今週のリーグ戦が交流戦前、最後の週となります。


Screenshot_20220517-082441~2




1軍は、今日、明日が沖縄、移動日を挟んで北海道と移動距離の長い週になります。


沖縄出身者も多いライオンズとしては、沖縄の野球ファンに良いところを見せたい所ですが、今日は雨予報ですので心配です。


小雨なら無理してでもやると思いますが、怪我のないように且つ、前回ノーヒットノーランをされた東浜投手を攻略したいです。








ファームは、楽天との対戦です。



遠征メンバーは、

Screenshot_20220517-075134~2

調整による抹消となった平井投手も入ってます。

1軍ではなんでも屋になりがちですが、スライダーがキレキレの時は、打たれる気配すらない投球が出来るので、その状態に戻して、僅差での登板がメインになるように、状態を上げたいです。





コロナから復帰し、練習には参加している呉選手はまだのようです。

実戦復帰にはもう少し時間がかかりそうです。交流戦開幕には間に合わなそうですので、6月からでも1軍に合流出来る状態に戻したいです。





若林選手は、19日のみ外れています。

1軍の、北海道への移動日となる19日のみファームメンバーから外れています。単に休養なのか、それともファームが滞在する仙台から北海道へと移動して、1軍合流するのか注目です。



20日からの日ハム戦は、交流戦前最後のカードになるので、もしかするとお試しでの1軍もあるかも知れません。


ファームでは、変わらず打っていますが、まだ盗塁数は増えていません。万全を期すなら、ファームで盗塁何個してからと数を決めて、とにかく走れるようになってからというのが良いと思いますが、日ハム戦3試合のみお試しなら、本人のモチベーションも上がると思いますし、完全復帰のための段階の一つとしては良いと思います。










1軍は、打線が苦しい状況です。


ファームには、森、呉、若林選手と期待の持てる選手が控えていますが、少し時間がかかりますし、復帰しても既存1軍メンバーが打てないと打線は繋がりません。


サード、外野手と厚みを持たせたいポジションはありますが、サードの厚みを持たせるために補強したジャンセン選手が、怪我で離脱し、その後音沙汰ないです。


外国人補強もしましたが、育成ですし即戦力とは行きません。


支配下枠も空いているので補強は出来ますが、予算の問題もあるので難しい所ですが、ジャンセン選手が戻ってこれないなら、野手の補強はしてもらいたいです。また、スミス投手も音沙汰ないので、投手も補強の対象です。







独立リーグでは、元巨人のモタ選手がホームランを量産しています。





記事には、ライオンズも補強候補として名前が上がってますが、まだ若い選手なので、化ける可能性はありますが、どうでしょうか。



ポジションはレフト、ファーストをやっていますが、プロでは指名打者が多くなりそうです。



独立リーグなら、安く、すぐに合流出来るメリットはありますが、補強するなら、サードか外野を守れる選手を、3Aから獲得するのがベストだとも思います。



独立リーグからの獲得は、ヒース投手で大成功しましたが、モタ選手とは1軍実績が違うので比べる事は出来ませんが、離脱者の多いライオンズとしては、何かしら手を打ちたいです。



モタ選手も含めて、外国人やトレードなどにも目を光らせておきたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







スポンサードリンク