新人合同自主トレは、元陸上競技選手の秋本真吾スプリントコーチを招いたトレーニングを行いました。





注目されたのはドラ1蛭間選手です。





阪神にも指導経験のある同コーチからは、



「久々にすごい選手を見た。近本選手と比べても遜色ない。シンプルに身体能力が高い。球界トップレベルになる」




と、大絶賛です。








大学時代から足の速さは評価されていましたが、プロが見ても高いレベルでした。



足が速いだけの選手はたくさんいますが、蛭間選手は打力の高さを評価されてのドラ1ですし、その打力に加えて足も含めた身体能力の高さを評価されたのは期待が膨らみます。




個人的には長距離砲になってもらいたいですが、とにかく外野の一角を埋めてくれるレギュラーになってくれればライオンズとしては大きな戦力アップですので、プロで通用する部分を突き詰めて1年目からレギュラーを狙ってもらいたいです。








ライオンズは秋山翔吾選手が抜けてから、外野手が固定出来ていません。



ただ正直、秋山翔吾選手がいた頃もライオンズには通称「木村の壁」なるものがあり、センターは良いが両翼の弱さはありました。



しかし、今も当時物足りなさを感じていた木村選手の方がマシだったと思わせる外野手達の伸び悩みが顕著です。




ここ数年は消去法により外野手が決まっていましたが、今季こそは高いレベルでの競争をしてもらいたいですし、蛭間選手加入はその起爆剤になってもらいたいです。




蛭間選手は1軍キャンプが内定していますので、怪我なく自主トレを終え、キャンプでは走攻守でアピールしてもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













 
スポンサードリンク