ライオンズファンお馴染みのFA問題の話です。



森、山川、外崎、源田といった主力選手のFAが近づいています。この4人はFA取得の時期も近いことから、金銭的にも全員の残留は難しい可能性もあります。


片岡、栗山、中島、中村の時と状況は似てますね。



あの時は、栗山、中村に全力慰留で、片岡、中島は流出やむなしの判断をしました。



ただ、片岡はセ・リーグの巨人入りが噂されていましたし、中島はメジャー志向でしたので、対戦しない分いくらかましではありました。


しかし、今はライオンズコレクター石井一久のいる楽天が確実に手を出してくるので、敵となる可能性があります。




コロナ禍により西武グループは金銭的にも厳しい状況です。




金がないなら環境と情に訴えるしかありませんが、

渡辺GMのコミュニケーション能力と、残留した栗山、中村の高待遇を見て、残りたいという気持ちが強くなる事を期待したいです。






岸や浅村のように、昨日まで応援していた選手を突然嫌いになる事はライオンズファンとして、とても悲しい事ですので考えたくありません。

 


当然、全員残留の道を考えたいと思いますが、



もし全員は残せないのであれば、好き嫌い抜きに、戦力的にポジション別貢献度を見ても、


森、源田、外崎、山川の順に残したいです。




その中でも、捕手では12球団No.1の貢献度の森友哉は残したいです。




個人的には、

森には、ソフトバンク柳田や、ヤクルト山田クラスの大型長期契約を提示してもらいたいと思っています。



捕手は育てるのが難しいですし、外国人で補えません。




森が残れば、捕手の心配はなくなりますし、捕手というポジションはベテランになればなるほど、経験が活かされるポジションでもあります。



万が一、怪我などで捕手が難しくなったとしても、あの天性のバットコントロールは唯一無二ですし、戦力には変わりないです。




まだシーズン中ですし、ここからの反撃も信じてはいますが、

チームとしては2年連続で得失点差がマイナスになる可能性があります。




勝敗に大きく影響する、この得失点差の改善は必須課題です。




ただ、


チームを強化するにも、中心なき組織は機能しません。




今のライオンズは投打共に森のチームです。



森という投打の要を軸として、足りない戦力を獲得、育成、強化していく道を進みたいです。



球団としても、ライオンズでは今までにない、大型長期契約を誠意として見せたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















スポンサードリンク