本日のフェニックスリーグは、巨人戦です。




スタメンは、

Screenshot_20211027-125614~2




【結果】

Screenshot_20211027-160128~2


育成の豆田、赤上が合わせて8四球と、課題の制球難を露呈しました。


打線は最近下降気味です。今日も4安打と貧打が続きます。



【投手】

Screenshot_20211027-160225~2

豆田

空振りが取れる魅力はありますが、制球に課題のある投手です。今日もその特徴がそのまま出た投球でした。

5回を5三振に6四球でした。

浮き上がるようなストレートは高めでもカウントを稼げますが、ストレート、変化球共に精度が悪いです。

シーズン序盤は中継ぎでしたが、後半戦は先発起用が増えているので、制球と共に試合を作る力を付けたいです。


赤上

速いストレートを投げられる投手ですが、今日はチェンジアップを多投しました。

先発した豆田同様に、低めに決まれば三振が取れますが、まだ精度が不十分です。



井上

昨年のフェニックスリーグで先発として注目度が上がりましたが、今季は中継ぎとなり、投球も制球に苦しみました。

シーズン後半にようやく活躍するようになりましたが、まだ不安定です。

今日はストレート中心に、甘い球もありましたが無失点で抑えています。

スライダーが良い投手なので、ストレートの球速をもう少し上げて、中継ぎをやるなら常時150キロが出せるようにし、空振りを狙って取れるようにしたいです。



大曲

今日投げた豆田、赤上、井上同様に、こちらも制球が不安定です。

エラーもあり失点しましたが、ストレートに力はありますので、活かせる様に変化球の精度を高めたいです。



【野手】


Screenshot_20211027-160200~2


5回にノーアウト満塁のチャンスを作りましたが、相手エラーでの1点止まりでした。


ファームは打高投低で、打撃は良かったのですが、フェニックスリーグに入り、1軍の貧打が感染った様な状態です。



今日は巨人投手陣の前に13三振です。

巨人先発の平内には、初回ワンアウトから8連続三振です。




ライオンズは自由に打たせる傾向がありますが、1軍に上がり、急にケース打撃をしろと言われても出来ません。長距離砲の渡部はともかく、確実性を求められる選手達は、ファームでも状況に合わせた打撃が出来るようにしたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













スポンサードリンク