佐藤隼輔投手は、開幕ローテ入り&新人王を目標に掲げました。










投球スタイル的には、ストレート、スライダー中心の投球です。他の変化球は、チェンジアップも持っていますが、ほぼストレートとスライダーです。



先発としては球種の少なさが指摘されていますが、学生時代は先の事も考えて、球種を絞って勝負をしたとの事で、実際は他にも投げられるようです。筑波大学の監督が言うには、フォークも持っているそうです。





プロで使えるかどうかはまだ分かりませんが、伸びしろがあるのは魅力的です。





菊池雄星もデビューしたばかりの時は、ほぼストレートかスライダーで投球していました。その後球種も増えましたが、投手の基本はストレートです。





今の所は、菊池雄星みたいな剛腕ではなく、キレで勝負するタイプだと思いますが、佐藤投手はクロスファイヤーが武器と話していましたし、強気にインコースにもストレートが投げられる投球を期待したいです。









ドラ1有力と言われながらも、怪我の影響もあってか、ドラ2の評価は本人的には納得していないと思います。




学生時代は、素晴らしい投球を見せる反面、怪我も多かったために評価を落としたと思います。



プロのスカウト陣を見返してやりたい所です。



直近では脇腹を痛めましたが、再発しやすい箇所ですし、癖になると自覚がなくても庇ってしまうために、投球フォームも崩してしまいます。



ライオンズには立派なトレセンがありますので、まずは再発しづらい体作りを行い、キャンプ、オープン戦でアピールするための準備をしたいです。









ライオンズは先発の駒不足から、隅田、佐藤投手はローテ入りが濃厚です。




しかし、本来は本人の成長のためにも、競争させて勝ち取らせたいです。



ライオンズの場合、昨年の浜屋投手のように、状態よりも期待値でローテ入りさせてしまう所もあるので、エンス投手の来日が遅れると、ますます競争せずともローテ入りしてしまう可能性もあります。



首脳陣には、無理な運用は控えてもらいたいですので、隅田、佐藤投手2人で1人と考えて起用してもらいたいです。また、3本柱以外の先発投手は、横一線の実績の少ない先発投手ですので、期待値ではなく、開幕時に状態の良い投手をローテ入りさせてもらいたいです。




佐藤投手には開幕ローテ入りを期待してますが、これからの投手ですし、無理な運用は禁物です。






成長には競争は不可欠ですが、同期に隅田投手がいるのはお互い良かったと思います。



ライバル意識を持ちながら切磋琢磨し、ライオンズの投手陣を引っ張る存在へと成長してもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













スポンサードリンク