本日もイースタンはヤクルト戦です。


ファームから本田、金子が昇格しました。

調子で言えば金子よりもブランドンの方が良いですが、守備固めや代走での起用も見据えての昇格ですかね。


イースタンの外野手では鈴木将平の方が打っているので、またヘイトを集めそうですが、金子は一時期の不調からは脱出してますので、見返す活躍をしてもらいたいです。





スタメンは、

Screenshot_20210915-124620~2

先発は内海です。

8/4以来の登板となります。

前回は5回4失点、前々回は2回5失点と、ローテ入りのチャンスはありましたが、結果を出せませんでした。

制球で勝負する投手ですので、ベテランではありますが、フィジカルの問題がなければまだまだやれる投手です。

また、プレイヤーとしてだけではなく、指導者としての片鱗も見せています。

コミュニケーション能力に長け、非常に面倒見の良い性格で、巨人の後輩たちにも慕われていますし、ライオンズでは渡邉勇太朗を育てたり、浜屋にチェンジアップをアドバイスしたりと、指導力という面でも戦力となっています。


ライオンズとしては、晩年広島からトレードで来て、引退後は優秀な打撃コーチとなった嶋コーチのように、内海にも投手コーチとして残ってもらいたいです。

当然まずは選手としてですが、今後も含めて大事にしたい人材です。




【結果】


Screenshot_20210915-161435~2



昨日連勝が止まりましたが、好調のファーム選手たちは粘りを見せて9回に、押し出しで勝ち越しました。


しかし、その裏、最近ファームの守護神となっている井上が打たれて、サヨナラ負けとなっています。





【投手】

Screenshot_20210915-161415~2

内海

3回2安打無失点でした。

チェンジアップが高く、まだまだといった様子ですが、1ヶ月ぶりに実戦で投げられました。 

今後、若手主体に切り替える可能性もありますし、谷間の先発はブルペンデーで凌ぐ可能性もあるので、1軍での出番があるかは難しい所ですが、まだ試合は残っているので、戦力となりたいです。


出井

1イニング1失点でした。球の力もまだまだですが、変化球が高いので、低めに制球出来るようにしたいです。


ダーモディ

スクイズとタイムリーで2失点です。

高めのストレートで空振りが取れてはいましたが、変化球も高めに行ってしまいました。

ゾーン内に投げ込めるのは制球力は、良い所でもありますが、決め球の変化球は低めにストライクからボールになる球で仕留めたいです。


大曲

2四死球と課題の制球を乱しましたが、何とか無失点で切り抜けました。

ストレートに力があり、スプリットのキレも良いのですが、前半戦はランナーを出すと止まらなくなる事もあったので、無失点で止められて良かったです。


小川

1安打1死球でピンチを作りますが、スライダーを低めに集めてその後は打ち取りました。


公文

自らのエラー絡みで1失点です。
低めに決まればスライダーでも空振りが取れましたが、ストレートが甘く入り打たれました。

木村、佐藤を出してまでトレードで獲得した投手ですし、今季中に1度は1軍で試すと思うので、それまでには状態を上げたいです。


井上

スライダーの制球がイマイチでしたので、ストレート押しで行きましたが、真ん中に入ったストレートを打たれて、逆転サヨナラ負けとなりました。

MAX152キロと球速は出ていましたが、空振りが取れずに粘られていたので、武器でもあるストレート中心の投球は良いのですが、スライダーやチェンジアップも交えて投げられるように、変化球の精度を上げたいです。






【野手】

Screenshot_20210915-161355~2

中熊が3安打です。



綱島がタイムリーは1本ですが、犠飛、内野ゴロ間、押し出し四球と、4得点に絡む活躍です。




綱島のタイムリーツーベースです。



綱島は今季、打力が大きく伸びました。



長打も増えましたし、トレーニング設備を新しくした効果ですかね。


野手の育成は時間がかかりますが、しっかりトレーニングしていけば、こうやって結果も出るので、若い選手たちは積極的に体作りをしてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















スポンサードリンク