成績不振により、退任報道されていた辻監督ですが、一転、続投要請の報道です。









退任報道は各紙してましたが、続投に関しては今の所、スポニチのみですので、まだ分かりませんが、


賛否あるでしょうけど、個人的には朗報です。




辻監督の監督としての実績は確かです。



采配に関しては疑問を持つこともありますし、私も批判的な事を書いてもいますが、おそらく誰が監督になっても賛否は起こります。


ただ批判はしても、毎年のように主力が抜け、補強もほとんどない中のこの実績は、評価しているファンも多いと思いますし、結果的には名監督と言っても良いです。




何度も書いてますが、ある程度戦力がいたにも関わらず、選手起用が上手くなく、将来への方向性も不透明で、チームに閉塞感をもたらせていた伊原、田辺政権を引き継ぎ、辻監督はすぐに優勝争いをするチームに変えてくれた事には、ライオンズファンとして感謝していますし、恩人だと思っています。





まだ、正式発表ではありませんが、辻監督の知らない所で退任報道も出ましたし、球団としては誠意を持って接してもらいたいです。


頑固な性格ですので、責任をとって辞めると言いかねません。




続投してもらうなら、ホーム最終戦までには受諾してもらうように働きかけて、ホーム最終戦では来季に向けたファンへのメッセージを届けられるようにしてもらいたいです。






松井稼頭央監督就任は、ライオンズの既定路線と言われています。ライオンズの切り札とも報道されていました。




今回の続投報道は、チームが低迷している状況で、切り札でもある松井稼頭央監督に引き渡して良いものかどうかと球団の迷いもあったと思います。



もしかすると、松井稼頭央監督が断わった可能性もあります。



この辺は、今後発表される来季の組閣を見れば、ある程度明らかになると思います。





今年のドラフトでは、隅田、佐藤と言う素晴らしい素材を手に入れました。



新任の監督に任せるよりも、まずは辻監督に任せてある程度戦力として形を作ってから、次の監督へと言う方針であれば、

松井稼頭央2軍監督は来季、1軍首脳陣に入れて次期監督として育成する必要があります。



(追記)

西口投手コーチが2軍監督、松井稼頭央2軍監督は1軍ヘッド格に昇格で調整中との報道です。








退任報道、続投報道とチームに迷いも見られますが、続投と決めたからには早急にチームを立て直すための組閣も進めてもらいたいです。



辻監督には、一度は報道陣を通してプライドを傷つけてしまったので、断られないように誠意を持って続投をお願いしてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


















スポンサードリンク