イースタンは巨人戦です。




スタメンは、

Screenshot_20220623-153134~2


怪我で離脱中の中村剛也選手が、調整出場です。

辻監督は、早ければ来週から1軍との事ですので、問題なく出来るかどうかを確認したいです。

1軍に合流しても、しばらくは指名打者や代打での出場となりそうですが、1軍サードは現状ジャンセン、平沼選手と弱さがあるので、守りの方も試したいです。

中村選手は1軍に必要な戦力ですので、自分の調整が最優先ではありますが、余力があれば弟子の渡部選手の打撃も見てもらいたいです。




【結果】

Screenshot_20220623-200409~2


先発の赤上投手が、5回無四球無失点の好投です。

打線は、渡部、高木渉選手のタイムリーなどで得点しましたが、2点リードの9回に黒田投手が打たれて追いつかれてしまいました。

延長戦は、両チーム得点なく引き分けに終わっています。



【投手】

Screenshot_20220623-200453~2


赤上

5回無失点と好投しました。

先発に回ってからは課題の制球もまとまり、今日は無四球でした。

中継ぎの時のように、150キロ連発で空振りを奪いに行く投球とは行きませんが、140前半のストレートに加えて、チェンジアップ、スライダー、カーブと変化球を使いながら、今日は4奪三振です。

この制球で150キロのストレートを投げられれば、魅力ある投手になれると思いますので、力まずに投げられるフォームを身に付けたいです。



十亀

ウィーラーにホームランを打たれました。追い込みましたが、最後は真ん中にストレートが行ってしまいました。

ホームラン以外は、緩急を使いながら抑えていますが、立場的にもファーム相手に不安定な投球は避けたいです。



黒田

7回から3イニング登板。

2点リードの9回に、先頭に四球から連打を浴びて同点にされてしまいました。ストレートの球速も130キロ台まで落ちていました。

ただ、同点に追いつかれ尚も、ワンアウト満塁のサヨナラの場面からは、割り切ったのか140中盤のストレートを投げ込めていました。

今日は得意のフォークで空振りも取れていましたので、それを活かすためにも制球もですが、ストレートの球速も欲しいです。

まだ10代の投手ですので変化球に頼るよりも、まずは基本のストレートの力を高める試みをしてもらいたいです。



田村

無失点で抑えましたが、ストレートが抜けたり球速も不安定でしたので、投球フォームも含めた、球威あるストレートの安定性を高めたいです。



大曲

制球は相変わらず荒れ気味ではありますが、武器であるストレートの力はありました。

ヒットと四球でランナーは出しますが、2奪三振です。

良いストレートを持っていながら、制球難が改善出来ないのはもどかしい所です。




【野手】

Screenshot_20220623-200432~2



中村選手は、三ゴロ、左安、空三振でした。

中村選手クラスになれば、結果よりも本人の感覚やコンディション次第となりますので、1軍に合流するまでには整えたいです。




岸選手は2四球、呉選手は3四球です。

1軍キャリアのある選手らしく、焦らずにしっかりボールを選べています。特に岸選手は、1軍では安定感に欠けますが、良いときはボールを選べていますので、継続して行きたいです。





高木渉選手は、タイムリーを含む2安打です。

ファームで打っているから、1軍でも打てるとは限りませんが、状態は悪くないので少しでも打てる可能性があるのであれば、明後日からでも1軍に合流したいです。

1軍は打てない事が今の所の課題ですので、使っていない控え選手と入れ替えも検討したいです。




渡部選手はタイムリーを打ちました。

師匠中村選手の前で、ホームランを打ちたかったですが、タイムリー2ベースは打てました。

来季飛躍するためにも、今季はそのためのきっかけを掴み、下準備をしっかりしたい所です。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










スポンサードリンク