昨日ギャレットが帰国した事で、ライオンズに所属する外国人は全員帰国しました。


今季は外国人が助っ人にならなかったシーズンでした。




メヒア、スパンジーは長打が減り、コンディションも良くなく出番も減り、シーズン途中で帰国となりました。



ダーモディは良い球を持っているのですが、活かせずにファーム暮らしがメインとなってしまいました。


ニールは勝ち星に恵まれなかったものの、ローテ4番手投手としては良く働きましたが、2億を超える年俸を考えると不十分でした。


今季の外国人の中では、1軍戦力として一番働いたギャレットは、三振が取れるのは魅力ですが、好不調の波が大きく、僅差を任せるには不安がありました。



メヒアは退団しましたが、一部報道では、ニール、ダーモディ、スパンジーも今季限りとの報道です。



ギャレットも制球難が改善出来なそうなら、見切られる可能性もあります。




新外国人が活躍出来るかは、ギャンブル要素がありますが、来季は全員新外国人となる可能性は高いです。



今季はメヒア、スパンジーとレギュラーと言うよりも、山川、中村、栗山のバックアップと言う位置づけでしたが、外国人は助っ人なので、チームに足りないピースを埋める存在でなければなりません。


バックアップは若手に任せて、レギュラーとして活躍を見込む外国人が欲しいです。




ライオンズの弱みは、投手と外野手です。



ライオンズの投手陣は、各指標で軒並みワーストですので、テコ入れ必須です。


必要なのは、先発は長い回を投げられる投手、中継ぎは三振が取れる投手です。


外国人の場合は、活躍出来るかはやってみないと分からない部分はありますが、少なくともWHIPやK/BBなどの各指標を見て、明らかに悪い投手は取らないようにしてもらいたいです。





外野手は、スパンジーのように兼任ではなく本職であること、守備型ではなく長距離砲であることが必要です。




あれもこれも優れている外国人を取ることは、ライオンズの経営的にも苦しいのは分かるので、欲しいのは、

長打が打てる外国人です。





ライオンズは外野の3つ全てレギュラーが固定出来ない状態です。





岸、川越、若林、高木渉、鈴木、愛斗、西川と期待の若手はいますが、3ポジション全て空いているのは改善が必要です。


そのため、外野手の外国人が2人居ても良いと思っています。




ライオンズは投打共に不十分なので、最下位争いをしている訳です。



ただ、主力がシーズン通して安定したパフォーマンスを出せれば、最下位にいるようなチームではありません。



主力の復調に加えて、弱点を埋めるための外国人獲得を期待したいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












スポンサードリンク