埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2020年09月

昨日は大量得点でしたので、次の日打てないのが野球界でよく言われてるジンクスですが、

対策をしっかり取れば今日も行けます。


対するは西の人的補償で来た竹安投手です。

手術明けで今年は2軍で調整してたみたいですが、結果を残して本日1軍登板です。

昨年はローテーションに入ってましたし、大当たりの人的補償です。


岩隈に憧れてたみたいでフォームも参考にしてたり、コーチを通して本人からアドバイスを貰ったりしてたようです。


投球内容では、

スライダーの割合が多い投手ですね。

追い込むとフォークも投げてきます。



対戦は少ないですが、
昨年だと、外崎、栗山が打ってるので、

上位打線は昨日と同じで良いですね。


森は今日もお休みですかね。

だとすると、

1外崎
2源田
3栗山
4山川
5メヒア
6スパンジー
7金子
8岡田
9水口

辺りですかね。



森が休んでから勝ちだしてます。

競争を煽るにはもってこいの状況ですが、森のメンタルが心配ですね。

森は意外とナイーブなので、コーチはしっかりフォローを。

ライオンズは森のチームなので、

まだ優勝目指すなら、森の活躍は絶対です。


監督も森をフォローしてあげてくださいね。









にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします

本日のオリックス戦は13対5でライオンズの勝利です。

久しぶりの楽勝ムードから追い上げられ、しかしまた突き放すお客さんが楽しめる試合でしたね。


先発の内海ですが、


試合前に2回目のオリックス戦なので、対策を取られて打たれるか、それを上回る投球術を内海が見せるかが見ものと言いましたが、やられてしまいましたね


今の内海だと球の力で抑える事は出来ません。


ツーシームでゴロを打たせたり、
チェンジアップで緩急をつけたり、

低めに集めて打たせて取る事が必要でしたが、今日は上手くいきませんでした。



最近の好投もあって、ライオンズファンはどうしても全盛期の内海をイメージしてしまうのですが、

巨人ファンなら今の内海は正直このくらいだよって分かってるんじゃないですかね。



しかし、

4回ピッチャーライナーを左膝に当てて一度ベンチに戻りましたが、その後はきっちり抑えたとこなんかは気迫が凄かったですね。


この点差で情けない、なんとかこの回だけでもって気持ちが伝わってきました。

まだまだこういう気迫を持ってる投手なら、心配ないです。


気迫がしっかり投球に活かせてましたよ。



怪我は心配ですが、大丈夫なら調整して

次はやってくれると思います。



それとリリーフした十亀。

まあまあでした。


ハマった十亀はもっと凄いのを知ってるし、
駄目な十亀はもっと駄目なのを知ってるので、
今日はまあまあです。

内海は一回飛ばすかも知れないので、今日くらい出来れば十亀に先発が回って来ますね。







そして今日の打線ですが、

相性の良い外崎が1番、

予想通り源田が2番、

栗山が3番の上位打線でした。



源田を2番で使うなら、田嶋みたいにコントロールに波があるピッチャーに対しては、

栗山みたいに粘って粘って四球を選べるような選手になって欲しい

と書きましたが、1打席目に10球粘って内野安打で塁に出ましたね。



先発投手はブルペンでどんなに良くても、その日の出来を決める立ち上がりは慎重です。

良ければそのまま行ける気持ちになるし、悪ければ不安が残ります。

田嶋みたいに若い投手は特にです。



どんなに良いバッターでも7割はアウトなのが野球です。

なので、アウトになるにしても使い方が大事です。

今日の源田の1打席目みたいな打撃が出来れば例えアウトになっても上位打線に相応しい役割を果たせてます。



試合はその後も山賊が山から降りてきて暴れまくりました。


結果的に1、2番で7安打も打ちましたね。


これなら勝てます。


やはり上位打線重視の野球を続けて欲しいですね。




今日は15点も取りましたが、

相変わらずライオンズ打線は子供の野球なので、波に乗ると全員が打ちますね。

不調になると全員打たなくなりますが。。。


アウトの使い方を理解し実践出来る大人のチームになれば本物の最強打線なんですがね。


まあこういう子供の野球の方が見てる方は楽しいし、お客さんは増えそうですがね。


実際私も今日はリラックスして野球が見れましたし。




このまま3タテしたいので、相性や調子を見極めて、明日は明日の打順が組めるように、考え抜いて欲しいですね。

辻監督はリラックスしてる余裕はないですよ。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





本日対戦するのはオリックス田嶋です。

ライオンズに来て欲しかった投手ですね。


ドラフトでオリックスと競合してクジ外しました。代わりのドラ1は斎藤大将でしたね。
現時点では田嶋と斎藤の差がありすぎて残念であり、斎藤大将頑張れよとも思います。



オリックス田嶋ですが、

150キロ前後の速いストレートも持つ左腕です。

ストレートでどんどん押してくる投手です。


変化球も多彩ですが、スライダー、カット、フォークが中心です。

特にスライダーの被打率.083と極端に低いので追い込まれたら要注意ですね。


コントロールがそこまで良くないので見極めも大事です。


今年のライオンズでは森、外崎が6打数4安打(.667)と田嶋を打っています。


森は背中に張りがあるみたいですがスタートから出れるんですかね。

今日は内海なので、キャッチャーは柘植がいいので、森は指名打者で出て欲しいですね。


希望は、

1外崎
2栗山
3森
4山川
5メヒア
6スパンジー
7柘植
8金子
9源田

です。
森指名打者なので、山川はサードです。
早い回に点を取って、終盤は守備固めしたいですね。



希望は上記打順ですが、多分辻監督なら2番は源田にすると思います。

源田2番なら早打ちせずにしっかり粘ってほしいですね。

田嶋はそこまでコントロール良くないので、球数を費やさせて四球が理想です。


栗山がそういうの得意なので、栗山2番の方が今日は繋がると思いますが、将来を考えれば源田もそういう打撃出来るようにしときたいですね。



ライオンズの先発内海は安定した投球を見せてますが、分析、対策を取られたらどうなるかはまだ未知です。

オリックスとは2回目なので、どう対策とってくるのか、それでも内海が抑える術を持っているのかが見ものですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







ライオンズの背番号13の呪いが発動しましたね。

ライオンズファンはみんな知ってると思うので、今更説明することもないのですが、

背番号13の前任者でライオンズのレジェンドである西口文也は9回2アウトまでを2度、さらに延長10回に打たれた事もあり、3度のノーヒットノーラン未遂をしました。

その背番号を継いだ高橋は本日、8回までノーヒットノーランでしたが、9回に代打オリックス西野に打たれました。

打たれた後に、西口コーチがマウンドに来たのも感慨深いものがありましたね。



でも十分です。

1安打完封って凄いですよ。


今年はこのまま誰も完投出来ないのかなと思ってましたが、完封。しかも1安打。

お疲れ気味の中継ぎ陣を休ませただけでなく、

オリックス山本由伸に勝つことも出来ました。



今日の高橋は、ストレート、フォーク共にコントロール良く、岡田のナイスリードもあり的を絞らせませんでした。

高橋は投げ終わった後に1塁側に体が流れずに、正面向いてドスコイポーズをとってると良い時なんですが、今日は良かったですね。


強いストレートとフォークで相手を力で抑える。

高橋光成の完成形が垣間見れた試合でした。

後は、

安定して続けられたらあなたがエースです。


毎年期待されながらも活躍出来ず、長いフォーム探しの旅からやっと昨年帰ってきて、今年こんなピッチング見れたなんて嬉しいですね。

 


そして、
もう1人のエース候補である、

今井くんちゃんと見てた?


あなたもフォーム探しの旅に行っちゃったけど、ちゃんと帰ってくるんだよ。







では、
今日の野手陣です。


ライオンズ高橋光成、オリックス山本由伸の投げ合いで結果は2対0で勝利です。

岡田の内野ゴロで1点。
山川のタイムリーで1点取りました。


前回のブログにも書きましたが、オリックス山本は球界を代表する投手でさらにライオンズは苦手であり、今日ばかしは辻監督も打順を組むの難しいだろうと思いましたが、外崎1番、栗山3番というのは良かったですね。

山川のタイムリーなんかは、上位で塁に出て山川が返すという理想的な点の取り方です。


さらに、
個人的にはですが、

岡田の内野ゴロで取った1点は素晴らしいと思います。


どんなにいいバッターでも7割はアウトです。

そのアウトをいかに上手く使うかが、強いチームと、弱いチームの差です。


今日はアウトを上手く使って点を取りました。

山賊打線と言われるライオンズお得意の、
ヒット、ヒットでドカーンのイケイケ野球も楽しいですけど、こういう頭の良い野球をどんどんやって欲しいですね。



最近のブログでずっと言ってる、

上位重視でランナーを貯めて山川で返す。


それと個人的に好きな、

上手くアウトを使って点を取る。



その両方が見れた、

今年のベストゲームでした。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




本日の試合は私の大好きな僻地メットライフドームでのオリックス戦です。

前回のブログで書きましたが、

平日のオリックス戦なんで絶対に行きたかったのですが、行けなくて残念です。




最近のライオンズは、

上位に打てる打者を配置すれば勝ち。

昨年の幻影(秋山)に囚われた辻監督流の打順だと負け。


と、分かりやすい結果が出ています。


秋山が1番にいることで、2番源田、3番森と繋がる打線が出来ていましたが、

もう秋山はいないので、いつまでも代わりを探していたらシーズン5位で終わってしまいます。


どうしても秋山の代わりを探したいなら、1、2番をセットで秋山と考えて上位重視の打順を組んでもらいたいです。

特に今日はです。


本日対戦するのは、オリックス山本由伸です。


暑いし虫飛んでくるし、評判の悪いメットライフドームが得意という変わり者です。


今年のライオンズ戦は2試合14イニング投げて、

防御率0.64と完璧に抑えています。


ストレートとカット、フォークが中心です。

どの球種も一級品です。

特にカットは対戦する打者から、打てないとか言ってるのコメントでも聞きますね。

右左関係なく、アウトローに投げ込む事も出来るコントロールもあります。


多分来年、遅くても再来年には菅野や千賀を追い越し、

日本No.1の投手になってると思います。



こういう超一流投手は相性が大事なんですが、ライオンズは苦手ですからね。
ロッテは相性いいみたいで、良く打ってるので羨ましいですね。



今年のライオンズの中では、
外崎が打ってる方なので、


1外崎
2森
3栗山
4山川
5メヒア
6スパンジー
7川越
8金子
9源田


んーー。

組んで見たものの、今年の対戦成績が軒並み悪いので難しいですね。

辻監督。どう組みますか?



とりあえず、ランナー出さないと始まらないので、確率の高い外崎が1番で後は祈るだけです。

隙があるとすれば、オリックスの守備力です。


田辺政権時のライオンズみたいにポロポロやるので、

金子や源田は叩きつけていきたいです。


なんとかランナーを出して、相手守備にプレッシャーをかけていきたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




↑このページのトップヘ