MLBは、オーナー側と選手側の労使協定が期限までに締結せず、ロックアウトに突入しました。








今後は、MLB各球団と移籍交渉が出来なくなりましたので、解除されるまでは、所属のないフリーの選手からライオンズは補強する事になります。




最悪の場合は、シーズンまで伸びてしまう事も可能性としてはありますが、そうなるのは避けてもらいたいです。



万が一、現在フリーの大物が1年限定でも日本に来るとなったとしても、予算に限りのあるライオンズには、おそらく関係のない話となります。




他球団が強くなるのは避けたいですし、例えば現在フリーの菊池雄星が日本復帰となっても、金銭的にライオンズが雇えなければ、他球団に入ってしまいます。





高校時代から憧れていたメジャーに行った菊池雄星が、他の日本球団のユニフォームを着るのを見るのは避けたいですし、まだ早いです。






シーズンを中止にする事はないと思いますが、今後の動向に注目です。



また、ライオンズはエンス投手、オグレイディ選手と獲得しましたが、元々予算的にも自由契約選手の獲得が中心になるでしょうから、ここから動きがありそうです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










スポンサードリンク