左腕もいますので候補に入っていると思いますが、左腕にこだわり過ぎるあまりに、ドラフトで失敗もしているので、左右関係なくポテンシャルの高い投手を取りたいです。



また、そろそろ、

高橋光成、松本、今井の次のローテを担う、高卒の大物投手も欲しいです。


投手は長年の課題ですので、育成やスカウティングも含めて、改善したいです。






ドラフトは将来のための場ではありますが、今季低迷しているライオンズにとっては、来季のための補強の場でもあります。



チームとしては年齢のバランスを取ることも必要ですが、数合わせの指名よりも実のある指名を期待します。



あれもこれも欲しいですが限りもあるので、適切な補強が出来るように、ライオンズスカウト陣の底力を見せてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


















スポンサードリンク