埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2021年03月


本日のイースタンリーグは、カーミニークで巨人戦です。


1軍からは今井、柘植が調整のため出場します。



今井に関しては、前回書きましたが、



今井は前回登板時のように、今井から見て右上に抜ける悪癖があるのですが、今日は調整出来ているでしょうか。
 

今年は変化球が良い今井ですが、2軍相手にはストレートでねじ伏せるくらいの投球を見せてもらいたいですね。







本日のスタメンです。

巨人の先発は、DeNAからFA移籍した井納です。

若い選手は、1軍レベルの投手と対戦できる良い機会です。


結果は、2対1でライオンズの勝利です。






【投手】

今井

5回93球1安打2三振5四死球1失点

立ち上がりから150キロ連発してましたが、悪癖の右上に抜ける球が多かったです。

変化球で切り抜けましたが、軸になるストレートがこれでは、1軍相手なら変化球中心に組み立てるしかなさそうです。

5回まで投げましたが、球の力はあるので、ヒットは1本だけでしたが、ストレートは抜け、変化球の制球もオープン戦より悪かったです。


1軍相手なら、四球でランナーを貯めて、ストライクを取りにいったシュート回転した棒球を、打たれる未来が見えてしまう内容でした。


まだ時間はあるので、コーチが付いて、地道にフォーム硬めを繰り返してもらいたいです。



ギャレット

1回23球1三振1四球無失点

先頭を四球で出しますが、低めにも投げられていました。ストレートは150キロを超え、スプリットは低めに集められていましたね。


武隈

1回9球1三振無失点

ストレートで空振り三振も取れました。大きな期待は出来ませんが、この調子でいって欲しいですね。


豆田

1回13球2三振無失点

ストレートは140中盤ですが、力のある巨人の3番廣岡、4番秋広と連続三振です。
前回も良かったですが、今回も素晴らしく、今後の期待が膨らむ投球です。


大曲

1回15球無失点

今日はストレート中心の投球。制球はまだまだですが、最速151キロのストレートを投げていました。ストレートの精度が上がれば、得意のフォークと合わせて、狙って三振が取れるようになりたいです。







【野手】

巨人井納と2018年ドラ1高橋優貴の前に、4安打に抑えられました。

山村、呉、愛斗、高木がそれぞれ1安打です。


得点は、佐藤の犠牲フライ、愛斗のホームランです。

呉は変わらず好調です。

開幕カードの結果次第では、呼ばれる可能性もあるので、調子をキープしたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










本日のイースタンリーグ巨人戦は、今井達也が調整登板です。


1軍から捕手の柘植も、出場予定です。






今井の場合は課題が明確で、投球フォームの不安定さから、肘が下がりストレートがシュート回転したり、高めに抜けたりで、制球を乱す事です。


ファンならみんな知ってるくらいの課題ですね。


これだけ解説者やファンからも言われているので、本人も分かってるでしょう。


残念なのは、修正出来るコーチが、ライオンズにはいない事です。






ただ今年の今井は気合が入ってます。



キャンプでは、早い時期から150キロ連発の、物凄いストレートを投げていました。


オープン戦でも抜け球が少なくなり結果も出しましたが、

最後の登板で、抜け球やシュート回転するストレートが増え、制球に苦しみました。



しかし、


昨年よりも変化球、特にスライダーが良くなり、オープン戦では、ストレートの制球に苦しんでも、大崩れはしませんでした。





オフには面識のないダルビッシュに思い切って相談してみたり、今年こそという想いも強く、気合が入るのは良いのですが、

今井は力むとコントロールを乱します。


7割位の力で、力まずに投げてもらいたいですね。






今井に関しては、解説者やファンから、他の選手よりも色々指摘されていると思います。




私も何度も書かせてもらってます。








それだけファンからの期待も大きい選手です。


なぜなら、


今井がストレートを思い通りにコントロール出来たら、日本を代表する投手になれる事を分かっているからです。





今年はキャンプからアピールしなくてはいけない立場だったので、

キャンプから仕上がりも早く飛ばしてきたのが、心配ではありますが、


今日の最終調整、怪我なく、いい内容で終えたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします
















本日のイースタンは、カーミニークで巨人戦です。


松本の調整登板があります。

岡田も調整のため出場してます。

熊代、佐藤は2軍に合流となっています。




スタメンは、




結果は、1対0でライオンズの勝利です。


【投手】

松本

5回84球3安打3三振2四球無失点


立ち上がりはあまり制球が良くなかったですが、回を追うごとに良くなってきました。

アウトローに、松本らしい良いストレートも投げ込めていました。

圧倒的な投球ではありませんが、変化球で空振りも取れたのでまずまずです。




本田

4回60球6安打5三振1死球無失点


毎回のようにヒットでランナーを出す危なっかしい投球でしたが、要所を三振で切り抜けました。



ストレートで押していける投手ではないので、スライダー、フォーク、チェンジアップと低めに決めて、ストレートも活かしたいです。


今日は三振をとった球は、低めに決まりました。

1軍相手だと、怖い内容でしたので、三振をとった投球を、安定して投げられるようにしたいです。






【野手】

中熊、呉がマルチ


打撃好調です。開幕1軍は難しいですが、打撃の安定感を高めて、声がかかるのを待ちたい。


山村は2三振

チャンスで三振もありましたが、経験を積んで行きたいです。


佐藤タイムリー


唯一の得点は佐藤のタイムリーです。
右中間へ佐藤らしい打球を飛ばしました。


右に強い打球を打てるのは、佐藤の強みです。
1軍に呼ばれたら、消極的にならないようにしたいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






本日からイースタンリーグは、カーミニークで巨人との3連戦です。



1軍から松本が調整登板、捕手の岡田も出場予定です。


また、西川が1軍に、佐藤、熊代が2軍となりました。





松本は、右打者のインコースを変化球でカウントを獲る事を、課題にしているようですね。




スピンの効いた空振りの獲れるストレートを持っていますが、基本はそのストレートとカットのピッチャーです。



アウトローやインローへ、ストレートを投げ分けられる時は良いのですが、コースが甘いと打たれたり、粘られる事もあり、


カウントの取れる変化球と決め球の変化球があれば、投球の幅も広がります。



カーブ、スプリットも投げるので、目先を変えるために有効活用したいですね。




ただ、本人も変化球でカウントを獲る事を課題にしてますが、


今の松本の場合は、スピンの効いたストレートがあってこその変化球です。


しっかり内外に投げ分けられるコントロールも意識して、調整してもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





イースタン開幕戦でも先発した、育成の出井投手が、BCリーグ埼玉武蔵に派遣される事になりました。






意外でした。



登板機会を増やし、経験を積んで欲しいと言うことですが、

井上、上間が1軍にいますし、当面はライオンズの2軍でも先発として出番は多いと思ってました。



ニール、ダーモディが加入したら、開幕ローテから2軍調整に行く投手もでるので、出井投手の出番が減るとの判断ですかね。



今よりもレベルが下がるリーグでの経験が、出井投手にどういう影響を与えるのか分かりませんが、


埼玉武蔵には長田コーチも派遣されています。

長田コーチは評判も良いですし、マンツーマンで教えて貰えれば、メリットもあるかもしれませんね。



出井投手は制球力が武器です。


長田コーチとマンツーマンで、変化球のレベルアップを図れれば面白いと思います。


まだ線も細い投手なので、ライオンズの施設で肉体的にも強くなって、ストレートの球速アップにも取り組んでもらいたかったのですが、


決まったからには、持ち前の制球力にくわえて、武器となる変化球を身につけて帰ってきてもらいたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






↑このページのトップヘ