本日のフェニックスリーグは阪神戦です。



スタメンは、

Screenshot_20211028-124118~2




【結果】


Screenshot_20211028-163058~2


5失策と守備崩壊してしまいました。イースタンでも守備のミスが目立っていましたが、来季に向けて大きな課題です。


先発挑戦中の宮川がぱっとせず、打線は拙攻、最後は水上が打球を頭部に当てるアクシデントと、良いところがなかったです。



【投手】

Screenshot_20211028-163336~2

宮川

制球難克服のためにフォーム改良しましたが、制球の不安定さは、あまり変わっていないです。

味方エラーで失点が増えましたが、内容的にもストレートで空振りが取れず、変化球の精度も悪かったです。

制球難克服のために、宮川の長所であるストレートで空振りが取れる魅力が影を潜めてしまうのは、もったいないので、実戦よりもフォーム固めを最優先で行いたいです。


佐野

今日はストレートの球威もあり、スライダーで三振も取れました。こういう投球を続けたいです。


井上

制球にばらつきがあり、ツーアウトから四球を出しましたが、無失点で切り抜けました。


水上

頭部に打球が当たるアクシデントです。

倒れた後、動こうとしましたが、ベンチから動くなと声がかかり、そのまま担架で運ばれました。

まぶたの上に出血があるようですが、意識ははっきりしているとの事ですが、頭なので何があるか分かりませんし、非常に心配です。


大曲

緊急登板でしたが、ストレート、スプリットで空振りを取るなど良かったです。




【野手】

Screenshot_20211028-163251~2


10安打放ちますが10三振と、ランナーを出しても三振でチャンスを潰しました。



愛斗3安打、鈴木2安打とチームとしても、今日は良く打ちましたが、得点は鈴木のタイムリーによる1点のみです。




繋がりの悪い打線も問題ですが、今日はやはり守備です。


今日だけでなく、今季はイースタンでも守備ミスが目立っていました。


内野は若い選手が多いですが、今から基礎的な部分をやらないと、間違ったまま練習をしてしまいます。



守備が良いとされて入団した山野辺のセカンド守備を、まだプロレベルではないとすぐに判断したり、今年のキャンプでも守備が良いとされる川野に基礎的な指導をやり直したりと、

プロとしての守備を見る目は辻監督が一番あると思います。


内野守備は、失点に直結しますので、辻監督にファームも見てもらいたいくらいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











スポンサードリンク