埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2021年03月


昨日、ファームは浦和でロッテ戦でした。




スコア以外、ライオンズとロッテの選手が逆ですが、

結果は、3対2でライオンズの勝利です。


ドラ3山村の、2ランホームランが決勝点です。




練習試合では、四球をよく選んでいましたが、大きいのも打てる様になると、将来への楽しみも増えますね。


目指すは、渡部と共に、森、山川の次のチームの顔です。

3年後を見据えて、しっかり育成してもらいたいです。 







そして1軍は、

本日からオープン戦です。

初陣は、松本が投げる予定です。


高橋、松本は先発の柱なので、相性とか調子が悪くても、それなりにやれる投球を見せてもらいたいですね。


野手陣は、若林が一歩リードしている外野手争いと、まだ決め手に欠くサード争いが本格化します。


オープン戦中盤には、見極めを終えたいので、若手は初戦からアピールが必要ですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









メヒアとの契約締結が、正式に発表となりました。





何も情報がなかったので、どうなってるのか分かりませんでしたが、



これで、

スパンジー、メヒア、ギャレット、ニール、ダーモディと外国人5人体制となります。 





今季は、特例が適用されるので、ベンチ入りは4人ですが、外国人5人とも1軍登録出来ます。




メヒアは、暗黒期のライオンズを支えた功労者でもあり、人気もありますが、

戦力的には、外野をちゃんと守れる外国人が欲しかったです。



とはいえ、


1軍に5人登録出来るのに、4人しかいないというのは、球団の怠慢ですし、

中村の怪我の具合次第では、打撃に特化した指名打者が欲しいので、メヒアの契約が正式に発表出来てよかったです。




メヒアもまだ来日していないので、ギャレット以外の外国人は、1軍で試合に出れる状態になるのは、GW明けくらいになりそうです。



メヒアはオフで太ってキャンプインした過去もあるので、球団がちゃんと管理して、入国してすぐにでも動ける状態にしておいてもらいたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









今年も楽天、巨人はトレードを活発にやってますね。

楽天池田↔日ハム横尾

巨人田口↔ヤクルト廣岡




ライオンズも久しぶりに、日ハム吉川を金銭トレードで獲得しました。




トレードしたからと言って、強くなるとは限りませんが、

慢性的に戦力層の薄い、補強の少ないライオンズですので、

トレードも大事な戦力補強です。





ライオンズはあまりトレードに積極的ではないですが、近年では、トレードで獲得した、榎田や小川が戦力になっています。



中継ぎ左腕がいないので、欲しい所ですが、左腕はどの球団も欲しいですし、出さないと思います。


主力野手を放出すれば、獲れるかもしれませんが、ライオンズ打線に、そんな余裕はないです。





個人的には、

将来性を期待する若手の中継ぎが欲しいです。




若手の先発は、井上、上間、渡邉といますが、中継ぎとなると、松岡や斎藤など、伸びしろも少ない投手となってしまいます。


負担が大きく、何年も結果を出すのが難しい中継ぎなので、常に2人、中継ぎ外国人を在籍させて賄うのも必要となってくると思います。




外野手が少し多いライオンズなので、若い大砲候補が欲しい球団に、愛斗辺りを提示して、

将来性を期待するトレードを仕掛けて欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






ライオンズ期待の新外国人左腕、ダーモディ投手からのメッセージが届きましたね。






投球スタイルは、

ストレートを主体に、3つの変化球を投げるとコメントしてます。



スライダー、ツーシーム、チェンジアップだと思われます。

 



データが少ないのですが、

2019年は3Aで中継ぎとして23回を投げて与四球3と、非常に制球の良い投手です。



しかし、


外国人の場合は、日本のマウンド、ボール、ストライクゾーンに加えて、日本特有の野球文化にフィットするかも大事になってくるので、やってみないと分かりません。



ただ、



196センチの長身から投げ下ろす、

ストレートの球威と、カウントの取れる変化球があれば使えると思います。






先発として使うことを、渡辺GMは明言しているので、現場も先発として使うことになると思いますが、

本来は中継ぎ投手です。





中継ぎならスペシャリストで良いのですが、

先発としては、球種の少なさが気になります。


キャンプから居てくれたら、昨年のギャレットがスプリットを豊田コーチから教えてもらったように、何かしら対策を取れたのですが、残念です。




スライダー、ツーシームが多いようですが、ストレートを活かすためにも、チェンジアップも有効活用したいです。


持ってる球種から、イメージ的には武隈です。



中継ぎも左腕不足なので、ダーモディは中継ぎで良いと思うのですが、GMが先発って言うからには先発ですね。



どちらにせよ、早く来日してもらいたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










みやざきベースボールゲームズ、プレシーズンマッチと実戦を行ってきましたが、



今の所は、

若手の粗いプレイが目立ち、主力との差が大きく、選手層の薄さを実感する実戦となっています。



特に、二遊間は、源田、外崎のどちらかが怪我したら、守備崩壊を起こす可能性があるくらいの差がありますね。





昨日の試合後、

見逃し三振の多い若手に、辻監督は苦言を呈しました。



ソフトバンクや黄金期のライオンズのように、選手自身が考え、点のほしい場面では、しっかりケース打撃を行える、大人のチームを辻監督は目指しているのでしょうが、


勢いで攻める、イケイケドンドン気質のライオンズ打線ですから、すぐには難しいです。特に若手は難しいですね。



練習試合なので、今回、ケース打撃という課題を提示したので、今後若手が課題をクリアーするように取り組めば良いのですが、


シーズンが始まれば、打撃コーチがしっかり指示を出して欲しいですね。




1軍は結果を残す場です。


伸び伸びと放置は違うので、キャリアのある主力はともかく、若手には放置せずに、明確な指示をベンチが出したいです。







その中でも、


辻監督は、ルーキーの若林に高い評価をしています。





キャンプからずっとアピールしてますね。


足に関しては、すぐにでも使えそうな能力を持ってます。



昨日の守備では球際の強さも見せました。


ドラフト時は、パンチ力はあるが打撃が粗いと聞いてましたが、

右にも強い打球を打てています。



疲れもあるでしょうが、怪我や体調不良がない状態なら、

現状、開幕1軍は見えています。




鈴木、愛斗、高木、川越がぱっとしない現状ですが、2軍では西川が打撃好調です。


外野手争いはライオンズの課題ですから、若林の活躍に刺激を受け、他の若手達も奮起してもらいたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









↑このページのトップヘ