埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2021年11月

ライオンズの金子侑司選手が、結婚した事を発表されました。





今年のファン感に欠席されるので、怪我かプライベートの事かと思いましたが、結婚とはおめでとうございます!





金子選手に対しては、シーズン中も厳しい意見も出ましたし、私も書いています。



ただ、プレイに関して厳しい意見が出る内はましで、相手にされなくなったらプロとして終わってしまいます。



辻監督の秋季練習の総括では、期待の選手として名前を上げて貰えました。



まだ老け込むような年齢ではないですので、結婚を機にもう一度体を作り直し、走攻守で活躍できる状態にしてもらいたいです。



金子が出塁率を高められる打撃が出来れば、打線の繋がりを持たせる良い9番打者になれます。



昨年終盤の、出塁出来る金子に戻ってもらいたいです。





イケメンの選手なので、結婚に残念がる女性ファンも多いと思いますが、今度はプレイでファンを獲得してもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









岡田雅利捕手が、FAを行使してライオンズに残留する事が決まりました。


20211130_122212




3年契約を結び、生涯ライオンズ宣言も出ました。



ライオンズが好き、他のチームに行く事は考えられなかったと、ファンにとっては嬉しいコメントもありました。







チームにとって必要な2番手捕手です。



面倒見の良い性格からも、将来的には指導者としての道も考えられるため、このままライオンズを支える存在で居てもらいたいです。



森友哉からは、残るのは当たり前だと言うような事を言われたそうですが、森もライオンズに残留する前フリであってもらいたいです。



岡田は残留するからには、来季からも戦力として活躍してもらいたいです。



攻守共に負担の大きな森を、首脳陣が安心して休ませる決断が出来るように、打撃も向上させたいです。




守りは岡田、打撃は柘植と言う風潮がありますが、岡田は柘植程長打を打てる訳ではありませんが、確実性は岡田の方がありますし、状況に合わせたケースバッティングが出来れば、打線の中でアクセントになります。




来季はもう少し試合出場が増えるように、コンディションを整えてもらいたいです。




岡田が試合に出れる状態をシーズン通して維持してくれれば、柘植と合わせて1軍捕手は安泰ですので、ルーキーの古賀捕手をじっくりファームで育成出来るのも大きいです。






後は、森友哉の複数年契約が結べるかです。


森にとっての精神的な助けになる岡田の存在は、残留に向けてポジティブ要素ですので、岡田も森の残留に一役買ってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











今週土曜のファン感では、松坂大輔の引退セレモニーも行われます。

Screenshot_20211130-081756~2





ファン感の後に行われる、松坂大輔引退記念特別座談会を生中継する事も決まりました。




座談会は、松坂大輔をはじめ、松井稼頭央、西口、豊田、小関、赤田と往年のファンにとっては、嬉しいメンバーです。


喋りが達者な石井貴、デニーなんかも居てくれたら、さらに盛り上がりましたね。










西武ライオンズの歴史の中で、スター選手はたくさん輩出しましたが、

野球を知らない人でも名前を知っている大スターとなると、清原和博と松坂大輔の2人です。




清原は問題を起こしてしまいましたが、野球に関して言えば、

この2人はライオンズが誇るべき存在です。



2人共高校時代から伝説を作り、プロでも1年目から活躍した選手です。



甲子園で活躍してもプロでは活躍出来なかった選手も多い中、大スターになる選手はやはり違います。



大スターがいれば優勝出来る訳ではありませんが、チームの顔は欲しい所です。先の話になりますが、花巻東の佐々木君は大スター候補ですので、ライオンズに欲しい選手ですね。









松坂大輔は横浜高校、西武ライオンズで数々の伝説を作りました。 



中でもイチローとの対戦は、当時の野球ファンの注目の的でした。また、オリンピックやWBCといった世界大会でも、松坂大輔は常に中心にいる、ライオンズファンの誇りでした。




ポスティングでライオンズに多額のお金を残してメジャーへと行きました。ただ、メジャーでは活躍はしましたが、故障もあり満足のいく結果ではありませんでした。




帰国後は、あちこち痛めリハビリの日々でした。最後は痛々しい姿ながらファンに投げる姿を見せてくれましたね。












Numberでも軌跡を取り上げられていますが、イチロー、和田、上原などライバル達も多くコメントをしてくれています。








松坂大輔は大スターではありますが、先輩から可愛がれ、同級生とは気さくな対応で好かれる存在です。



人との繋がりがあるのも松坂大輔の魅力です。




気になるのは今後です。


本人はしばらくは現場を離れると言っていますが、将来的には監督にも興味があるとも言っています。




今後、指導者としてやって行く上で、先人たちからアドバイスを貰えたり、先輩達とコネクションもあるのは大きいです。



後は、後輩たちとのコミュニケーションです。



偉大すぎて尊敬はされていますが、内海程後輩たちに慕われている訳ではないので、その辺は解説やテレビの仕事を通じて、コミュニケーション能力を磨きたいです。



分かりやすい言葉で伝える能力も大事です。



デーブ大久保氏や元木氏などテレビの仕事をしていた人達は喋りが達者で、コーチとしてのコミュニケーション能力にも長けていますので、将来的な事も考えて、松坂大輔にもコミュニケーション能力を磨いてもらいたいです。







いつかライオンズに帰ってきてくれると思います。


選手として、ライオンズ、プロ野球界に大きく貢献してくれた存在です。



指導者としては未知数ですが、注目度は抜群ですし、スポンサーも多く付くと思われます。



次は指導者として、ライオンズで伝説を作ってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













日本政府は、世界的に拡大しているコロナ変異株であるオミクロン株の影響で、全世界を対象に外国人の入国を制限しました。









日本では収まりつつあるコロナですが、世界的にはまだ猛威を奮っています。



プロ野球は来季から入場者数の上限が撤廃される見込みですので、球団経営的にも再び感染拡大されるのは避けてもらいたいです。



経済活動も両立しなくてはならないため、制限を何ヶ月も継続しないとは思いますが、感染状況を見て、制限、解除を繰り返す可能性もあります。



当然、人命優先で、変異株を日本に持ってこないでもらうのが先ですが、2月のキャンプ付近で新外国人選手が予定通り来日出来るのかは懸念されます。






ライオンズは、支配下枠をフルに使わない球団です。




GMからは、育成からの昇格を見越して、来季は少し空けておくと発言がありました。




人員的に外国人頼みの部分もあるので、入国出来ない最悪なケースも考えた危機管理もしてもらいたいです。
 



現状、すでにファームのローテが回らない可能性があります。外国人が遅れる場合、さらに足りなくなってしまいます。



育成のためにも、ファームの試合は通常通り行いたいですし、イニング消化のために若い投手を無理に使いたくもないです。




イニング消化出来る投手を、育成でも良いので戦力外から探して獲得するなどして、球団として楽観視し過ぎずにリスク管理もしっかり行ってもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











後半戦、来季に向けて期待の持てる投球を見せた、與座海人投手です。


20211127_145028





今季イースタンでは、特に先発として好成績でした。



9先発

防御率1.33 WHIP1.13 K/BB2.00 

QS率88.9%


先発として素晴らしい成績を出しました。


ただ、1軍では中継ぎ起用される事が多く、後半戦に入り、ようやく先発起用が増えました。






今季の1軍成績は、

Screenshot_20211127-145434~2

15試合 WHIP1.06 K/BB2.80 

奪三振率6.52 四球率2.33


内、先発としては5試合に登板し、防御率1.11、WHIP0.86、QS20%でした。



四球が少なく三振も取れ、安定した投球が出来ました。






今季はストレートが良く、好調の要因となりました。


昨年はストレート押しのパワーピッチをするようになってから、ファームでも打ち込まれるようになりましたが、今季はそのストレートの球速が上がり、空振りも取れるようになりました。スライダーも良く、効果的に使えてました。



ストレートの力で抑えると言うよりも、変化球も交えながら、左右高低と投げ分ける事で、ストレートを効果的に使える投球が出来たといった所です。




イースタンではQS88.9%と、長い回を安定して投げているので、スタミナがない訳ではないのですが、アンダースロー投手には、対左打者という課題があるので、ここをクリアーしないと長い回は難しくなってきます。






現状では、與座+左に強い投手で1試合投げられれば、勝ち星を重ねられると思います。



與座が先発だと左打者を並べられると思うので、與座は打者2巡くらい、4、5回辺りを目処に下げて、左に強い投手を出したいです。




ただ、ライオンズには左に強い投手は居ないのが難点ですので、佐々木や浜屋がレベルアップし、第2先発的なロングリリーフも出来るようになってもらいたいです。









ライオンズは先発3本柱以外は、ローテ未確定です。



特に、與座、浜屋、佐々木、本田といった1.5軍クラスの先発投手は飛躍が期待されます。



この1.5軍クラスの中では、今季の成績から與座が最も期待の出来る投手です。


アンダースローの性質上、使い方がポイントにはなりますが、使い方によっては大きな戦力となる投手です。



左打者の多い楽天戦は厳しいですが、相性を考慮して上手く起用をしてもらいたい投手です。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










↑このページのトップヘ