埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2021年08月

本日から千葉でロッテ戦です。



雨が降ってはいますが、試合は何とか開催されました。




スタメンは、

Screenshot_20210831-175015~2


今日から森、スパンジーが1軍に合流しています。

今のライオンズ打線で最も期待の出来る打者は森ですので、源田、岸が出塁して、森、中村、外崎で返す打線を組みました。



本日打線についてブログを書きましたが、8月は森、外崎が好調なので外崎を5番よりも上位に持って行きたかったですが、源田、岸の出塁に期待をした打線です。





栗山は長打こそ少ないですが、出塁率は3割を超えてますので、3番の時のランナーを返す役割から、6番にして一発のある山川の前に塁に出る役割にしました。



イースタンではあまり良くなかったスパンジーを使い、好調の川越を外しました。

川越の打撃好調は期間限定の可能性もあるので、積極的に使いたかったです。


スパンジーを使うということは守備力が低下する事なので、その分打ってもらわないと困ります。来季の契約を考えると、ラストチャンスですので奮起してもらいたいです。




【結果】



ライオンズ戦だけ良く打つ、ロッテのマーティンに要所で打たれてしまいました。


今のライオンズには、上位チーム相手に5点差を跳ね返す元気はなく、4安打と押さえ込まれました。

1対5の敗戦です。




【投手】


Screenshot_20210831-202148~2


高橋光成

6回5失点と、今の打線だと苦しい点差をつけられました。

降板後のコメントから、本人はフォークに手応えを感じていた様ですが、精度が課題とコメントしています。

今季の高橋はストレートがそこまで良くない試合でも、フォークで切り抜けて来ているので、やはりフォークの精度を高めたいです。


今日も良く打たれてしまったマーティンには、フォークが真ん中付近に行ってしまいました。

マーティンの今季は.250のバッターで、他球団は2割そこそこに抑えていますが、西武戦だけ3割を超えています。

6回は2者連続三振から、マーティンにホームランを打たれて、そこからズルズルと2失点してしまいました。

高橋はそこまで悪くはなかったですが、マーティンにリズムを崩された試合でした。



平井

今の中継ぎ陣の中では最も安定している投手なので、本来4点ビハインドの場面で出す投手ではないです。

1点返した後だったので、首脳陣の諦めない気持ちを出したのかも知れませんが、気持ちだけでは打線には伝わりませんでした。


ギャレット

2者連続四球から、3者連続三振を取りました。

球に力はありましたが、制球が不安定です。三振を取れるのは大きな魅力ですので、制球を何とかしてもらいたいです。





【野手】


Screenshot_20210831-202108~2


森のタイムリーで何とか1点取りましたが、4安打と無抵抗のまま終わりました。



打撃の状態が比較的良い選手は打ちましたし、状態の良くない6番以降はノーヒットでした。



昇格即スタメンのスパンジーも、イースタンの時と同様に打てずに、守備で足を引っ張るだけになりました。



当然、いつもいつも打てる訳ではありませんが、打って欲しい選手や、今は打ってないけど実績があるから期待をしたくなる選手がいます。



しかし、




の打線なら調子の良い選手が少ないため、その選手を上位に固めて、そこで点を取る作戦で行きたいです。



調子が良いのは森、外崎です。




中村、源田、岸、川越もそこそこです。栗山も当たりは良かったので、底は抜けたと思います。


出来るだけ打席を回したいのは、外崎、森ですので上位に置いて戦ってもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします

















ライオンズは現在、借金9と苦しんでいます。



どの球団も強み、弱みとあり、強みが弱みを上回っているチームは勝っているチームです。


ライオンズの強みは打線でした。




連覇を成し遂げた時は、頼りない投手陣という弱みを打線がカバーして優勝しました。



昨年は強みの打線が機能しませんでしたが、中継ぎ陣が新たな強みとなり、僅差を勝ち切る事で3位に滑り込みました。



打線と中継ぎ陣という強みを活かして、戦ってきましたが、今季はどちらも機能していません。




打線に関しては、浅村、秋山がいた頃のイメージが強すぎて、山賊打線の復活を心待ちにしている方も多いと思いますが、昨年を見ても分かるように、メンバーが違うので同じようになるのは難しいです。



以前のように、どこからでも点が取れる打線ではなく、上位が出塁して中軸が返すという、基本的な戦い方で臨むために、少しでも機能する確率が高い打線で戦いたいです。




8月の主力野手のOPSを見ると、


森1.133

外崎.881

中村.754

山川.655

栗山.628

源田.613

呉.488

愛斗.374

岸.763

川越1.036


森、外崎、川越が好調、中村、岸がまずまず、呉、愛斗が不調といった所です。


現在は、栗山、中村の中軸で戦っていますが、OPS的には、出塁率は3割を超えていますが長打が出ていない栗山は、返す役割から出塁する役割の方が良いです。




よって数字的には、外崎、岸で出塁して、森、中村、川越で返す打線となりますが、選手の調子もありますので、名前や実績ではなく、打撃の調子を首脳陣が考慮した打線の構築が望まれます。




調子で言えば、打撃好調の岸、川越は期間限定の可能性もあるため、積極的に使いたいです。






森が今日から復帰しますが、雨予報なのでどうなるか分かりませんが、

ライオンズで最も頼りになる打者である森を中心に、好調な選手で前後を固めたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


















現在のパ・リーグ順位表です。


Screenshot_20210830-082251~2


ライオンズは借金9となりました。




連覇を果たした頃にファンになった方は、びっくりするような状況ですが、ライオンズにも数年前は、借金が当たり前の時期もありました。



伊原、田辺政権では、タイトルホルダーがいるものの、チームとしては勝てずに下位に低迷しました。



辻監督が就任してからは、エラーの多かった守備面を源田の起用で安定させ、森、外崎、山川を主力に押し上げ、勝てるチームへと変わって行きました。



しかし、


今季は主力の怪我人が続出しましたが、戦力が揃った後半戦もチームは低迷しています。


チームが低迷すると、湧いて出るのは監督交代問題です。


監督を代えるだけでなく、球団が行う補強もセットで考えないといけませんが、責任問題というのは過去を見ても監督が取る形がプロ野球は多いです。





今季は、ライオンズだけでなく、日ハム、ソフトバンクも低迷しており、監督人事が噂されています。




ソフトバンク工藤監督、日ハム栗山監督、西武辻監督と、ライオンズ黄金時代に敵、味方として凌ぎを削った選手たちが監督になり、3人共優勝経験があり、監督としても時代を作ってきた名監督です。





その3人共、今季の成績次第では解任の可能性が出てきました。




その理由としては、球団としても後釜をすでに用意している所が大きいです。




あくまで噂ではありますが、



ソフトバンクは小久保コーチ、日ハムは稲葉日本代表監督、そして西武は松井稼頭央2軍監督です。



ロッテ、オリックス、楽天はすでにこの世代の監督たちになっています。



若ければ良いとは思いませんが、監督は激務ですし、世代交代は仕方ない部分もあります。



ただ、他球団の事情は分かりませんが、伊原・田辺政権で数年間悔しい思いをしてきたライオンズファンからすると、辻監督はチームを変えてくれた恩人だと思っています。



主力が流出し、補強は人的補償程度の編成の中、文句も言わずによくやってくれています。



監督を代えた所で、球団の補強の姿勢を見ていると、大きく代わることはなさそうですし、今度は外崎、森、山川、源田のFA問題も勃発します。



今季を集大成と位置づけた辻監督ですので、まだまだ諦めていないとは思います。


ここからの巻き返しに期待したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















勝ちが欲しい日ハム戦です。




スタメンは、

Screenshot_20210829-173949~2


本日から山川が復帰しています。

打線は岡田が柘植に代わりましたが、山川はベンチスタートです。

森はまだですが、森、山川はライオンズ打線の核ですので、調子を上げていきたいです。



先発は本田です。

元々フライボールピッチャーなので長打警戒の投手ですが、今季イースタンでは球威が増し、ゴロアウトも増えました。

空振りも取れ、ゲームメイクも出来、イースタンでの抜群の実績で1軍ローテに抜擢されましたが、前回はまだまだ球威不足を感じる内容でした。

相手はオリンピックでも大活躍だった伊藤ですので、最小失点で乗り切りたいです。




【結果】



日ハム伊藤の前に、4安打完封されました。


投手陣も、先発本田が4回で降板してからは、早々に敗戦処理の流れでした。


今季、なかなかチームが浮上出来ないソフトバンク、日ハムといった、Bクラス同士の対戦となったホーム6連戦でしたが、最悪の1勝に終わりました。


0対6の敗戦です。





【投手】

Screenshot_20210829-200942~2

本田

4回4失点と早期降板となりました。

3回まではストレートの力もあり、変化球も特に右打者へのスライダーは効果的でした。

4回には連打を浴びて4失点しましたが、左打者への対応がイマイチでした。チェンジアップがあまり決まっていなかったので、精度を上げて左打者対策に使いたいです。


田村

立ち上がりからストレートの制球が乱れ、連続四球でランナーを貯めると犠牲フライで失点しました。

ストレートの球速は出ていましたが、空振りが取れずに粘られ球数も要しましたが、回跨ぎで2イニング目も投げ、2イニング目は3人で終わらせています。



ギャレット

今まではストレート、スプリット中心の投球でしたが、今日は15球中9球カーブを投げました。

カーブは元々投げているボールですが、あまり使わなくなっていました。最近は失点続きだったので、捕手の柘植も少し攻め方を変えてきましたね。

結果的に、久しぶりに無失点で3人で終わらせました。

最低でも、僅差ビハインドでは使いたい投手ですので、復活を期待したいです。



十亀

今日は球に力もあり3人で終わらせました。苦手な左打者へもチェンジアップが低めに決まり、三振を奪っています。

回跨ぎとなった2イニング目は、四球のランナーを置いて、打ち取った当たりでしたが山川の後逸、カバーした鈴木の送球ミスもあり失点してます。




ギャレットのリハビリ、田村、十亀で敗戦処理といったホーム6連戦の最後を飾るには、寂しすぎる投手リレーとなりました。





【野手】


Screenshot_20210829-201004~2


日ハム伊藤大海の前に、4安打完封負けです。




力のあるストレート、キレのあるスライダーの前に9三振と、何も出来ずに終わってしまいました。


特にストレートの球威は、最後まで落ちずに投げる事が出来ていて、敵ながら素晴らしい投球でした。







辻監督はよく、良い投手からはなかなか打てないとコメントしますが、今日の伊藤はともかく、ちょっとその数が多すぎます。



打てないのであれば、守らなくては勝てないですが、ライオンズはそういうチームでもありません。



ヒットを打てなくても、四球を選び、進塁打や犠牲フライなどで点を取る、上手いアウトの使い方が出来る、大人の野球をするチームでもありません。



ライオンズは打たないと勝てないチームです。




勢いをつけて、行けるという雰囲気になるとみんな一斉に打ち出すチームです。



ホーム6連戦で1勝しか出来なかったという、最悪なチーム状況ですが、諦めるにはまだ早いので、首脳陣はチームを鼓舞して、選手たちを盛り上げて行ってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


















本日のイースタンはロッテ戦です。


山川が今日から1軍復帰となりましたので、代わりにブランドンが抹消されています。




スタメンは、

Screenshot_20210829-131140~2

先発はおよそ1ヶ月ぶりの登板となる浜屋です。

前回登板時に負傷交代して、そのまま消息不明でした。それまでのイースタンでは好投が続き、首脳陣からの期待の高い左腕ですし、後半戦はローテ入り濃厚だっただけに、チャンスを逃してしまいました。


浜屋の課題は、被弾されやすい球質のためストレートの制球を気をつける事、スライダーでカウント、空振りが取れる事です。


良いところは、1軍にいた頃からキレが良かったチェンジアップで、空振りの取れる大きな武器になっています。


久しぶりの登板で、どこまで回復したのか確かめたいですね。



【結果】


今回のロッテとのカードは3試合共に打てませんでした。今日も5安打、得点もエラーと内野ゴロの間の点です。


投手陣は、浜屋が久しぶりの登板でしたが、まだまだ、これから調整をするという段階でした。


2対7で敗戦です。



【投手】


Screenshot_20210829-155442~2


浜屋

およそ1ヶ月ぶりの登板でしたが、5回9安打5失点でした。

当然と言えば当然ですが、間隔が空きましたし、昨日の上間同様に、まだ1軍どうこうという状態ではありませんでしたね。

上間も浜屋も、まずは実戦復帰出来たという事が良かった所です。

明日以降フィジカル的に問題なければ、まずはイースタンのローテを回し、終盤の1軍戦に投げられるように状態を上げて行きたいです。


大曲

スライダーで三振を1つ取っています。昨日同様に、ストレートにも力がありました。

制球に大きな課題がありますが、良い球も持っているので、これを続けて行きたいです。


宮川

昨日に続いて登板。連投です。

得意のパワーカーブはまだ抜けることもあり、空振りが取れてはいませんが、ストレートには力があり、ゴロアウト3つで抑えています。

安定感に欠ける投手ですので、継続していきたいです。


小川

最近は安定したリリーフをしていましたが、今日はタイムリーを2本打たれて2失点しました。いずれも、真ん中付近に入った球を打たれています。





【野手】


Screenshot_20210829-155418~2


ライオンズ2軍も貧打です。


一昨日、昨日と完封負けしているファーム打線ですが、今日は2点を取ってはいますが、相手エラーと内野ゴロの間の点です。



今回のロッテとのカードは、上間、浜屋、山野辺の復帰という明るい話題がありましたが、ライオンズの貧打が目立ったカードでもありました。





今日の試合はチームとしては5安打でしたが、

金子侑司が2安打1四球1盗塁でした。



本来は1軍でバリバリやってもらわないといけない選手ですので、状態を上げて再び戦力になりたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします
















↑このページのトップヘ