本日の公示で高木渉選手、斎藤誠人選手が抹消となりました。





これで1軍選手登録27名となったので、明日にも森、オグレディ、呉選手が上がると思われます。



残り1枠は、おそらく平井投手先発の日まで空けておくと思われます。




主力の復帰は頼もしいですが、今回抹消された2選手も力を付けて、また1軍にチャレンジしてもらいたい選手です。






高木渉選手は、チャンスを活かせませんでした。

好不調の波が激しく、良いときは分かりやすくファームで無双します。今回は絶好調の時期から少し遅れたとは言え、良い状態にも関わらず1軍の壁にまたしても跳ね返されました。


1軍では三振が多く、差し込まれるような場面が目立ちます。昨年の西川選手や渡部選手もでしたが、ファームでは大丈夫でも、1軍クラスの球威やキレとなると、差し込まれるような打撃になってしまう選手も多いです。

打撃を見直し、次こそは結果を出せるようにファームで腕を磨きたいです。





斎藤選手は第3捕手の立場でしたので、出番がほとんどなかったです。

今季はファームで打撃も良いのですが、柘植、牧野、古賀選手の次という今の立ち位置だと、出番を貰うのは難しいです。

1軍が森、岡田、柘植体制に戻れば、ファームは牧野、古賀体制になるので、さらに苦しくはなりますが、岡田、牧野選手と怪我の多い選手もいますので、そういった時に頼れる選手となりたいです。






ファームでは、怪我人も戻ってきていますが、武隈、大曲、仲三河選手と行方不明の選手もまだいます。復帰した公文投手も、しばらく登板がないです。



また、今季の飛躍を最も期待していたブランドン選手は、怪我によりリハビリ組に入っているとのことです。


怪我の詳細は分かりませんが、まずは焦らず完治させてもらいたいです。




さらに、スミス投手、ジャンセン選手と助っ人2人も状況がわかりません。


もし、怪我の治療で帰国するとなったら今季は難しい可能性も出てきますが、今のところそういう報道はありません。




ライオンズは昨年最下位のチームですし、戦力的に助っ人が機能しないと優勝を狙うのに厳しい状況です。



一日も早く怪我を完治させ、また1軍の戦力となってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







スポンサードリンク