ライオンズの契約更改が着々と行われています。



今季はコロナ禍による収入減に加えて、チームも最下位ですが、思っていたよりもアップ提示の多い契約更改となっています。





今の所、推定で1億以上のアップとなっています。




今後は、源田、平良、水上とアップ提示濃厚の選手もいますし、ダウン提示濃厚の山川、外崎はFAも近いことから、ある程度はダウン幅を抑えるでしょうから、選手にとっては暖冬更改となりそうです。






今季は主力の離脱もあり、年俸の安い若手が多く試合に出た事や、本来、大幅ダウンの成績だった金子、増田が複数年契約と言うのも大きいです。






ただ経営的にも厳しいですし、球団経営が圧迫されても困るので、外国人を含めた総年俸は昨年と同等か、それ以下くらいには抑えるとは思います。








契約更改を見ていると、チームとして重要視している部分も見えてきます。



今季前半はリハビリに費やし、終盤に1軍に上がったもののヒット1本だった戸川が微増。オープン戦は良かったものの、シーズンでは打ち込まれる事も多かった佐野が現状維持です。



主力以外の選手は、成績が悪くても1軍での出場試合数を重視している様子が伺えます。


まずは1軍の試合に出ること、主力になれば成績を重視するといった流れが見えて来ますので、若手選手たちは、まずは1軍の試合に出れるようにキャンプからアピールしてもらいたいです。




 



選手としては、年俸アップは嬉しいですが、数年前の暗黒期のように、チームは低迷していても、個人成績だけはよく、年俸だけが上がっていくと言う状況は避けたいです。





優勝争いをしていないチームから、タイトルホルダーが生まれる事はよくある事ですが、年俸が高騰してしまうと、ライオンズの場合は流出の可能性も大きくなります。




森、源田、山川、外崎が揃っている状況は長くは続かない可能性もあります。

4人の主力たちがいる間に、悲願の日本一を掴んでもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











スポンサードリンク