埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2021年03月


開幕2戦目のオリックス戦です。


高卒2年目の若い宮城が相手なので、初回から出鼻を挫く攻撃をしたいですね。





本日のスタメンは、



ルーキーのブランドン、若林が初スタメンです。
思い切ったプレイを見せてもらいたいです。

打撃好調の栗山が、下肢の張りでベンチ外になりました。軽症との事ですが、今のライオンズ打線では最も頼りになる打者だけに、痛いですし心配です。



【ハイライト】


1回表

ライオンズ先発は浜屋。

立ち上がりから、ストレート押しで来ました。チェンジアップも相変わらずキレています。吉田正尚にはインハイのストレートで詰まらせましたが、被弾の多い投手なので、ストレートが高いのが心配です。

1回裏

オリックス先発は宮城。

源田がヒット&盗塁成功で得点圏に。森は倒れるが、山川のショート強襲のタイムリーで先制点。

昨日同様、1、2番が塁に出れば、初回から得点チャンスになるので、継続してほしいです。


2回裏

ブランドンの初打席は、チェンジアップに空振り三振。

若林の初打席は、カーブに泳いでライトフライ。


3回表

太田に高めのストレートを、伏見に真ん中のスライダーを打たれ、同点に。
四球でピンチを広げるが、吉田正尚を外のストレートでニゴロに抑え切り抜ける。


4回表

ジョーンズ、モヤに連打を浴びてピンチに。ワンナウト後、チェンジアップがワンバウンドし、暴投となり、勝ち越しを許す。


5回表

ツーアウト後、佐野に死球、さらに盗塁と、またもチェンジアップが暴投となり、ピンチに。
吉田正尚に四球を与えた所で、宮川に交代です。

今日の浜屋は、

4.2回85球4安打3三振4四死球3失点

チェンジアップのキレは良かったですが、ストレート、スライダーの制球が甘かったです。オープン戦よりストレートは走ってましたが、ボール先行では苦しいです。

バッテリーミスでの失点や、ツーアウトから無駄な死球からのピンチと点の取られ方が悪かったですね。


浜屋→宮川

カットがワンバウンドし暴投で、追加点。


本日3度目のバッテリーミス。


6回表

佐野が登板。

真ん中付近に集まり、連打を浴びますが、最後はストレートの威力が勝り抑えました。

7回表

吉川が登板。

ストレートの力も落ちているので、変化球を上手く使いたいですが、制球が悪かったです。ツーアウト後に、ストレートも荒れて連続四球を出すが、何とか無失点で切り抜けました。


7回裏

ここまでオリックス宮城の前に、3安打7三振のライオンズ。


先頭の山川がヒット、外崎はエラーで出塁、木村のヒットで満塁に。
ブランドンは、チェンジアップに空振り三振するも、若林が押し出しの死球で1点差に。

逆転のチャンスでしたが、金子が倒れて1点止まり。

ルーキーに経験を積ませるのも大事ですが、こういう場面で出せる代打が欲しいですね。


8回表

ギャレット登板。

150キロを超えるストレートを投げてましたが、空振りは取れず。今日はスプリットが良かったので、何とか切り抜けられました。良い時は、ストレートで空振りが取れるので、調子はまだまだです。


8回裏

オリックスは宮城から平野へ。

源田から始まる好打順でしたが、ゴロアウト3つで無得点です。


9回表

伊藤翔登板。

先頭の佐野にストレートを4球続けますが、跳ね返され2塁打。その後はナックルカーブやツーシームも交えて抑えましたし。
昨年よりストレートの力は増しましたが、力勝負ではなく、ストレートを活かすためにも、多彩な変化球も使っていきたい。


試合は2対3で敗戦です。




バッテリーミスが響きました。

昨日はオリックス内野陣のミスを点に繋げましたが、今日は逆になってしまいました。

やはりミスした方が負けますね。



打線は、懸念していたように、オリックス宮城の緩急に三振の山を築きました。

ルーキーに経験を積ませることが出来ましたが、しばらくは我慢して、育てながらの戦いになりそうです。


栗山の状態次第では、使わない選手に代えて、好調の呉を上げたいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













本日のイースタンリーグは、カーミニークでDeNA戦です。


昨日は将来のライオンズを背負って立つ存在になってもらいたい、渡部、山村の活躍が見られました。

昨年とは変わり、打線も活発になってきたライオンズ2軍も注目です。





本日のスタメンは、


結果は、2対3で敗戦です。




【投手】

内海

5回96球3安打4三振5四死球2失点

抜け玉が多く四球も多い、内海らしくない内容。
失点はエラー絡みからだが、低めに制球出来ると、三振も取れていただけに、もったいなかった。


水上

2回24球1安打1三振1失点

ストレートを乙坂にホームランを打たれました。
ストレートは140キロ半ばで、変化球はスライダーが良く、三振も取りました。


武隈

1回23球1安打1三振1四球無失点

ストレートは130後半だが、チェンジアップが低めに決まる事で、ストレートも活かせています。ここ最近調子が良いです。



大曲

1回15球1三振無失点

140後半のストレートは、まだ荒れていますが空振りも取れています。急激に落ちるフォークもあるので、ストレートの制球力も高めたい。





【野手】

愛斗、熊代がマルチ。

呉が2ランホームランと絶好調キープです。


呉は.429と打撃の状態が良いです。

ずっと続く訳ではないので、良い時に上で使いたい。


下肢の張りで欠場の栗山の状態次第では、山野辺を下げて呉を上げたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







リニューアルされたメットライフドームでの初公式戦を、勝利で飾ったライオンズは、今日もオリックスとの対戦です。

先発は、ライオンズは浜屋、オリックスは高卒2年目の左腕、宮城です。




オリックス宮城とは昨年も対戦しており、6回5安打3失点で負け投手にしています。


負け投手にしてはいますが、打ち負かした訳ではないです。

オープン戦では、昨年よりも成長を見せています。

配球の8割はストレートとスライダーの投手です。特にスライダーと時折投げてくるカーブのキレが良く、ボール球を振らせにくる投手です。



振り回す打者の多いライオンズにとっては、ボール球を振らせに来るような投手は、苦手なタイプです。



左腕相手なので、昨日のスタメンから、西川の所に若林か、中村をDHにしてブランドンがスタメンになるかもしれませんね。





若い投手ですし、開幕2戦目の敵地での登板は緊張もあるでしょうから、

立ち上がりから攻めて、点を取りたいです。


金子が塁に出れば、中軸に回るので、若い投手を勢いづかせないためにも、金子の第一打席に期待です。






対する浜屋は、調整遅れもあり、不甲斐ない投球が続きましたが、徐々に良くなってきています。

被弾を浴びやすいストレートは低めに集め、スライダーでカウントを獲る事が出来れば、キレの良いチェンジアップがあるので、勝負出来ると思います。


不安もあるので、野手に出来るだけ早めに点をとってもらいたいです。




オリックスは守備に課題があるチームなので、前に飛ばせば何かあるかもと期待したくなりますが、



とりあえず前に飛ばすだけの当てる打球ではなく、シーズンは長いですから、自分のバッティングを崩さないように、しっかり振り切って強い打球を打ってもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







本日はメットライフドームで、オリックスとの開幕戦です。



相手は山本由伸ですので、簡単には点が取れません。少ないチャンスを確実に点に繋げたいですね。





注目のスタメンは、


金子、源田の1、2番で来ましたね。

9番に鈴木ではなく、西川を使ってきました。


源田キャンプテンの声出して、ライオンズ2021年シーズンの開幕です。






【ハイライト】


1回表

ライオンズ先発は高橋光成。

苦手な吉田にヒットは打たれましたが、後続を抑え危なげない立ち上がり。


1回裏

オリックス先発は山本由伸。

金子が内野安打で出塁すると、源田が送り、森に繋ぐ形を作る。
森のセカンドへのハーフライナーの当たりを、まさかのエラーで先制点。

オリックスにはこれがあるんですよね。投打の柱がいながら、オリックスが勝てない理由の一つです。守備崩壊していた暗黒期のライオンズを見ているようです。

さらに、栗山のタイムリーで追加点です。


勝負強さは今年も健在です。打撃の状態も良いですね。


3回裏

森のソロホームランが出ました。


さすが打撃の天才です。難しいインローのカットを、上手く打ちました。



さらに、山川が遊失で出塁、栗山が2打席連続のヒットで出ると、中村のタイムリーで追加点で4対0です。


4回表

先頭の、苦手な吉田正尚に対して、カット中心に攻め、最後はアウトローにフォークが決まり、空振り三振です。


5回裏

高橋、山本共に良い球を投げていますが、エラーで出したランナーを確実に点に結びつけたライオンズのペースで、ここまでは進んでいます。


6回表

吉田正尚に、高めに浮いたカーブを、ソロホームラン打たれました。


7回表

この回からレフトに若林が初出場。

高橋から、アウトコースのストレートを頓宮にソロホームランで、4対2です。上手く打たれました。


8回表

紅林、太田にヒットでランナー2人置いて、バッター吉田正尚の所で、平良にスイッチ。
スライダーが暴投となり、ピンチを広げ、156キロストレートで遊ゴロに打ち取るも、その間に1点失い4対3。


今日の高橋は、

7.1回102球7安打3三振3失点

オープン戦最後の、ストレート押しの力でねじ伏せる投球ではなく、カット、フォークを多めに使いました。

ストレートの出来が、高橋の能力からすると、そこまでではなかったですが、変化球を上手く使い無四球で切り抜けた辺りはさすがです。
投球の引き出しも増えましたね。

調子が良ければ、もっと力強いストレートが投げられるので、まだまだ期待出来ます。




8回裏

オリックスは山本から能見に。

先頭の山川が出ると、栗山に代えて岡田がバントで送るも、後続が倒れて無得点。

手堅く来ましたが、外崎の打撃の状態が悪いので、栗山に任せたかった。


9回表

増田が登板。
ブランドンもサードで初出場。

先頭にヒットを打たれるも、後続を抑えて、試合終了です。力みもあり甘い球もありましたが、力で抑えました。

4対3でライオンズの勝利です。







開幕戦と言う事もあり、みんな力んでましたね。

結果的に勝ちましたし、明日からは落ち着いて出来ると思います。




オリックス山本由伸はさすがの投球でしたが、味方エラーで足を引っ張られました。

内野守備の大切さは、源田加入前のライオンズを知ってるだけに、オリックスファンの心中は、痛いほど分かります。



スポーツ新聞やプロ野球ニュース的には、高橋の好投、森のホームランが取り上げられるでしょうが、

開幕戦という浮足立つ試合でも、エラーでもらったランナーを確実に返すタイムリーを含む、マルチ安打の栗山、中村がいてくれて良かった試合でした。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








イースタンリーグは今日からカーミニークで、DeNAとの3連戦です。



1軍のオリックス3連戦の内容次第では、声がかかる選手も出てくる可能性もゼロではないので、アピールしたいですね。



 

本日のスタメンは、ドラ1渡部が6番サードでスタメンです。


結果は、8対6でライオンズの勝利です。





【投手】

渡邉

5回110球8安打4三振5四球5失点

球数を見ても分かるように、制球に苦しみました。ストレートで空振りを獲る事もありましたが、圧倒的な球がある訳ではないので、制球が定まらないと厳しいですね。


大窪

2回43球2安打3三振1四球無失点

連打を浴びましたが、3者連続三振で切り抜けました。130キロ台のストレートでも空振りが取れてましたが、球速も上げていきたいです。


與座

1回12球2安打1四球1失点

変化球の制球が悪く、ストレートは力なく打たれていまいました。


武隈

1回12球1三振無失点

ストレートで空振りを取るなどいい調子ですね。





【野手】

渡部

タイムリーとホームランで2安打4打点。
この調子でホームランを量産してほしい。


同点となるタイムリーです。


初ホームランはバックスクリーンに放り込みました。思ったより早く出ましたね。



山村

タイムリーが出ました。

振れてはいたので、結果が出て良かったです。

タイムリー1本と打撃好調キープです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







↑このページのトップヘ