埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2021年10月

本日のフェニックスリーグは、楽天戦です。




スタメンは、

Screenshot_20211016-123303~2




【結果】


Screenshot_20211016-152612~2


打線が10安打9得点と、相手エラーも絡みましたが、打線が繋がりました。


先発本田は8回まで投げきり、ライオンズの勝利です。



【投手】


Screenshot_20211016-152702~2

本田

8回2失点と球数も少なく、好投しました。

序盤にストレートを打たれましたが、スライダーが良く、空振りも取れました。中盤からはカーブも決まるようになり、緩急が使えたのは良かったです。

2軍相手なら抑えられますが、1軍ではなかなか結果を残せていません。

ストレートの球速がもう少し上がれば、スライダーやカーブをもっと活かせるのですが、キャリア、年齢的に難しいですかね。

1軍ではゾーン内に投げ込めずに四球から崩れる事もありましたので、球の力、制球共に高めて行きたいです。


赤上

制球難ではありますが、150キロのストレートで押していくスタイルでしたが、今日は変化球、特にカーブを良く使いました。

色々と課題を持って取り組むのは良いと思いますが、以前と比べて躍動感がなかったのは気になるところです。

速いストレートがあっても制球難では使えませんが、制球重視にして小さくまとまって欲しくもないです。




【野手】


Screenshot_20211016-152642~2

綱島が3安打、育成の長谷川は2安打です。


綱島は今季打力が大きく成長しました。1軍のセカンド、ショートは壁が高いですが、川野と共に守備も成長していってもらいたいです。



フェニックスリーグ好調の西川は、タイムリー3ベースを打ちました。

打撃フォームも変えて、フェニックスリーグでは長打を良く打っています。長打を打てる外野手は、ライオンズに必要なピースです。


まずは今オフ、今の打撃フォームを安定させて、来季は1軍の壁を超えていきたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












本日は仙台で楽天戦です。


本日の公示で、増田、平良が抹消、井上、大曲が昇格しています。

Bクラスが確定しましたし、今季はオリンピックにも出場し、フル回転で疲れもある平良と、ベテランの増田は一足先に休ませました。お疲れさまでした。


代わりは、ファームのセットアッパー大曲と、ストッパー井上が昇格です。

大曲は、速いストレートにスプリットが武器の投手です。調子が良い時は、ストレートでもスプリットでも空振りが取れる力がありますが、制球に課題があります。


井上は、渡邉、上間と共に期待の若手投手です。球威あるストレートが武器ですが、こちらも制球に課題があります。


二人共、イースタン後半戦は好調でしたが、終盤は少し調子を落としています。


絶好調ではないので、現状でどこまでやれるか不安はありますが、臆せずにアピールしてもらいたいです。




スタメンは、

Screenshot_20211015-174823~2

ブランドン、金子がスタメンです。

投手は育成モードに入りましたが、野手も育成のためにブランドンを起用しました。

意外なのは金子のスタメンです。辻監督の親心なのか、金子にチャンスを与えましたが、来季はおそらく両翼のどちらかは外国人で埋めると思うので、センターは岸や川越に慣れさせたかったです。

金子にセンターを任せるなら、打てることが前提です。昨季シーズン後半の、出塁出来る金子が復活すれば、納得のスタメンになりますので、期待したいです。




【結果】


Screenshot_20211015-202845~2


今井達也の完投勝利です。

10月に入ってからは安定して、高いパフォーマンスを見せています。


打線は拙攻続きですが、8回の山川の3ランが大きかったです。




【投手】

Screenshot_20211015-202932~2

今井

今季3度目の完投で、自己最多の8勝です。

10月は3試合で防御率1点台と、素晴らしい投球が続いています。

今日もストレートを軸に、右にはカット、スライダー、左にはチェンジアップ中心の投球。

ストレートで空振りが取れていた分、左の多い楽天打線にチェンジアップが効果的でした。

制球は良くはないですが、比較的ゾーン内に投げ込めていたので、今井にしては球数も少なく完投出来ました。


昨年は投球フォームの不安定さから活躍出来ずに、このまま数年フォーム探しの旅に出てしまう懸念もありましたが、見事な飛躍です。

まだフォームは不安定で、今シーズン中にも若干変えたりしていますが、不安定の中でもこの投球が出来れば、むしろ来季の楽しみが増えます。

昨年オフの筋トレが成功して、球速も上がりましたが、今オフも継続して鍛え、投球フォームも固めて、来季は高橋光成からエースを奪うくらいの活躍を見せたいです。





【野手】


Screenshot_20211015-202911~2

2番に起用された外崎が2安打と、チャンスメイクをしました。山川もホームランを含む2安打です。




試合を振り返ると、



2回、

ノーアウト1、2塁のチャンスに、川越はファーストゴロの併殺コースでしたが、相手ショートの捕球ミスもあり、先制します。

その後、ブランドンもヒットで続き、ノーアウト満塁にしますが、戸川、金子、源田が倒れて追加点は取れませんでした。




3回、

外崎、森がヒットでノーアウト1、3塁のチャンスに、

中村の犠牲フライで追加点です。



序盤で2点は取りましたが、

2回、3回と序盤で楽天瀧中を打ち崩せるチャンスを逃してしまいました。


決めれる時に決めないと、立ち直らせてしまうことはよくある事ですが、案の定、その後7回までノーヒットでした。


今日は消化試合だからではなく、シーズンの時からよくある光景です。

もう山賊打線ではないので、来季は選手任せの個々の攻撃ではなく、チームとして相手投手の攻略を徹底していきたいです。






その後、楽天瀧中から4回以降ノーヒットでしたが、

森原に代わった8回、


外崎、中村が出塁し、ツーアウトながら1、2塁のチャンスに、

山川の3ランホームランで、試合を決めました。





序盤の拙攻による悪い流れを、今井の踏ん張りで食い止め、終盤に山川のホームランで勝負を決めた試合でした。



スタメン起用の金子は不発でしたね。


戸川もアピール出来ませんでした。


期待の若手でもあるブランドンは、ヒットは出ましたが、アピール成功とまでは行きませんでした。



最下位回避のために、ある程度は主力も使うでしょうけど、辻監督は今後も若手にチャンスは与えると思います。



しかし、辻監督が消化試合であっても使いたいと、もし思わないようであれば、それは若手のアピールが足りないと言う事です。


ライオンズは育成モードに入ったとはいえ、1軍の試合に出せば勝手に育つ訳ではありません。


若手にとっては、来季のための1軍経験ですので、結果よりも、ファームでやってきた事を1軍の試合でも出せるように、試合に臨みたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします














Bクラスが決定したライオンズですが、残りは8試合となります。




最下位と言う不名誉は回避したいですが、もう残りは消化試合となったので、ベテランは休ませて若手を積極的に使いたい状況でもあります。



若手は宮崎でフェニックスリーグを行っていますが、ファームの主力でもある、渡部、西川、高木渉、鈴木辺りは、殻を破れば来季から戦力になる可能性を秘めているので、1軍経験を積ませたいです。




1軍では、中村、栗山の両ベテランが、チームの主軸として活躍してくれていますが、来季を考えれば、いつまでも頼ってばかりはいられませんし休ませたい所です。



ただ、19日の松坂大輔引退試合では、一緒にプレイした事もある、中村、栗山は演出的にも守備につくでしょうし、20日のホーム最終戦も顔見せ出場くらいはするでしょう。




中村、栗山がホーム最終戦まで1軍となると、残りは2試合しかありません。


よって、せめて今日からでも、経験のある代走、守備要員は外して、ファームの主力野手をベンチ入りさせておきたいです。





具体的には、金子、熊代は貴重な戦力ではありますが、消化試合のベンチ入りをさせておく選手ではないので、ファームの主力野手と交代させたいです。





ライオンズの野手では、外野手とサードが穴になっています。




外野手は、岸、川越が1軍で頑張っていますが、ファームにも愛斗、鈴木、西川、高木渉と控えています。



今季期待されてはいましたが、殻を破れなかった西川、鈴木辺りにはチャンスを与えたいです。




サードは、昨日はベンチ入りを外れましたが、ブランドンが1軍にいますので、積極的に使いたいです。

ファームでも打撃に関しては上位になりますが、他の若手同様に1軍では打てない状態です。実戦を通してきっかけを掴んでもらいたいです。



イースタン2冠の渡部は、粗さはありますが、1軍で試してみたい選手です。長打力はありますが、確実性はないので、結果を残すのは難しいかも知れませんが、中村も来季は39歳です。

来季後半には戦力になってもらいたいので、経験を積ませたいです。





チャンスを与えたい選手はたくさんいますが、ファームでも仮に熊代、金子を下げるなら、

個人的には、フェニックスリーグでも好調な西川と、経験を積ませたい渡部を上げたいです。




もうスタメン固定で戦う時期ではないので、せめてベンチ入りメンバーは再考してもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします














負ければ単独最下位転落となる、日ハム戦です。




スタメンは、

Screenshot_20211014-180251~2

Bクラスが決定しましたが、育成モードではないスタメンです。

若手を1軍に慣れさせると言うのも大事だと思いますが、ポジションは与えられるものではなく、競って奪うものと言う考えも大事だと思います。

辻監督は昨日、闘争心のない人は使わないとコメントしたように、今日のスタメンは後者の考えによるスタメンです。

せめて、ファームの主力達を何人かベンチ入りさせて、展開次第で使えるようにしたい所ですが、宮崎から札幌までの移動もありますし、今日の所はこのスタメンです。

主力で試合に臨むのであれば、最下位は避けたいですので、しっかり勝ってもらいたいです。




【結果】

Screenshot_20211014-210012~2


先発松本が前回に続いて素晴らしい投球で、7回をゼロに抑えました。


打線は日ハム伊藤から、チャンスは作るも点にならない展開でしたが、中村の久しぶりのおかわり弾で3点を取り、勝利しました。



【投手】


Screenshot_20211014-210059~2

松本

7回無失点の素晴らしい投球でした。

前回に続いて、連続完封も行けそうな球数でしたが、おそらく次回は中5日ですので交代しました。

今日は序盤は変化球を交えながらの、松本からしたら技巧派の投球、中盤以降はストレート押しの力で抑える投球をしました。

ストレートは今日も良かったですが、外へのスライダーやカットといった変化球も良かったです。

まだまだ変化球の練習は必要ですが、来季に向けてアップグレードの可能性を感じさせる内容でした。

キャリア初の規定投球回数もクリアーとなりました。


不調から中継ぎに配置転換もありましたが、しっかり立て直し、先発としてローテを回してきた証です。

シーズン序盤からしたら、先発として大きく成長しました。これで9勝目です。おそらく次回は、ホーム最終戦での登板になりそうですので、二桁勝利を掴みたいです。


ギャレット

制球は荒れ気味でしたが、何とか無失点で抑えました。

10月は6試合登板して無失点と、制球の不安定さはありますが抑えてはいます。



平良

今日は、ストレートが150キロ後半と球速は出ていました。ただ、すんなりとは終わらず、ヒットや暴投などもあり、ランナー3塁まで行きましたが無失点で抑えました。

パ・リーグ初の、シーズン20セーブ、20ホールド達成です。

今シーズンの平良は、記録尽くめのシーズンとなりました。





【野手】



Screenshot_20211014-210034~2

源田2安打、中村は2ホームランでした。


 

試合を振り返ると、


日ハム伊藤からチャンスは作るも、あと1本が出ないいつもの展開でしたが、



6回、

森をランナーに置いて、

中村の2ランホームランで均衡を破ります。





さらに8回には、

2019年8月以来となる、久しぶりのおかわり弾です。







松本の好投、中村の2本のホームランで何とか勝利しました。




日ハム伊藤も簡単には打てない良い投手ですが、主力でスタメンを固めた割に、打線の元気がないです。


Bクラスが決定したので、主力選手のモチベーションを保つのは難しいと思いますが、ライオンズ打線は淡白になりがちです。


育成のための若手中心のスタメンなら、勝敗は二の次でも仕方ないですが、主力で試合に臨むのであれば、闘争心がないとか、メンタル的な部分よりも、まずは対策を取り選手に徹底させて、最下位を回避したいです。

日本プロ野球界の功労者でもある、松坂大輔の引退登板試合が、最下位決定戦と言う寂しい試合にならないように、明日からも勝ち続けたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします
































本日のフェニックスリーグは、阪神戦です。



スタメンは、

Screenshot_20211014-123652~2

先発は宮川です。

お試し先発ですかね。フォームを変えてから、あまり良い結果が出ていなので、実戦調整させるために長い回を投げさせたと思います。

今の投球だと、使い所がないので、復活するためのきっかけとしてもらいたいです。



【結果】

Screenshot_20211014-151546~2


先発宮川の後を受けた、吉川、榎田が無失点の好投。


打線は、西川、高木渉、渡部と期待の若手野手のホームランもあり勝利です。




【投手】


Screenshot_20211014-151612~2

宮川

先発なので抑えていたのかも知れませんが、ストレートの力はまだ物足りないです。ストレートで空振りが取れるのは宮川の魅力でもあるので、ここは戻したい部分です。

ただ、今日は武器でもあるパワーカーブが良く、空振りも取れました。

制球が何とかなれば、勝ちパにも入れる力はある投手ですので、ストレートの力を戻した上で、制球を改善したいです。


吉川

2イニングを無失点で抑えました。来季は左腕も多く入ってきますし、頑張ってはいますが、使い所を考えると厳しいのが現状です。


榎田

3イニングを無失点で抑えました。

カットが良く三振も3つ奪いました。左には外にボールを集めて抑えましたし、右にはインコースの厳しい所を振らせる事も出来ました。

ライオンズはまだまだ不安定な若い先発投手が多いので、来季は先発だけでなく、ロングリリーフとしても活躍してもらいたいです。




【野手】

Screenshot_20211014-151512~2

西川、渡部、高木が、それぞれホームランを含む2安打です。




西川は2試合連発です。

打てる外野手はライオンズに必要なピースですので、長打力も身につけて覚醒してもらいたいです。




高木渉にもホームランが出ました。

打力で言えば、ファームでも上位に入る選手です。イースタンでも序盤は圧倒的な成績を残していました。ただ、安定感がないので、西川と同様に殻を破ってもらいたい選手の一人です。




イースタン本塁打王の渡部にホームランです。


相手投手の失投を捕らえました。1軍では、厳しい所に攻めてくると思いますが、今日のように失投もあるので、そこを確実に捕らえられるようになりたいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


















 

↑このページのトップヘ