オリックスの吉田正尚選手のレッドソックス入りが決まりました。





ポスティングでのメジャー移籍を目指し公示されましたが、僅か1日のスピード決着です。


5年9000万ドルの大型契約です。


ライオンズファンとしては、吉田選手には苦い思い出の方が多いです。ただ、メジャーリーガーになりましたし敵ではなくなりましたので、純粋に応援したいですし、日本人の力をアメリカに見せつけてもらいたいです。





吉田選手の移籍が決まったことで、ライオンズファンとして気になるのは人的補償とFA近藤健介選手の動向です。




吉田選手の移籍により、オリックスは吉田選手をプロテクトしなくて済みますので、当落線上の選手を1人残せる事になりました。



ただでさえオリックスは、育成を使ったプロテクト対策を講じているためライオンズとしては人的補償を選択するなら、吉田選手の移籍早期決着はデメリットです。



金銭補償と人的補償の差額6300万を考えると、それに見合った選手がプロテクトから外れている可能性は低く、金銭補償になるかも知れませんね。




個人的な気持ちの部分では、森選手を我慢して育てたにも関わらず育った所で移籍となったので、取られっぱなしは癪に障りますし、オリックスに人的補償でダメージを与えたい所ではありますが、、、



オリックスからしたら、吉田選手の譲渡金で約21億入りますし6300万は痛手でも何でもないですが、ライオンズからしたら貴重な予算となるのが悲しい所です。







また、FA近藤選手の決断も気になります。



近藤選手に関しては噂レベルの記事が多く信憑性に欠けますが、吉田選手の移籍を待ってから判断する説もあります。



お金に困っていないオリックスですので、吉田選手の移籍が決まったら近藤選手に対して増額した再提示をするという報道には疑問もありますが、近藤選手は年内には決めると言ってますし、いつ決断しても可笑しくない状況です。



ライオンズファンとしては、zakzakの西武入り決断報道が本人から否定されたこともありトーンダウンしてますが、僅かな希望を持っている方もいると思います。




個人的には、近藤選手の獲得の成否に関わらず大砲の外国人獲得、さらには平良投手の先発転向により守護神候補の外国人リリーバーの獲得が必須と思っています。



どちらにせよライオンズは近藤選手との再交渉予定もありませんので、もし近藤選手がライオンズを選んでくれたらラッキーくらいの感覚で、新外国人獲得に注力したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












スポンサードリンク