埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2020年09月

昨日は負け濃厚の中、スパンジーの逆転ホームランで奇跡的な勝ち方でした。

ライオンズは流れや雰囲気に左右されやすいチームです。そのため勢いがつくと強いチームになるので、このいい流れを今日の試合でも初回から活かしたいです。

ライオンズは浜屋が初先発なので、楽に投げさせるために

初回から点を取る打線を組んで欲しいですね。




対戦するのは、ロッテ小島です。


以前も書きましたが、正直凄いボールを投げる投手ではないのですが、打てません。

他のチーム相手だと防御率3〜4点なのに対し、

ライオンズ相手だと防御率が1.83と抑え込まれてます。


投球の半分はストレートで他はチェンジアップやカットなど投げてきます。


千賀や山本ならともかく、ローテ4、5番手くらい投手に対してライオンズは苦手の投手が多いので、

スコアラーやコーチの力量が問われます。


特に2人の打撃コーチ。

私生活は問題多かったですが、デーブ大久保のように適切な作戦をたて、選手に徹底させるようにするのが役割ですよ。

選手任せでは駄目です。






希望打順ですが、

1外崎
2森
3スパンジー
4山川
5メヒア
6栗山
7高木
8金子
9源田

です。



森を使うか微妙なところですが、

相性の良い外崎、森で初回から出鼻を挫いて主導権を握りたいです。


相性の良い2人が上位に、相性は良くないですが好調なスパンジーをその後に配置し攻略したいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






本日のロッテ戦はスパンジーの起死回生の逆転2ランで4対3で勝利です。


ソフトバンク戦で打線を止められ、ロッテ戦もその流れで全く打てませんでしたが、8回代打森のツーベースから流れが変わりました。



打順は、好調の両外国人で石川に相性の良い山川を挟む形をとりました。



結果、石川の前に機能しませんでしたが、

考え方は良かったと思います。


そもそもヒットがほとんど出なかったので、問題は打順よりも作戦です。



当然何かしらの指示は出してると信じたいんですが、苦手の投手が多いライオンズなので、裏方を含めて団結して臨んで行きたいですね。






そして、今日の試合でも森はベンチスタートでした。

最近は森がスタメンだと負ける流れが出来てしまってます。


リードを問題視されてますが、それでも森はスタメンで出なければいけません。



炭谷、森問題の時と同じですが、

そもそも森に期待してるのはリードではなく打撃です。


当時私は森は打撃を活かすために常時スタメンで出れる外野手に転向兼、いざというときの第3捕手を希望してました。


しかし、結果が全てのプロの世界で森が正捕手になってから連覇を成し遂げたので森は捕手で良かったのかなと思います。


それに、球団として炭谷ではなく森を捕手として選んだのであれば、今更リード云々ではなく打撃を活かせるようにスタメンで出ることが必要です。


今のライオンズは森のチームです。


最近は投手が頑張ってるので忘れがちですが、ライオンズは打ち勝つしかないチームです。

打ち勝つための打線には森が必要です。



今の状況だと、森の捕手に結果が出てないので、現実的に岡田、柘植のスタメンが増えると思います。



少ないチャンスになるかもしれませんが、

やっぱり森が使いたいと思わせる打撃を期待します。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします



本日から2位ロッテと戦います。

今年は変則日程ということもあり、クライマックスに進むには2位までに入る必要があります。


ゲーム差がかなりありますが、戦力充実で戦い方を知ってるソフトバンクが落ちてくる可能性はありません。

叩くならロッテです。


ロッテもトレードを活発に行い選手補強をし、コーチも優秀な吉井投手コーチがいることからこの差を縮めるのは難しいですが、ロッテが落ちてくる方がまだ可能性があります。

ライオンズはロッテとの相性が良いので、

最低限勝ち越し、狙うは3連勝です。



本日は、ロッテ石川と対戦です。


イメージはシンカーの投手ですが実際は、ストレート、カット、シンカー、カーブ、ツーシームと満遍なく投げてくる的を絞りづらい投手です。

今年は山川が相性良いです。


調子が落ち気味なので、相性の良い石川でまた上げていきたいです。

山川の前にランナーをためたいですが、今年は山川以外はあまり打ってないです。

なので首脳陣が調子を見極めて、上位打線を組んで欲しいです。


希望は、

1外崎
2スパンジー
3山川
4メヒア
5栗山
6森
7高木
8金子
9源田

です。


スパンジーは出れるか分かりませんが、

好調の両外国人に相性の良い山川を挟む打線です。



山川を初回から打席に立たせたいので3番。

勝負を避けられても好調のメヒアを4番。

栗山は相性悪いですが、他に頼れる選手がいないので5番を任せる形です。

先発投手は立ち上がりが重要です。

波に乗らせないためにも、
その立ち上がりを攻めて行くための打順で挑んで行きたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





本日のソフトバンク戦は珍しく1対0の投手戦で勝ちました。

外崎の先頭打者ホームランの1点を、松本ー平良ー増田のリレーで抑えました。



先発の松本はストレートが素晴らしかったです。 


昨年は特に速いストレートや変化球があるわけではない松本の何が良いのか分かりませんでしたが、今年のオープン戦くらいからやっとベールを脱ぎ始めました。


松本の武器はアウトローのストレートです。



今日も低めにストレート、変化球共にコントロール出来ていました。


140キロ前半のストレートで空振り取れているので、スピンの効いたストレートを投げ込めているんでしょう。


ライオンズ的には、

良いときの野上です。



外主体のピッチャーなので捕手は森かなと思いましたが、岡田でしたね。

岡田も無理にインを使うのではなく、外主体で時折インというリードにしてました。

今日の松本は自信を持ってストレートを投げ込めてました。

カットやスプリットなどの変化球の精度をもっと上げれば良い時の野上超えです。

今後が期待できる投球でしたね。





一方打線は、

何の工夫もなく、毎回毎回同じ投手が打てません。


打ててないのに打順も、ほぼ一緒です。


ソフトバンクの打順見て勉強してください。


スコアラー、コーチ、そして監督の責任です。



辻監督。松本に救われたね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







ソフトバンクがとどめを刺しにきました。
本日も苦手な投手、石川です。

そもそも苦手な投手が多いんですよね。

スコアラーと打撃コーチは対策とってますか?

ここまで毎年打てない投手が変らないのは、選手ではなく、スコアラーや打撃コーチの責任です。



石川に関しは、
ストレート、スライダー、フォーク、パワーカーブが基本です。

コントロールも良いです。
怪我もあり昨年はあまり活躍出来ませんでしたが、今年は好投が続いてますね。

ライオンズは打ち勝つしかないチームなので、昨日と同じことしてたら勝てません。

思い切った采配を期待します。



希望打順は、


1スパンジー
2森
3メヒア
4山川
5栗山
6外崎
7高木
8金子
9源田

です。

スパンジーが出れるか分かりませんが、好調な両外国人と打撃が上がってきた森は上位に。

下位は育成も兼ねて高木。

源田と金子は上位に繋げる打撃を期待します。




連覇しているとはいえ、松井稼頭央を監督にしようとしている球団としては、今季Bクラスに沈めば辻監督と契約しないでしょう。
3位でも怪しい所です。

辻監督の意地をみたいですね。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします

↑このページのトップヘ