今季は不調のままシーズンを終えてしまった、増田達至投手です。


Screenshot_20211125-154437~2





今季は、不甲斐ないシーズンとなってしまいました。





昨年の成績と比べると、



2021年

33試合

防御率4.99 WHIP1.27 K/BB3.29 

奪三振率6.75




2020年

48試合

防御率2.02 WHIP1.04 K/BB4.20 

奪三振率7.71



今季は、全ての指標で昨年よりも低下し、2018年に次ぐ低調な成績でした。登板数はプロ入り自己ワーストです。



ちなみに通算では、WHIP1.13、K/BB3.75、奪三振率7.97と、制球も良くゾーン内で空振りの取れる、素晴らしい投手です。




増田の武器は、空振りの取れるストレートです。


まっスラとも呼ばれる、手元で微妙にスライダーの様に変化するストレートで空振りを奪う投手です。



2018年にも不調により打ち込まれて、ヒースに守護神を譲る年もありましたが、この時も今季同様にストレートで空振りが取れなくなっての不調でした。


今季はストレートの出来が良くないとの判断から、スライダーを多投しましたが、そのスライダーがストレート以上に良くなく打ち込まれました。





増田は変化球投手ではなく、決め球もカウント球もストレートの投手です。


ストレートだけでは厳しいとの判断から、変化球も使うようになってきたと思いますが、それでも、ストレートゴリ押しの投球が、本来の増田の姿です。



あのストレートがあるからこそ、長年守護神を務められましたし、高額な複数年契約を勝ち取れた訳です。




制球は良いですが、変化球となると並みの中継ぎ投手レベルですので、ストレートの復活は不可欠です。




今季は下半身のコンディション不良で抹消となりましたが、来季に向けて新たな武器となる変化球を身につけるよりも、ストレートの力を戻すためにフィジカル面を整えたいです。









長年ライオンズのブルペンを支えた鉄人とは言え、流石に蓄積疲労もあると思います。



今季は下半身のコンディション不良に加えて、終盤には腰痛で抹消となっています。




昨年4年の複数年契約を結びましたが、蓄積疲労や年齢を考えても、後半の1、2年は満足なパフォーマンスか出せない可能性は承知しています。




それでも、ここで終わるような投手ではないと信じたいので、オフの間に体を作り直して来季を迎えてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











スポンサードリンク