松井監督は、大社卒組のルーキー蛭間、青山、児玉選手の3選手の1軍キャンプ入りを示唆しました。





今季のドラフトは高卒も多く、将来性重視の指名も目立ちましたが、大卒の蛭間、青山選手、社会人卒の児玉選手に関しては即戦力候補のため、春季キャンプで直接見極めるようです。








蛭間選手はレギュラー候補のドラ1です。



チームとして課題の外野を埋めるために獲得した選手です。愛斗、鈴木選手など既存外野手も頑張っていますが、現状外野3ポジションが固定出来ていないため、蛭間選手にはそこを埋める活躍を期待したいです。


まずは、長所でもあるバッティングが即戦力なのか、若干の手直しが必要なのかを確認し指導したいです。


また、足も速く守備も良い選手ですので、外野のどこを守らせるのかもある程度決めて連携プレイなど徹底させたいです。



チームとしてはセンターラインは固定したい所ですので、センターを守りレギュラーとして試合に出れるレベルだと助かります。


ただ、外野は特に守備だけでなく打てなくてはなりませんので、既存外野手の大きな刺激となるように、蛭間選手には走攻守でアピールしてもらいたいたいです。









亜大のエース青山投手は先発希望との事です。


 今春はリーグMVPになるなど、ドラ4ですが事前評価はドラフト上位評価だった投手です。


最速151キロのストレートに先発として基本的な変化球もあり、イニングも投げることが出来る体力もあります。


制球も悪くなくまとまった投手ですが、やや出力の部分で尖ったものがなく、この辺がドラ4の評価だったのかも知れません。


ただ、プロに入った以上指名順は関係ないので、まずは先発やロングリリーフとして活躍をしたいです。



来季の1軍先発は、平良投手も加わることで競争も激化しますので、まずはファームからとなりそうです。


ファーム先発陣も今季ほどではないですが枚数が少ないですし、加えて赤上投手の手術もありましたので、青山投手にはイニングを投げてくれるとチームとしては助かります。


ただ、将来があるルーキーですので酷使させないように運用には気をつけてもらいたいです。









社会人卒の児玉選手には、即戦力の期待がかかります。



内野の守備型ユーティリティは、山田選手のトレードによりチームとして居てもらいたい役割です。


明日の現役ドラフトの結果にもよりますが、児玉選手には内野の守備型ユーティリティとして即戦力の期待がかかります。


もちろんレギュラーを狙ってもらいたいですが、打撃面では非力さもありますので、1軍キャンプでは同じ社卒で守備型選手との評価で入団した源田選手にプロ仕様の打撃を教えてもらいたいです。



また評価の高い守備面も確認が必要です。


今までだと、ドラフト時では守備の評価が高かった源田選手は即戦力、山野辺選手は時間がかかっています。


この辺の見極めは、前任の辻監督が上手いのですがキャンプも見に来てくれるでしょうし、首脳陣はアドバイスを貰いたい所です。







松井監督はスピード感のある野球を目指しています。




ルーキーですし、それにフィットする動きを学ぼうとすると思いますが、ルーキーだからこそまずは自分のアピールポイントを伸びしたいです。 


長所を活かして、チームの勝利のためのピースとなるように、来季から期待をしたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







スポンサードリンク