埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2021年08月

3 タテは阻止したい楽天戦です。




スタメンは、

Screenshot_20210815-165054~2

渡邉勇太朗が先発です。

先発ですので、ストレート、カットの速い球中心の投球に加えて、良いカーブも持っているので緩急も使って幅を持たせた投球をしたいです。

ポイントは楽天の左打者対策です。

渡邉は、被打率が右.115に対して左.294と苦手にしています。

今までは、左に対してストレート、カット中心の投球が打たれています。左右に投げ分け、スプリットやカーブも使って、速いストレートを活かしたいです。



【結果】


今日は涌井相手に打線が爆発しました。

投手陣も先発渡邉の好投もあり、

10対2と勝利です。


久しぶりに投打が噛み合い連敗脱出です。





【投手】

Screenshot_20210815-200424~2


渡邉

5回1失点と素晴らしい投球で、プロ初勝利です。

課題の左打者に対しは、インコースにカットを投げ込み追い込んで、低めのスプリットで空振りも取りました。


球速も140後半とストレートに力があり、変化球も活きましたね。

カーブがあまり機能しませんでしたが、緩急も使えるようになれば、ローテーション投手として期待も出来るので、今後の課題にしたいです。



高橋光成や今井、松本と違い、渡邉はじっくり下で育て、今年は1軍デビューし、中継ぎとして経験を積ませ、遂に先発を担い、プロ初勝利です。

20210815_204216

スカウティング、球団の育成、本人の努力が結びついた嬉しい初勝利です。



森脇

1イニング2三振取りました。

カット、フォークで空振りが取れるようになってきたので、良い時の投球に近づいてきました。


増田

12球中7球が変化球と、変化球中心の投球でした。

無失点に抑えたものの、全球、手元で微妙に変化する真っスラのようなストレートで抑える時が増田の良い時です。140後半と球速は出ているものの、キレや球威がまだまだのようです。


水上

変化球の制球が多少乱れましたが、ストレートが走ってました。2三振に、途中出場のサード平沼の好プレイもあり無失点です。

平良

点差はありましたが調整登板です。先頭に対して、変化球が真ん中に入り2塁打を打たれ、その後はヒットこそ打たれませんでしたが、内野ゴロの間に失点しました。




【野手】


Screenshot_20210815-200403~2


外崎が2試合連続の3安打と好調です。



森、岸がマルチで、森は4打点です。



試合を振り返ると、


初回に外崎のツーベースから、源田が送り、森の内野ゴロで先制します。



さらに2回には、山川四球、呉ヒットから、

愛斗のタイムリー3ベースで2点を追加します。


岸、森にもタイムリーが出て、この回一挙5点と打線が繋がりました。




1番の外崎が、2打席連続のヒットで繋いだのが大きかったです。




その後も、源田、森のタイムリーなどで加点し、

12安打10得点と打線が爆発しました。






ホームランこそ出ませんでしたが、打線が繋がり大量点です。


外崎、森が好調なので、今日のように愛斗、岸の下位打線が塁に出れば得点のチャンスが生まれます。


後は、森の後ろの大砲たちにホームランが出始めれば、チームも乗ってくると思います。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















本日もメットライフドームで楽天戦です。




スタメンは、

Screenshot_20210814-164159~2


中村をサード、呉をレフトで起用しました。

メンバーは昨日と一緒ですが、7番までは代わりも居ないベストメンバーなので、後は首脳陣の考える鷲の撃退法次第です。

瀧中はストレート、スライダー、フォークに加えて、カーブ、チェンジアップと緩い球も使ってきます。緩急が苦手な打線ですが、狙い球を絞って臨みたいです。




【結果】


今日は打線も何とか点を取っていましたが、先発今井が5回で降板し、ブルペン勝負となりましたが、復帰登板の増田が打たれて試合を決められました。

6対7で敗戦です。





【投手】


Screenshot_20210814-204345~2


今井

球速は出ていましたが、左の多い楽天打線に対して、アウトハイに抜ける事が多かったです。

それでも空振りは取っていましたが、今日は変化球が決まらずに、高めのストレートを狙い打たれてしまいました。


今日は苦しい投球でしたが、味方の落ち着いた守備に加えて、楽天の走塁判断ミスもあり、

初回にトリプルプレイという珍しいシーンもありました。


武隈

左相手に三振を取るなど、危なげなく6球で2つアウトを取りました。右打者になった所で、平井にスイッチです。


平井

前半戦の十亀、武隈セットが平井に代わった形です。

ちょっともったいない使い方ですが、7回からは増田、ギャレット、平良がいるとの判断で、こういう使われ方をしたと思われます。



増田

1軍復帰登板でしたが、誤算でした。

イースタンからストレートで空振りが取れたり、取れなかったり不安定でしたが、今日はストレートで空振りが取れませんでした。

ただ2失点しましたが、球速は140後半と出ていましたし、アンラッキーなヒットもありました。

森、増田どちらの判断か分かりませんが、変化球に頼っていたのは気になる所ですが、

増田はストレート押しの投手ですので、修正していきたいです。


ダーモディ

甘く入った球を打たれて失点しました。

球速は出ていましたが、ゾーン内に入れすぎると打たれてしまうので、オコエを三振に取ったような、ボール球のスライダーを振らせられるような投球をしたいです。


ギャレット

安定感に欠くギャレットですが、今日は良い日でした。低めのスプリットで三振を2つ取っています。





【野手】


Screenshot_20210814-204411~2


外崎3安打。


源田、中村がマルチ。


スタメンでは愛斗以外はヒットが出ました。






試合を振り返ると、



2点ビハインドの3回、源田、森がヒットでチャンスメイクすると、

中村、栗山の連続タイムリーで同点に追いつきます。






再び2点差をつけられた5回には、


代わった福井から森、中村、栗山と3連続四球でチャンスを貰うと、

山川の2点タイムリーで再度同点に追いつきます。




貰ったチャンスで逆転まで行きたかったですが、呉、愛斗が倒れて同点止まりでした。







今日は投手陣が打たれて、またまた勝ち越されましたが、8回には外崎のヒットから、

源田、中村のタイムリーで1点差まで詰め寄りますが、そこまででした。






エキシビションから貧打続きでしたが、

今日は12安打と良く打ちました。

が、

7四球貰った事を考えると6点は物足りないです。




確かに今日は打線は頑張りましたが、


そもそもライオンズは僅差を制するチームではないので、ランナーを貯めてドカンと長打が欲しかったです。



課題のトップバッターを務める外崎に当たりが出たのは良かった所ですので、明日こそは打ち勝ち、先発の渡邉勇太朗を助けてあげたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします
















本日からシーズン後半戦が始まります。


まずはメットライフドームで楽天戦です。



スタメンは、

Screenshot_20210813-170642~2


ライオンズ打線の中で最も打てる打者は森です。

森の前を外崎、源田、森の後ろを中村、栗山が担う打線にしてきました。

個人的には、森の後ろは山川、呉が担って欲しいですが、辻監督の中村、栗山への信頼感が高いですね。

今日は6番ですが、山川はエキシビションでも状態を上げてきたので期待です。


岸ー炭谷のバッテリーを打ち崩してもらいたいです。






ベンチ入りは、

Screenshot_20210813-170720~2

増田、ダーモディ、平井がブルペン入りです。

増田はイースタンでは、生命線のストレートで空振りが取れたり取れなかったり不安定さがあり、まだ本調子ではなかったですが、どこまで状態を上げてきたのか見物です。

ダーモディはエキシビションでも好調でしたので、期待したいです。

日ハムからトレード加入した平沼が、早速ベンチ入りです。また、第3捕手には柘植ではなく、斎藤が入ってます。





【結果】


先発松本のストレートが走らずに、5回途中で降板。中継ぎが粘っていましたが、十亀が打たれてトドメを刺されました。

打線は楽天岸の前に、あわやノーヒットノーランと全く歯が立たずに、

0対5の敗戦です。




【投手】


Screenshot_20210813-211302~2


松本

5回途中KOでした。

生命線のストレートが球速140前半と走らずに、思うように空振りも取れず、制球にも苦しみました。

変化球投手ではないので、ストレートが走らないと厳しいです。

その中でも、何とか3失点に留めましたが、カード頭の投手としては残念な内容でした。


武隈

松本が作った満塁のピンチで登板。試合が壊れかけましたが、見事に火消ししました。


平井

スライダーで三振を取っています。増田、森脇次第では、経験もありますし勝ちゲームに投げてもらいたい投手ですが、やはり現状はこういう便利屋としての起用になりそうです。

便利屋はチームに必要な役割ですし、平井に向いてもいますが、酷使されてきた投手なので複雑な気持ちです。


水上

ストレートが真ん中に集まり連打されましたが、源田の良いプレイもあり、何とか無失点で抑えています。


十亀

終盤に2失点と試合を決められました。

左打者に被打率4割超えされている投手ですが、やはり左に打たれました。

明確な弱点のある投手なので、僅差の終盤では怖い部分があります。


ダーモディ

チェンジアップが良く、鈴木大地を三振、浅村もボール球のチェンジアップを打たせて打ち取りました。

タラレバではありますが、球威あるストレートを投げられ、ボール球の変化球を振らせられるようになれば、大化けする可能性もあるだけに、今後に期待したいです。


森脇

高めのストレートを打たれてピンチを作りましたが、無失点で抑えました。

フォークで空振りが取れるようになってきたのは、良かった所です。





【野手】


Screenshot_20210813-211240~2


トレード加入した平沼も代打で出場しましたが、三振でした。





試合は、

楽天岸の前に、8回途中1安打と抑え込まれました。


立ち上がりに連続四球でチャンスを貰いましたが、栗山が倒れて無得点と、チャンスはそこだけでした。

カーブ、チェンジアップの緩いボールとストレートの緩急に10三振と振り回しました。



何度も対戦している投手ではありますが、打つ手なく回は進んでしまいました。




俳優の藤原竜也さんがライオンズファンという事もあり、映画の宣伝も兼ねたコラボをしましたが、



20210801_110038


実際は撃退法もなく、壮大な前フリとなってしまったのが恥ずかしいです。

先日ライオンズを退団した、エルネスト・メヒア選手からのメッセージです。






近年は成績が落ちていましたが、それでもライオンズファンに愛された選手でした。



ライオンズを長年支えた功労者ですし、コロナが落ち着いたら、メットライフドームでセレモニーをしてもらいたいですね。





そして、



先日トレードが発表された木村、佐藤の日ハム入りです。


20210813_172704





佐藤の表情が硬いですが、ユニフォームを着ると現実なんだと実感します。





メヒア退団、木村、佐藤トレードと寂しいニュースが続きましたが、


新しいライオンズ戦士、公文投手、平沼選手も入団しました。




20210813_173214



2人共良い表情ですが、GMが一番ですね。



平沼選手は早速ベンチ入りしました。



ライオンズは他所から来ても馴染みやすい雰囲気だと榎田も言ってましたし、多少のミスには寛容なチームでもあるので、思い切ったプレイを見せてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします
















西武の木村、佐藤と日ハム公文、平沼の2対2のトレードが決まりました。







愛斗、岸の台頭で出番の少なくなった木村と、渡部、ブランドンの加入によりサードの一番手ではなくなった佐藤がトレードとなりました。





木村は投手から野手に転向した苦労人でもあり、地元埼玉栄からドラ1で入団してここまでやってきた、ライオンズの功労者でもあります。

このまま、2軍に置いておくくらいなら活躍の場を与えようといった所でしょう。





佐藤は、個人的にも大きな期待をしていた選手でした。中村の後継者として、魅力的な打撃も持っています。

1軍ではポカもあり、打撃も活かせていない状態でしたが、これからの選手なのでもったいないという気持ちもあります。

ただ、事件を起こしてケチがついた事も影響があったのかも知れませんね。地元北海道で出直しです。





ライオンズとしては、木村、佐藤の2人で、課題の対左用の中継ぎ左腕を取りに行ったというトレードです。





公文投手は、小川がなかなか状態が上がらないですし、そもそも小川は対左に強い訳ではない投手なので、対左用として公文はすぐにでも1軍ブルペン入りしてほしい投手ではあります。

ほぼストレートとスライダーの投手で、制球は悪くないですが、WHIPも高く、空振りが取れなくなってきているのは気になる所です。フィジカルに問題ないと判断しての獲得だと思うので、スライダーのキレを戻したいです。


ライオンズの弱点を補うための補強ですので、大きな期待がかかる投手です。






平沼内野手は、内野のバックアップとして期待がかかります。

内野のバックアップとして、ライオンズにはあまり居ないショートも守れる左打者です。


山田と役割はかぶりますが、守備では圧倒的に山田、打撃は同じくらいのレベルですが、年齢もまだ若いので攻守共に成長に期待です。






正直、木村、佐藤が去るのは寂しいというのが第一印象ですが、左投手の公文に加えて、若い内野手も取れたのは良いトレードです。




ライオンズとしては、すぐに使える木村を渡している訳なので、公文投手にはスライダーのキレを戻して、即戦力としてプルペンを支えてもらいたいです。



ただ、


特に木村は、スタメン固定され過ぎていたのは問題でしたが、好調期のスタメンや、守備固めのサブとしては、まだまだライオンズの大きな戦力でしたし、個人的にも高校生の時から見ていたので、寂しさが大きいです。


長い間、ライオンズのためにありがとうございました。







公文投手、平沼内野手は、ライオンズで活躍する場がありますので、遠慮することなく思い切ってプレイしてもらいたいです。


※背番号は、公文投手23、平沼選手31となりました。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします














↑このページのトップヘ