埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2021年03月



どの球団でも、何も不満のない首脳陣という事はないとは思います。


現場の状況を知らない人から、結果で語られる事も多く、ストレスのかかる役割だと思います。


それでも、ファンとしては言いたくなりますよね。




【監督】


オープン戦では、若林、ブランドンといったルーキーに多くチャンスを与えて、プロに慣れさせていきました。

特に、サードと外野は若手にチャンスを与えました。


しかし、シーズンに入ると、辻監督は固定をしたがります。

特に木村は顕著です。




我慢して使う事も必要ですが、我慢するなら伸びしろのある若手です。

木村はいい選手ですが、固定ではなく調子や相性に合わせて、併用起用が正解です。



併用起用するにしても、投手も野手も状態の良い時に使いたいです。



昨シーズンは榎田が無双してた時期に、2軍でした。


補強の少ないライオンズが勝ち上がるためには、既存戦力を最大活用するしかありません。


辻監督には選手のマネージメントをしっかりやってもらいたいです。







【コーチ】

打撃コーチの役割がいまいち見えてきません。


山本由伸や千賀のような投手なら別ですが、そこまでの投手ではない、


ライオンズ専用機と呼ばれる投手が各球団にいます。




毎回振り回すだけで、淡白な攻撃も見られます。


作戦を立て、選手に徹底させる事が出来ていないです。


オープン戦ではヒットは出るが得点にならない事が多かったです。


オープン戦なので良いですが、シーズン入ったら、残塁の山になるのはコーチの責任です。

今年はしっかり、作戦を立てて、選手に徹底させてもらいたいです。







投手起用は、先発の早期降板からの中継ぎ負担が心配です。



昨シーズン序盤は、納得出来る投手起用でしたが、中盤から終盤は中継ぎ負担の多い中、さらにブルペンデーまで行う短絡的な采配でした。



投手力が弱いので、しょうがない部分もあるのは理解しますが、辻監督の所で書いたことと同様に、

今ある戦力を有効活用するために、調子や相性を見て計画的に登板させたいです。



ライオンズはソフトバンクと比べると弱者です。


相性や調子を見て、相手の嫌がることを徹底する、弱者の戦い方をしてもらいたいです。






昨年後半くらいからは、ファンの中でも、特に打撃コーチの存在に疑問を持つ声が聞かれるようになりました。

昨年は打撃不振だったからです。



選手任せでも、勢いで行けた、2018、2019の連覇とはメンバーも違います。


今季は若い選手も出番が増えると思いますので、打撃コーチの腕の見せ所です。

赤田、阿部両コーチには、手のひら返させて欲しいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










前回は、オープン戦の野手振り返りをしたので、




今回は投手です。



オープン戦チーム防御率は、2.93の7位でした。


投手が課題のライオンズからしたら、悪くない数字です。







個人成績は、

開幕ローテーション投手

【勝ち/負け/投球回/四死球/奪三振/防御率】


高橋1/1/15/7/13/2.40

浜屋2/1/16/9/12/3.38

平井1/0/12.2/3/10/3.55

松本2/1/15.1/8/10/2.93

今井1/1/14/6/10/2.57

上間0/0/8/4/5/2.25



開幕投手の高橋光成は、ストレートの力もあり、カットも効果的に使えているので、フォークに頼りすぎない投球が出来そうです。



松本、今井、浜屋は四球から崩れる事がある投手です。


直近の課題としては、

松本は変化球でカウントが取れると楽なんですが、基本ストレートとカットの投手なので、内外のコースに決められる事が求められます。

今井はずっと同じ課題ですが、力んでシュート回転しないようにしてもらいたいです。

浜屋は球質の軽いストレートは低めに、キレのあるチェンジアップを活かした投球をするために、スライダーでもカウントが取れるようにしたいです。





逆に平井は四球も少なく、制球で困る事は少なそうです。

平井の場合は、対左という課題があるので、チェンジアップやフォークを低めに決めたいです。



上間は、変化球に課題はありますが、伸びのあるストレートを持っています。
低めに投げ込み、打たせて獲る投球が出来るようにしてもらいたいですね。







中継ぎ投手

【投球回/被安打/四死球/奪三振/防御率】


増田4/3/2/5/0.00 

平良5/5/1/5/0.00

宮川5.1/5/2/3/1.69

ギャレット2/6/1/3/13.50

佐野4.2/1/2/2/0.00

田村6/3/2/3/6.00

吉川5.2/4/1/3/3.18

伊藤2.2/3/0/0/6.75

井上3.2/3/2/1/2.45


増田は徐々に状態を上げて来ているので、大丈夫でしょう。



平良は、数字程内容は良くなく、制球に苦しむ場面もありました。

スピードは出ているので、変化球の精度を調整したいです。




宮川は昨年もですが、制球の安定感に欠けています。

良い時は、得意のパワーカーブが低めに決まるので、ストレートを活かすためにも、変化球の精度を上げたいです。



ギャレットは調整段階です


オープン戦で打たれましたが、何球かはコースにストレートを投げ込めていましたので、これからです。




オープン戦の一番の収穫は佐野です。



森脇不在の間の勝ちパ入りも見えて来ます。




田村は、ストレートで押す投球が出来ますが、甘い球もあり、被安打3の内、2本はホームランです。
力のあるストレートを投げているので、後は失投を減らしたいです。




吉川は、ストレート押しは難しくなってきてますので、スライダー、カーブで対左対策を取りたいです。





伊藤はストレートが強くなりましたが、抑え込む程ではないので、多彩な変化球と合わせて、的を絞らせない投球がしたいです。




井上は、中継ぎスタートの様ですね。

フェニックスリーグでは制球も良かったですが、オープン戦では苦しむ場面も見られます。

ストレートの球威は1軍レベルですので、1軍で活躍するためには、長所のストレートを活かすためにも、変化球の精度を高めたいです。


将来への期待も大きな投手です。怪我明けなので、無理はさせずに、経験を積みたいです。

 




延長なしの9回までという今季、辻監督、西口コーチの采配を考えると、

今年も、投手を注ぎ込む采配が想定されますので、


役割を明確にして、計画的に運用してもらいたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








ライオンズは、2021年オープン戦、8勝5敗1分の3位でした。


キャンプでの実戦不足もあり、主力野手の調整遅れが目立ってましたが、まだ本調子ではないですが、少しずつ打てるようにはなってきました。


オープン戦のチーム打率は.263の3位です。









ヒットは出たが、点に繋がらない事も多く、実感としては打てているイメージはないです。



投手の状態が悪かった中日戦でだいぶ稼ぎましたが、力のある投手が多いパ・リーグ相手だと、まだ不安の残る打線です。




主力の個人成績は、


【打率/ホームラン/打点/四球/三振/出塁率】


金子.226/0/2/2/7/.286

源田.211/0/1/3/5/.268

森 .359/0/3/6/5/.457

山川.306/3/15/3/10/.358

栗山.359/0/4/1/3/375

外崎.195/0/2/6/15/.306

木村.313/1/7/1/8/.324

鈴木.281/0/1/4/2/.361

ブランドン.259/2/6/0/5/.286

若林.156/1/4/4/9/.250


岸.235/0/0/0/2/.235


森が打率4位、山川が打点王です。


栗山は規定打席に達していませんが、好調です。



ライオンズは、1、2番が出塁して、森、山川で返すというのが基本の得点パターンです。



オープン戦では、その1、2番がまだ機能していないので、森がチャンスメイクして、山川、栗山が返すという打線になっています。




現状なら、森、山川、栗山の打順を一つ上に上げて、

2番森3番山川4番栗山の方が、得点出来るチャンスは多いです。




しかし、

ライオンズは投手力が弱いので、打ち勝つ事が必要です。


打ち勝つためには、出来るだけ多く点を獲るために、1、2番が出塁して森、山川、栗山に回したいです。



しかも、ライオンズ打線は火がつくのが遅い傾向がありますが、今季は延長なしの9回までなので、初回から点を獲りに行きたいです。




個人的には、


長打の怖さもある外崎を1、2番に配置したいですが、オープン戦は不調でした。

特に、15三振は多すぎです。


現状では、直近の試合で存在感を出した金子と、オープン戦の出塁率.361の鈴木の上位が現実的だと思われます。



外崎の状態が上がれば、上位でもクリーンナップでも使えるので、打線に厚みも出ます。


四球は選べてますが、三振数を見てもタイミングにズレがあるので、残りの期間で調整をしてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







昨年のライオンズの強みであった中継ぎ陣ですが、

平井の先発転向に、勝ちパの森脇の怪我と穴埋めが必要になりました。





オープン戦では、

勝ちパ候補であった宮川、ギャレットが、まだ不安定な投球もあり、万全とは言えない状況です。



そんな中、

昨年敗戦処理として良い働きをした田村の成長、球威のあるストレートを持っている井上の中継ぎ配置と、上がり目もあります。



そして、


オープン戦で最も良い投球をした中継ぎと言えば、

左腕の佐野泰雄です。


昨日もピンチの場面でヤクルト村上相手に、ストレートで追い込み、スライダーで三振に獲りました。


増田や平良みたいに、ストレートで空振りを奪う訳ではありませんが、球威があり押し込む事が出来ます。


制球に課題はありますが、オープン戦では、左打者のアウトローに決めれていましたし、右打者のインコースにも攻める事が出来ていました。


ストライク先行でいければ、良い投球が出来るので、変化球でもカウントが獲れれば、余裕を持って投げられます。




オープン戦の出来をシーズンに持って行ければ、

森脇が不在の間の7回を任せられる状態です。







個人的な理想で言えば、


森脇が万全な状態で戻ってくれば、

田村と共に、勝ちに行くための便利屋として機能してもらいたいです。

ライオンズは先発が5回くらいで崩れる事もあるので、試合を壊さないためにも重要な役目です。


成長した田村と共に、2018年の野田、平井のような役回りが出来れば、中継ぎの層も厚くなります。



また、


今季は延長なしの9回までとなったので、

元々、先発を諦めるのが早い辻監督、西口コーチは、次々と中継ぎ投入をすることが想定されます。



昨年までは、とりあえず平井って感じでしたが、一人では大変なので、田村、佐野の2人で担ってもらいたいです。






森脇が不在の間の7回は、当面は日替わりになりそうですが、

状態的には佐野はその筆頭だと思います。



今年も、盤石の中継ぎ陣であるために、佐野への期待も大きくなるオープン戦でした。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








本日は、メットライフドームでヤクルトとオープン戦の最終戦です。




懸念の先発投手陣が好投する中、


宮川、ギャレット、平良がまだ昨年程の出来ではなく、森脇も不在の中継ぎ陣、そして、低調な打線と、

ライオンズの強みであった、打線と中継ぎに不安を残します。



良いイメージで開幕を迎えられるように、内容のあるプレイをしてもらいたいですね。




本日のスタメンは、

20210321_123633


金子、鈴木の1、2番です。

開幕は、中村がサードで行けるなら、栗山指名打者でレフトに鈴木や若林を、指名打者ならレフト栗山でサードにブランドンを使うといった所でしょう。






【ハイライト】


1回表

ライオンズ先発は平井。


立ち上がりから、ストレートが真ん中付近に入り、左打者の坂口、太田に連打を浴びる。


ランナー2人置いて、左打者のヤクルト村上に、外から入ってくるスライダーがやや甘く入り、3ランを打たれる。

バックスクリーンまで持っていくのは、さすが村上ですね。



平井は、やはり対左が課題です。


1回裏

ヤクルト先発は奥川。

150キロのストレートが走っている。森は打ち返しましたが、他は凡退で無得点。


2回表

平井は、またしても左の坂口にヒット、左の太田にもいい当たりをされますが、ライト木村の好プレイで無失点。

初回もですが、2回も左打者にストレートを打たれています。

3回表


先程ホームランの村上には、初球インコースのストレートでファール。チェンジアップを挟み、初球と同じ様なコースにカットを投げ打ち取りました。

この回は、2回の木村の守備同様に、金子もいいプレイを見せました。


4回裏


ヤクルト奥川の前にここまで1安打。

金子、鈴木と倒れ簡単にツーアウトを取られる。


鈴木は、甘いスライダーを2球見逃した後、低めのフォークに手を出す消極的なバッティング。

しかし、山川のフェン直2ベースから、栗山のタイムリーで得点しました。


さらに外崎ヒット、中村死球で満塁にするも、木村が倒れてこの回1点止まり。



5回裏


先頭の源田、金子の連打でノーアウト2、3塁のチャンス。

バッターは、先程の回から鈴木に代わり守りに入っている西川だか、奥川のフォーク連投に空振り三振。

森の所で、奥川から左の長谷川にスイッチするが四球で満塁。

ヤクルトは今野に交代。

山川が2点タイムリーで同点。さらに栗山もタイムリーで逆転。


とどめを刺したい所でしたが、外崎、中村連続三振。



6回表

村上、川端と左の2人に連打を浴びて、ピンチに。

塩見のサードゴロの間に1点を失い同点。


続く左の長岡に四球で、ピンチ継続。中村にタイムリーを打たれ逆転されて降板です。


今日の平井は、

5.2回93球8安打4三振1四球5失点


8安打中、6本は左に打たれました。

今日は特に左に対して、変化球が決まらず、甘く入ったストレートを打たれるという投球でした。

初回以降は抑えてはいましたが、一度掴まるとズルズルと行ってしまいましたね。

ランナーを貯めて被弾もある投手なので、ビックイニングにならないように、西口コーチの見極めが大事です。

とはいえ、先発が6回投げきれないのは寂しいですね。

点を取られたイニング以外は、ストレート、スライダーは良かったので、カーブ、チェンジアップの精度を高めて、投球の幅を持ちたいです。



試合は、平井から吉川にスイッチ。

青木に死球を与えるも、後続を抑える。


6回裏

木村のヒット、金子の四球、森の内野安打で満塁とすると、山川の2点タイムリーで逆転。



続く、打撃好調代打岡田の、2点タイムリースリーベースでこの回4点。





7回表

田村が登板。

パワーピッチで簡単にツーアウト取るが、村上に真ん中のストレートを、今日2本目となるホームランを打たれる。


8回表

井上が登板。

四球を出すも、球威あるストレートで併殺に。

力のあるバッターの多いパ・リーグ相手だと、変化球の精度も高めないと、ストレートが活きないです。


9回裏

井上回跨ぎ。

山川のエラーとヒットでピンチに。2アウトまで獲るが、バッター村上の所で佐野にスイッチ。

佐野は、今日当たってる村上に対して、ストレートを続けてファールにさせると、スライダーで三球三振。



佐野の状態が良いですね。

ストライク先行のピッチングの時は、良い結果が出てます。

ストレートに力があるので、変化球でカウントが取れれば、森脇の代わりが行けそうです。




試合は、8対6でライオンズの勝利です。



今日も二桁12安打を放ちました。

3安打4打点の山川は、気分良く開幕を迎えられそうです。


しかし、


ヤクルト投手陣には申し訳ないですが、他のパ・リーグ投手と比べると、力が落ちるので、野手陣はこの結果に満足せずに、開幕まで調整をしてもらいたいです。


山川猛打賞、森、栗山がマルチとクリーンナップが当たってるので、やはり上位の出塁が鍵です。


金子が2出塁と結果を出したので、1番は金子でしょう。開幕は右の山本由伸なので、今日の打順が基本になりそうです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








↑このページのトップヘ