埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2021年08月

6連敗中のエキシビションマッチは広島戦です。



コロナ陽性により隔離していたギャレットですが、陰性により解除となり、ファームの練習に合流しています。


陽性判定から10日程度の早期復帰となった事で、コンディション次第ですが、後半戦の初戦に間に合う可能性も出てきました。


安定感こそありませんが、前半戦は平良に次ぐ中継ぎ投手の復帰は戦力的にもポジティブな話題です。



後は打線に復活の兆しが欲しいですね。





本日のスタメンは、


Screenshot_20210804-182900~2


森、中村がお休みで、金子、外崎の1、2番です。

ライオンズの弱点である打てない外野を担ってきた、木村、金子の内、木村がいない今は金子にヘイトが集中しがちです。

しかし、10球粘ってヒットを打った、昨日の最終打席のような打撃が常に出来ればトップバッターも十分担えるので、継続してもらいたいです。


愛斗は久しぶりにスタメンです。

木村の壁を遂に超えたように見えますが、木村はイースタンで打ちまくってますので、打てなければ愛斗は代えられてしまいます。

愛斗は守備も上手いので、打てる外野手として頑張りどころです。



【結果】


打線がちょっとだけ繋がりを見せましたが、その繋がりで取った4点が大きかったです。

広島打線が追い上げましたが、中継ぎ陣が踏ん張りを見せて、

5対4で勝利です。


エキシビション初勝利。連敗も6で止まりました。






【投手】


Screenshot_20210804-212510~2


今井

5回途中105球でダーモディに交代しました。5安打5三振3四球1失点と今井らしい球数のかかる投球でした。

広島打線が左が多いこともあって、チェンジアップをよく使い空振りも取れました。


ダーモディ

ワンアウト3塁から登板。内野ゴロで失点しましたが、次の打者も打ち取り終わらせました。

1軍に上がってから、中継ぎで好投してます。

制球は良く四球で崩れる心配は少ないので、ボール球を振らせる事の出来る球威と変化球が投げられれば、今日の様な終盤のピンチでの登板が増えそうです。


武隈

この球場と相性の悪い武隈ですが、先頭に真ん中に入ったストレートをホームランにされました。

ただ、その後はインコースのストレートで三振も取れましたし、制球を間違えなければ抑えられる球のキレはあるようです。


森脇

三振を1つ取り3人で終わらせました。

球速も140中盤から後半出てましたし、カットやフォークで空振りが取れるようになってきました。


水上

2点差の9回を任されました。中継ぎとして、いい経験をさせてもらってます。

しかし、ヒット3本で1点を失い、さらに四球で満塁にする大ピンチとなりますが、最後はカットを打たせて併殺に取り、何とか逃げ切りました。




【野手】


Screenshot_20210804-212528~2


愛斗が3安打。柘植が2安打でした。


愛斗は打撃が落ち気味でしたが、スタメン復帰しすぐに結果を出しました。


柘植はスタメン起用時はよく打ちますね。今日は3出塁とチャンスメイクをしました。





試合は、


3回、柘植、愛斗のヒットでノーアウト1、3塁のチャンスを作りますが、金子の内野ゴロの間の1点しか取れませんでした。



今日も塁には出るが繋がらない打線でしたが、



5回、また柘植のヒットをきっかけにチャンスメイクします。相手のミスもありノーアウト満塁のチャンスを作り、上位に回します。



金子は相手の好プレイもあり倒れましたが、

栗山、山川の連続タイムリーで4点を取りました。

下位から上位にチャンスを回して、主力が返すという、久しぶりに打線の繋がりを見せた攻撃でした。



その後は、塁には出るが点にはならない程度の攻撃に戻りましたが、今までと比べれば一歩前進です。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













イースタンは日ハム戦です。



コロナ陽性により離脱中だったギャレットですが、完治し2軍の練習に合流となります。



まずは良くなった事で一安心です。


さらに、

7/26に陽性判定を受けましたが、すでに陰性となり練習に参加出来る、非常に早い復帰で、チームとしても助かりますね。







本日のスタメンは、

Screenshot_20210804-134944~2


【結果】



先発内海が4失点しましたが、井上、宮川、佐野は無失点リリーフでした。
綱島、山村のホームランが出るも4安打に抑えられて、

3対4の敗戦です。





【投手】


Screenshot_20210804-155547~2


内海

3回に大田、野村にホームランを打たれ一挙4点を取られましたが、他の回は無得点で抑え、5回4失点でした。

3回は真ん中付近に入った球を連打されてランナーをため、大田には低めのチェンジアップを上手く打たれました。

後半戦のローテ候補の中では、唯一実績もある投手なので、若い投手達が結果を出せなかった場合は、代わりの先発が出来るように、これから状態をあげたいです。


井上

危なげなく3人で終わらせました。力のあるストレートを中心に、スライダー、チェンジアップは低めに集めました。
2試合続けて好投しています。



宮川

球速は140後半で、まだ空振りが取れる程ではありませんが、ストレートで押して行きました。み目

今日はストレート、カット中心の投球でしたが、ストレートの力も戻し、パワーカーブが制球出来るようにしたいです。





【野手】


Screenshot_20210804-155607~2




綱島の先制ホームランです。





山村にもホームランが出ています。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











本日のエキシビションマッチは、広島戦です。



ライオンズは打線が繋がらずに、エキシビション5連敗と元気がありません。


今日からは栗山が合流しますので、後半戦に向けて打線の形を作りたいです。




スタメンは、

Screenshot_20210803-175008~2

今日から合流の栗山が3番に入ります。

打線の厚みを考えれば、森、山川、呉を中軸にし、栗山、中村を6番以降に置ける打線になるのが理想ですが、栗山、中村は辻監督からの信頼が厚いですね。打線を牽引してもらいたいです。


呉がセカンド、外崎がレフトです。

源田、外崎の二遊間はライオンズの強みですので崩さずに、今の内に、呉にレフトの練習をさせた方が良いと思いますが、色々な事を想定しての事でしょうか。

外野手が弱点なのは変わらないので、呉、外崎には内外野共に頑張ってもらいたいです。




【結果】



先発松本が3回4失点と試合を作れませんでしたが、十亀が立て直す好リリーフを見せました。
中継ぎ陣は、良い調整が出来ています。

問題の打線は、ホームランもタイムリーも出ましたが、単発で終わりチャンスでは打てずに、

3対5で敗れて、6連敗です。



【投手】


Screenshot_20210803-210218~2


松本

球速が140前後とストレートが走らず、制球もイマイチで、3回6安打4失点でした。

ストレートが生命線の投手ですので、走らなければこういう結果になってしまいますが、それでもスプリット、カット、スライダーを使い、三振も取りました。

前回の交流戦でもマツダスタジアムでは、ストレートが走らなかったので、マウンドが合わないのかも知れませんね。

本人からはフォームのバランスが悪かったとのコメントもあり、降板後もブルペンで投げ込んだようです。


十亀

2イニング無失点の好リリーフです。

左に被打率4割の投手なので、終盤の僅差では怖い部分があります。

他に居ないのでしょうがないですが、終盤で使うなら右打者専用が望ましいです。

増田、宮川、森脇が後ろに戻ってくれば、個人的には、十亀はイニングを消化出来る投手なので、今日のように、先発が早期降板した時の2〜3イニング程度のロングリリーフが、合っていると思います。


ダーモディ

甘く入った変化球をホームランにされましたが、その後は2三振取りました。

ストレートは150キロと力があり、チェンジアップとのコンビネーションも良かったです。

点は取られましたが、ボール球のチェンジアップを振らせる事も出来たので、悪くない内容です。


水上

ストレートの球速は140前半でしたが、スライダー、フォークを使い抑えました。空振りは取れませんでしたが、味方の好守もあり無失点でした。


平井

危なげなく3人で抑えました。

増田、宮川がまだ調整中、ギャレットはコロナ陽性で離脱中、森脇も本調子ではないので、経験のある平井には平良に繋ぐ、終盤を任せられるようにしてもらいたいです。




【野手】



Screenshot_20210803-210158~2


ホームランもタイムリーも出ましたが、打線が繋がったとは言えない結果でした。




2回に、山川、呉の連続ホームラン、さらに2四死球で出たランナーを森のタイムリーで追加点となり、この回3点取りました。

しかし、3点を取ったものの、打線が繋がったと言えるのは、2四死球からの森のタイムリーくらいです。





実際その後は、


5回は、先頭の外崎が出るも栗山が併殺で無得点。


8回は、ヒットと2四球で満塁にするも呉が倒れて無得点。


9回は、先頭の川越が今日2つ目の四球で出るも山田が併殺、次の金子は10球粘ってヒットで出る意地を見せますが、無得点。


と、ランナーを出すも点を取れませんでした。




1番の外崎はヒット、2四死球と3出塁でしたし、2番の森もタイムリーを打ちました。


上位が塁に出てはいますし、ホームランも出てはいますが、上手く噛み合ってないです。




まだ時間はありますが、



チャンスメイクもランナーを返す役割も出来る森は、その時の打順に合わせて役割も変えられると思いますが、


それ以外の打者は、個々の役割を明確にして、その役割を出来るための調整をしたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします














本日のイースタンは日ハム戦です。



スタメンは、


Screenshot_20210803-162455~2



【結果】

今日はライオンズが4本、日ハムが2本と空中戦でしたが、あと一歩届かず、

5対6で敗戦です。




【投手】

Screenshot_20210803-162531~2


佐々木

6回5失点でしたが、良いところもあった投球でした。

課題の制球は四球1ではありましたが、甘く入った球を打たれているので、この辺は改善したいです。

ストレートは140前半から中盤ですが、チェンジアップが良く、三振も7つ奪いました。


6回は球速が140を切ることもあり、先発をやるならスタミナ面も強化したいです。

三振を多く奪える球を持っているのは、魅力ですので、速いストレートをコースに投げ分けられるようにしたいです。


伊藤翔

球速が140に届かない球も見られましたが、カーブが良いアクセントになり、無失点で抑えました。


増田

大田に高めのスライダーをホームランにされました。ストレートは140後半の球速が出ていましたが、良い時のように空振りが取れていないです。




【野手】


Screenshot_20210803-162515~2



高木渉の先制ホームランです。




木村は2打席連続のホームランが出ました。イースタン11号と、渡部に3本差と迫る、ホームランランキング2位となっています。




ブランドンにもホームランが出ました。



木村がイースタンでは格の違いを見せていますが、1軍では守備は良いですが、なかなか打てないので、貧打解消のピースにはならない所が残念な所です。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします














本日から東京オリンピックの野球は、ノックアウトステージに入ります。



トーナメント方式のステージですが、変則的なトーナメントのため、万が一今日負けてもまだ勝ち上がれるチャンスはあります。


相手は強豪アメリカですが、勝って余裕を持った状態で次に行きたいです。





スタメンは、


Screenshot_20210802-230419~2





【結果】

Screenshot_20210802-230439~2


3点差を逆転し、日本のサヨナラ勝ちです。




【投手】

Screenshot_20210802-230519~2


先発田中将大はスライダーが良く、三振も取っていましたが、4回に3失点。



5回からはドミニカ戦で打たれた青柳をマウンドに上げますが、連打を浴び、3ランホームランを打たれました。


青柳は良い投手ですが、短期決戦で2試合連続で打たれると、次が使いづらくなりました。




6回からは怪我でシーズンはほとんど出ていない千賀が投げましたが、2イニング5三振と地力の違いを見せました。



タイブレークの延長10回は、栗林が見事に無失点で抑えました。先頭を三振に取ったのが大きかったです。





【野手】

Screenshot_20210802-230500~2



3回、吉田正尚のタイムリーで先制、さらに四球でチャンスを広げて、柳田の内野安打で追加点です。



4回に逆転されますが、

その裏、元オリックスのディクソンから、坂本のタイムリーで同点にします。


ディクソンが抑えましたが、ちょっと前のオリックスの投打の柱であった、ディクソンと吉田正尚の対戦は熱いものがありましたね。


敵ではありますが、長年日本に居てライオンズとも何度も戦った、ディクソンのナックルカーブを久しぶりに見れたのは感慨深いです。



5回には4番の鈴木誠也にホームランが出るなど、2点を返し1点差まで詰め寄ります。



しかし、その後はアメリカ代表中継ぎ陣に抑え込まれましたが、

9回、浅村のヒットでチャンスを作ると、柳田の内野ゴロの間に同点にします。


この回から、浅村にの代走で源田が出場しました。次の回からはサードも守りました。



そしてタイブレーク方式の延長10回、


日本は手堅く栗原がバントで送り、2、3塁にすると、

甲斐のサヨナラヒットで勝利です。



悲願の金メダルまであと2つです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













↑このページのトップヘ