埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2021年03月


本日より2021年シーズンの開幕です。


ライオンズはギャレット以外の外国人が不在、経験の浅い先発ローテーション、森脇不在の中継ぎ、主力野手の調整遅れといった懸念材料があります。





その中で、

ライオンズが優勝するためには、打線の復活が必要です。



森、山川という球界を代表する打者を活かすためにも、

1、2番を担う打者の活躍は必須です。


個人的には、外崎に担ってもらいたいですが、オープン戦は打撃の状態が悪かったです。

当面は、金子、源田、鈴木辺りが担う事になると思いますが、出塁率にこだわって何とか塁に出てもらいたいですね。




基本は金子、源田、鈴木で回す形になるでしょうが、ソフトバンクのように、中軸は固定して、調子や相手の投手に合わせて、日替わりの1、2番でも良いのですが、

そこまでの戦力層があるか、辻監督が柔軟に出来るかという問題もあります。




戦力層に関しては、若手の覚醒が必要ですので、辻監督は、特に若林、ブランドンといった伸びしろのあるルーキーを、ベンチの置物にせずに使ってもらいたいですし、


今期こそは、

1、2軍の入れ替えも含めて、選手の調子、相性をデータで見て、既存戦力を最大化出来る采配を期待してます。





今期を集大成と位置づけている辻監督ですが、


暗黒期のライオンズを変え、結果を出している監督ですので、結果を出して来季以降も続けられるようにしてもらいたいです。




予想オーダー


1金子(中)
2鈴木(左)
3森(捕)
4山川(一)
5栗山(DH)
6外崎(ニ)
7中村(三)
8木村(右)
9源田(遊)


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









2021年シーズンの開幕1軍メンバーが決まりました。



キャンプからA班でアピールした選手に加えて、オープン戦で結果を出した選手が選出されました。





投手は森脇の離脱がありましたが、オープン戦を戦ったメンバーがそのまま選ばれました。

ギャレットが間に合ったのが大きいです。

オープン戦で、結果を出した佐野の使い所も注目ですね。








野手は、サードの佐藤、ユーティリティ&ムードメイカーの熊代が外れました。


サードに関しては、中村が間に合った事もあり、実績のある佐藤よりも、ロマンのあるブランドンを選びました。




外野は、2軍で打撃好調だった西川が滑り込みで1軍入りです。ライオンズは打ち勝たなくてはいけないチームなので、西川の打撃は戦力となります。



内野のバックアップ&ムードメイカーの山田、内外野を守れる山野辺の2人が熊代の代わりでしょうか。



山野辺よりも、呉の方が打撃の状態は良さそうですが、キャンプからA班で頑張ってきた山野辺を選びましたね。


辻監督は代打をあまり使わないので、結局はどちらを選んでも同じかもしれませんが・・。




ルーキーの若林、ブランドンも開幕1軍です。

おめでとうございます!!


しっかりアピールすれば選ばれるという流れは、良いですね。


後は、選んだはいいが、まだ伸びしろのあるルーキーを、ベンチの置物にならないように出番を作ってもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







本日もイースタンリーグは、カーミニークで巨人戦です。


上間が調整登板します。




本日のスタメンは、




結果は、5対1でライオンズの勝利です。




【投手】

上間

6回93球4安打5三振2四球1失点


立ち上がりに高めのストレートを、力のある巨人の廣岡にホームラン打たれましたが、それ以外はカット、シンカーも良く、安定した投球でした。


廣岡には打たれましたが、その後は高めのストレートでも空振りが取れました。

しかし、1軍の力のある打者相手だと、力勝負では跳ね返されるので、カット、シンカーを織り交ぜながら、伸びのあるストレートを活かした投球をしたいです。

1軍でも5、6回くらいまでだと思うので、この調子で調整してもらいたいです。



十亀

2回24球1安打2四球無失点

ゴロを打たせる投球。カーブも有効的に使えていました。先発の谷間、ロングリリーフを狙いたいです。



大曲

1回8球無失点

1球スライダーを投げた以外は、全てストレートで打ち取りました。

ストレートで空振りも取れていましたし、ストレートの力が増せば、得意のフォークと合わせて面白い存在になりそうです。






【野手】

呉が2安打2打点と絶好調です。



1軍相手でも打てるのか見てみたったですが、声が掛かりませんでしたね。腐らずに、好調キープしてチャンスを待ちたいです。



他には、愛斗にホームラン、高木、仲三河がマルチでした。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








本人のイースタンリーグ巨人戦は、6人目の開幕ローテ投手、上間永遠が調整登板です。



1軍登板予定は、再来週になるので、また登板機会はあると思われますが、いい内容で終われるようにしたいです。





1軍首脳陣も、経験の浅いこれからの投手に、いきなり完投をさせるような事はせずに、

まずは5回、調子が良ければ6回までくらいのプランだと思います。




将来的には、完投出来る投手になってもらいたいですが、まずは再来週に向けて、初回から5回までを全力で投げられるように調整しておいてもらいたいですね。




伸びのあるストレートを持っていますが、変化球の精度に課題がある投手です。


再来週に、いきなり変化球が急成長する事は考えづらいので、


伸びのあるストレートをインロー、アウトローに投げ分けられるように、長所を活かした投球をしたいです。










特に、

再来週の1軍デビューの相手、楽天打線の核は浅村です。


どんなに良いアウトローのストレートを投げ込んでも、外一辺倒では打ってきます。



まだ上間には、圧倒的な球がある訳ではないので、

勝つためには浅村に当てるくらいの気持ちで厳しくインを付かなければいけません。




上間は、オープン戦でもマウンドで落ち着いていたので大丈夫だと思いますが、チャレンジャーのつもりで思い切った投球を期待してます。








今後、ニールが合流すれば、誰かはローテーションから外れる事になります。


実績でいえば、上間が外れる事になりますが、

高橋、松本以外は不安要素もある先発ローテーションなので、上間は残れるチャンスはあります。



ソフトバンク、楽天のように、育った選手を獲得して、チーム作りをしている巨大戦力を相手にする中、育てながら勝つというのは大変だと思いますが、

まだ無名の選手が、巨大戦力を手玉に取る光景は、ファンとしては、かなり気持ちが良いです。



上間は、打たれても経験になりますし、抑えれば自信にもなります。



どちらにせよ、上間にはプラスになるので、自分らしい投球を見せるために、まずは今日、しっかりと調整してもらいたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









昨日のイースタンでは、調整登板した今井が昨年までの悪癖だった、シュート回転するストレートによる制球難を露呈してしまいました。




今年はオープン戦でもここまで悪くなかったので、心配にはなりますが、


本人の試合後コメントでは、

変化球やクイックの調整を課題として上げていました。







これだけ荒れたストレートを投げながら、本人も分かっていない訳はなく、開幕もすぐなので、とりあえずは、


シュート回転するストレートとは付き合いながら、変化球で切り抜けていくという事だと思われます。




軸となるストレートを修正だろとも思いますが、悪いとこではなく、良いところに目を向ければ、




昨年と比べると、変化球、特にスライダーが良くなり、本人曰く、速いスライダー、遅いスライダーと2種類のスライダーも投げます。合わせて、カットやチェンジアップなど、

キレのある変化球主体の投球をすれば、それなりにローテーションピッチャーとして投げられます。




ストレートの制球は投げてみないと分かりませんが、

筋トレの効果もあり、150キロを超えるストレートが常時投げられます。


今井は、変化球のキレ、ストレートの速さと昨年より成長をしています。





2軍相手だと、シュート回転する乱れた制球のストレートでも、速さもあり抑えてしまいますし、


チーム事情や今井のポテンシャルの高さから、1軍で先発として投げながら修正していく事になると思われます。





いずれは、ストレートを思うようにコントロール出来るようにしてもらいたいですし、

出来るようになれば、日本球界屈指の投手になれる素材です。





昨日は乱れていましたが、オープン戦では、良かったですし、投げてみないと分からないと思いますが、

リードする森が、ストレートが駄目なら、どう対処するのかという所も大事になってきます。



今井、森のバッテリーでまずは開幕2カード目の日ハム戦を戦ってもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







↑このページのトップヘ