仙台での楽天戦です。

20220813_174544

本日の公示で川越選手が特例抹消となり、若林選手が昇格しました。

田中将大キラーの川越選手が出られないのは痛いですが、若林選手はチャンスを貰いましたし、期待したいです。




スタメンは、

Screenshot_20220813-172628~2


【結果】

Screenshot_20220813-214309~2



今季最多の16安打を放ちながらも、拙攻の連続で思ったよりも点が取れませんでしたが、投手陣が何とか踏ん張り連勝です。





【投手】

Screenshot_20220813-214354~2

與座

今日も無四球と安定感のある投球で、6回3失点QS達成です。 

高低、緩急と使い抑えましたが、特に高めのスライダーを良く使いました。沖縄での素晴らしい投球の時も、左打者のインハイのスライダーは効果的でしたので武器にしたいです。

ただ、高めには投げきらないと危ないです。序盤は高めに投げきれずにベルト付近に行った球を打たれましたし、この辺の制球は気をつけたいです。

球数的にはまだ行けたと思いますが、交代させました。

最近は球数も増やしていますが、元々今季は80球程度で交代させていましたし、ホームランを打ってる打者に回る所でしたので代えましたが、判断が難しい所です。

今季の與座投手は覚醒と言って良い活躍です。3本柱よりも良いパフォーマンスを見せていますし、個人的には、柱の投手扱いで7回まで行かせても良かったと思っています。

首脳陣からも4本柱と言われるように、さらに信頼度を高めたいです。



本田

連投でしたが、昨日に続いて良くない投球でした。

昨日は球が抜け気味でしたが、球速は出ていたので力で押し切れましたが、今日は球も走っておらず苦しい投球でした。

結局、1アウト満塁にして降板です。

登板数も増えていますし、キャリアはありますが中継ぎとしては今季、中継ぎ調整もせずに急遽転向した投手です。

休ませる余裕はありませんが、勝ちパに入れたならせめて、昨日のような5点差の展開では休ませたいです。



公文

1アウト満塁の場面からの火消し登板です。

ファームではあまり良くなかったので、この場面での登板は心配なマウンドでしたが、スライダーをアウトコースに丁寧に投げていました。

空振りを取るキレは足りませんが、四球を出さずに、何とか1失点で凌げました。



スミス

僅差のセットアッパー、ストッパーを1人で担わせる思い切った采配です。

個人的には何度か書いていますが、スミス投手の勝ちパ起用は連投してくれるなら大賛成です。

空振りの取れるストレートに、制球も悪くなく、来日してからは初回のパフォーマンスが極端に良く、初回は三振を量産する抜群の立ち上がりを見せています。

ただ、中継ぎとなってからは逆に立ち上がりが悪かったのですが、元々メジャーでも中継ぎでしたし、感覚を取り戻したのか、今日は浅村、島内、岡島選手と楽天の中軸を3者連続三振です。

先発の時の、初回のような投球を見せてくれました。

スタミナに課題はありますが、1イニング起用ならスミス投手のストレートはリーグ屈指の力があります。


回跨ぎの9回は、ピンチを作りますがそこからギアを上げて何とか無失点で凌ぎ、来日初セーブです。

本来、平良、増田投手が担うマウンドを、1人でやってくれました。



心配なのは回跨ぎさせた理由です。

スミス投手から、回跨ぎは良くても連投はNGが出ているのか、水上、増田投手に何かあったのかです。

前者なら、スペ体質ですしやむを得ないですが、それなら昨日の5点差の本田、水上投手の登板と今日が逆で良かったです。

後者なら、状態が上がらない増田投手はともかく、水上投手に何かあれば苦しいどころの話ではないので、単に休養であってもらいたいです。




【野手】

Screenshot_20220813-214330~2



試合を振り返ると、



1点ビハインドの4回、

愛斗、中村選手のヒット、栗山選手四球で1アウト満塁とすると、

オグレディ選手のタイムリーで逆転です。


今までは、チャンスメイクしても得点に至らない事も多かったですが、オグレディ選手が良く打ちました。

オグレディ選手は長打の怖さもある選手ですので、状態を上げ首脳陣の信頼を高めて、6番辺りを打ってもらいたいです。



さらに、


外崎選手の3ランでこの回一挙5点を取りました。

打線がようやく繋がりました。外崎選手も満面の笑みです。

一発頼みの運任せ打線ではなく、ランナーを貯めてまずはタイムリーで得点、さらにトドメにホームランと、一気に畳み掛ける理想的な攻撃でした。




今日は田中投手から、6回11安打と良く打ちました。

ただ、今日は長谷川選手のバントミスや、オグレディ選手の走塁ミスと勿体ないシーンもありました。

11安打放ったのは見事でしたが、ミスを減らせばもう少し点が取れました。特にバントミスは何も生み出さないので、凡ミスは避けたいです。





試合はその後もライオンズ打線はヒットを重ねますが、5回以降追加点なしと、またあと1本が出ない拙攻の連続です。






9回には、ノーアウト1、3塁から愛斗選手にスクイズをさせて、山田選手の好走塁もあり追加点を取りました。


しかし、完全に山田選手の走塁に助けられただけと感じる微妙な采配でした。

今日は走塁もバントも裏目に出ることが多く、策に溺れて拙攻を助長させないかと少し心配です。

選手たちもこういう采配をさせないように、タイムリーは無理でも、犠飛でも進塁打でもチャンスできっちり仕事を出来るようにしたいです。







今季最多の16安打を放ちながらも、拙攻は変わりません。

それでも勝てたから良かったですが、平良、佐々木、森脇投手が離脱したブルペン陣が心配です。本田投手も疲れが見えますし、増田投手も本調子ではありません。スミス投手がブルペンの救世主になってくれそうですが、スペ体質ですし不安はあります。


結局は、先発の頑張りと打線が援護するしかありませんので、明日は大量点を取ってもらいたいです。






明日は大事な試合です。

先週の好調ぶりから一転して、離脱者も増えチームも一気に苦しくなりましたが、それでも今季相性の良い楽天戦連勝出来たのは大きいです。


ただ、こういう苦しい時でも優勝するようなチームはしっかり勝って来ています。


パ・リーグは混戦ですので、1チームずつ倒して行きたいですが、まずはここで一気に3タテして、楽天を突き放したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








スポンサードリンク