ライオンズでは、FA補強の可能性は低いですがゼロではないので、今季のFA注目選手をあげます。





Screenshot_20210919-083836~2




大瀬良を獲得したら、足りない先発ローテが1枠埋まります。


山崎を獲得すれば、平良の先発転向により、ローテも勝ちパも埋まります。


宮崎を獲得すれば、中村の後継者問題が解決します。



あれもこれも足りないので、取れるなら取りたいですが、ソフトバンクや楽天のような金満球団ならともかく、ライオンズには無理です。




又吉はCランクなので可能性もありますが、最近はCランクでも年俸が高騰しますし、ライオンズはFA交渉があまり上手くないので難しそうです。



今までも、FAに参戦していない訳ではなく、小谷野や福田には参戦しましたが負けています。



タンパリングは禁止されていますが、実際はお抱えのマスコミを使って、シーズン中から接触していますので、交渉時にはある程度決まっていると思われ、ライオンズにはあまり縁がないですね。




現実的には、岡田の残留交渉が最優先で、残りの補強はドラフトと外国人になると思います。


今季の低迷は、選手の不調や辻監督の采配と言うよりも、主力の流出ペースに育成が追いついて居ないというのが原因だと思います。




菊池が去った後のエースとして見込んでいた、多和田の離脱という想定外はありましたが、適切な補強をしなければ来季も苦しい展開になってしまいます。



まだまだシーズン中なので、諦めるには早いですが、万が一このまま行けば、おそらく今季のチームの低迷の責任は辻監督が取らされると思います。




数年前の田辺政権のように迷走していれば、監督を変える事でチームも変わるかも知れませんが、現状は、戦力が足りていないのが低迷の一番の理由ですので、球団も責任を感じてもらいたいですし、来季は適切な補強が出来るようにしてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





















スポンサードリンク