渡辺GMは昨日、一番手で秋山選手と獲得交渉を行いました。






4月にも真っ先にオファーを出していますし、今回も、一番手で交渉を行えましたので、具体的な条件は分かりませんが、熱意は伝わったと思います。


条件面が分からないですが、それ以外の面で言えば、ファンとしても球団はやれることはやってくれたと今の所は思える速攻ぶりです。



人にもよりますが、野球選手への評価や熱意は条件面だとも思いますので、大盤振る舞いは無理でも適正金額を提示し、その分、ベテランとなっていく今後は中村、栗山選手のような待遇を約束してもらいたいです。



秋山選手の性格から、レギュラー確約とかは好まないと思いますが、渡辺GMもその辺は分かっていると思いますので、上手く交渉してくれたと信じたいです。





交渉を終えて、渡辺GMは感触は分からないと話していますが、4月の段階で背番号55も提示していたようですし、良好な関係性は伺えます。



正直、渡辺GM同様に、ライオンズファンとしてもこういう他球団との獲得レースで勝った記憶がほとんどないので、良い感じなのかどうなのかは分からない部分も大きいです。




気になるのは、獲得交渉から一夜明け、マスコミ各社からライオンズ濃厚の記事が出なかった事です。




ただの憶測記事もありますが、関係者からの取材で、ある程度移籍先を分かっている記者もいると思いますが、ライオンズ濃厚という言葉は出ませんでした。



秋山選手や獲得に手を挙げている球団に配慮してだったら良いのですが、多額のオファーを出すと思われるソフトバンクとの交渉後の報道にも注目したいです。



秋山選手は、長引かせないと発言していますので、ライオンズ有力ではないかとも思えますが、秋山選手らしく、手を挙げているソフトバンク、広島とも直接会って話をするとの事ですので、もう少し時間はかかります。



週末にはソフトバンクとも交渉することが決まり、広島とも近いうちに交渉するでしょうから、来週には移籍先は決まりそうです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










スポンサードリンク