日本球界復帰を決断した秋山翔吾選手が、帰国しました。

Screenshot_20220621-080412~2


これから、すでにオファーを出している古巣ライオンズや、興味を示すソフトバンクと正式に交渉をすることになります。





昨日までは争奪戦は一騎打ちと報道されていましたが、広島カープも参戦の可能性です。




良く言えば、秋山選手の需要は高く、まだまだ能力的にも問題ないと他球団も判断したとも言えますが、悪く言えば、資金力に劣る広島カープが参戦しても可能性はあると判断されたという事です。




報道では、ライオンズ有力と言われていますが、あくまで渡辺GMと秋山選手の関係性の良さからの推測ですので、油断は出来ない状況です。



かつての中島裕之選手の日本球界復帰の際も、ライオンズは表立って動きましたが、報道もされずに水面下で動いていたオリックスが獲得をしました。




秋山選手を一番必要としているのは、昨年最下位のライオンズです。



他球団も参戦してきましたし、今後も増える可能性もありますので、関係性は良くてもその関係性に甘えるのではなく、しっかりとした評価を契約に反映させなくてはなりません。



FA移籍した浅村選手は、縁もゆかりもない楽天を選びましたし、縁やゆかりだけではプロ野球選手を獲得出来ません。



本人も早くチームを決めて合流し、試合に出たいでしょうから早期決着となるように、好条件で交渉に臨みたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク