辻監督退任報道から一転、続投のニュースが昨日出ました。




退任報道の時と同様に、続投要請も各紙報じるようになりましたので、球団としては続投が基本線になったと言う事です。



後は辻監督次第ですが、本人は明言を避けています。




辻監督は今季を集大成と位置づけていたので、頑固な性格ですし、この成績なら辞めるつもりもあると思います。




また、監督業は過酷ですし、そろそろゆっくりしたい気持ちもあると思います。



ただ、もし退任となれば、チームが低迷している中、新任の松井稼頭央監督に任せる道しかライオンズにはないので、球団も困っていますし、思い入れのあるライオンズが困っていれば助けるつもりで続投してくれると感じています。


ファンも続投には好意的ですので、そういったファンの声も届いていると信じたいです。








今季のライオンズはBクラスが決定しましたので、辻監督の去就は関係なく、首脳陣の立て直しは必要です。



資金力的にも他所からたくさん呼んでくるのは難しそうなので、

個人的には、辻監督の権限を拡大し1、2軍の入れ替えをスムーズに出来るようにする。打撃、作戦面ではデーブ大久保氏、投手は豊田コーチ、守備走塁は黒田、佐藤友亮コーチを軸に、組閣してもらいたいです。



ライオンズは1、2軍の入れ替えが上手くなく、好調期を下で、少し落ちているときに上でと言うことが多々あります。



辻監督は自宅でイースタンの試合も、映像で確認していると以前息子さんも言ってましたし、把握しているのであれば、すぐに上げられる仕組みで戦いたいです。


ただ、辻監督のやる事が多く、大変ではあるので、盟友の馬場コーチをサポートにつけて、馬場コーチは1、2軍を巡回出来るようにしておきたいです。








コーチには作戦を立てられる分析力と、それを選手たちに浸透させられるコミュニケーション能力が必要だと思っています。





大久保氏は素行面で問題もありましたが、辻監督の下なら抑えられると思いますし、優秀なコーチです。


資金力的にあれもこれもとコーチを他所から呼べないですし、そもそも来てくれないから自前でコーチを育てているので、作戦面、コミュニケーション能力と両方を出来る大久保氏は適任です。



ライオンズ球団とも和解しましたし、渡辺GMの盟友でもあるので、声をかけてもらいたいです。



また、松井稼頭央を監督として育てるに辺り、野球を良く知っている辻監督と、コミュニケーション能力に長けた大久保氏を間近で見られるのも経験として良いと思います。



試合に出るのは選手ですが、選手が高いパフォーマンスを出せるための環境を整えるのは、首脳陣の役目です。


資金的に出来る範囲となってしまうのは、しょうがないですが、優秀なコーチはチームを活性化してくれます。



球団は内部の人事異動で済ませずに、巻き返しのための最善の策を立ててもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















スポンサードリンク