まだ補強は終わっていないライオンズですが、野手は、オグレイディ、ジャンセン加入で、おそらく終わりです。





キャンプ、オープン戦と、このメンバーでスタメン競争を行います。







外国人がいつ来日出来るのか、日本野球に適応出来るのか、若林の復帰時期など不透明な所がありますが、現段階での開幕スタメン予想の記事も出る時期になりました。











辻監督は若林を1番に据える構想を持ってますが、大怪我をしましたし、無理にでも開幕からとは思ってないはずです。




将来のある選手ですし焦る必要はないので、現段階では開幕はファームでも良いと思います。







キャンプ、オープン戦を見てからではないと、何とも言えませんが、今の段階での個人的な開幕オーダー希望としては、



1源田(遊)2外崎(二)3森(捕)4山川(一)

5中村(三)6栗山(指)7オグレイディ(右)

8呉(左)9愛斗(中)



主力4人を上位に固めて、その後ろを骨牙が、下位打線も打力の期待値が高い選手が担う打線です。




他球団では打線の穴になりがちな捕手が、ライオンズの場合は森友哉ですので、そのメリットを活かすには、他のポジションの選手も打てる選手が優先です。




弱点でもある外野は、呉が普通にレフトを守れること、愛斗がセンター守備が出来る事、オグレイディが日本野球に適応し且つ、ライトを守れることと言った、タラレバが全て上手く行った前提です。




無難に考えるなら、ライト愛斗、川越、センター岸、金子、レフトオグレイディ、呉となりますが、こうなると打線的にはセンターが穴になってしまいますので、覚醒が待たれます。




もう1人の新外国人ジャンセンの使い道は、今の所は内野のバックアップです。



ただ、思ったより大砲として機能しそうなら、栗山にはレフトを守ってもらい、ジャンセンは指名打者とサードの併用起用が良いと思います。




オグレイディ、ジャンセンが当たり外国人なら打線は大幅強化となりますが、今季最下位だった事を考えれば、そのくらいやってもらってようやく優勝争いに食い込む戦力となります。









現時点での、開幕希望オーダーを書きましたが、何度か書いてますが、個人的には固定打順にする必要はないと思います。





そもそも、キャンプ、オープン戦もありますし、当然そこでの競争で勝ち抜いた人がスタメンです。





もし、固定をするなら、上位は出塁率、中軸は長打力のある選手が務めると言う方針だけです。




その方針に合った選手を、調子や相性を見て起用してもらいたいです。










打線を考えると、やはりライオンズはタラレバが多い打線です。



山川、外崎が復活すれば、若手外野手が覚醒すれば、外国人が機能すれば。。。





補強を積極的に行ったソフトバンクや楽天と言った、他球団もなかなか凄い打線を組めそうです。そのため、優勝するためにはタラレバを全て叶えたい所ですが、一番は山川、外崎の復活です。







森、源田、外崎、山川が機能すれば、優勝争いを出来る打線だと思います。


タラレバを全て叶えるためにも、オフ、キャンプを充実させ、万全な状態で開幕を迎えてもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













スポンサードリンク