埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2022年03月

5連勝をかけた日ハム戦です。




心配な山川選手ですが、抹消はせずに軽いランニングを行いました。


とりあえず今日はベンチ外にしました。診察の結果は、異常なしとの事でまずは一安心ですが、打撃に影響が出ないかが心配です。




そして、



ジャンセン選手を1軍合流させました。

Screenshot_20220331-170533~2


山川選手が抹消ならともかく、札幌ドーム1試合のために、呼び寄せるのはライオンズ的には珍しいです。

山川選手がしばらく出れない可能性も考えての、ジャンセン選手昇格です。

ジャンセン選手昇格は、山川選手の代わりの意味合いもありますがそれ以上に、中村選手を休ませながら起用するためにも、必要な選手です。

サードを守れる選手が欲しいのではなく、中村選手以外にも、打てるサードがライオンズは必要です。

ジャンセン選手は、中村選手や山川選手のような長距離砲ではありませんが、空振りが少ないコンタクトの良さをファームで見せていたので、期待したいです。







スタメンは、

Screenshot_20220331-173939~2



森選手を4番に起用しました。


森選手を右打者で挟む形を取りました。ライオンズは森選手が攻守共に中心の選手ですので、プレッシャーはかかると思いますが、中村選手と共にランナーを返す打撃を期待したいです。

この打線だと、鈴木、オグレディ選手の1、2番が出塁してくれている状況なので、3番の外崎選手がポイントになりそうです。




先発は與座投手です。

昨年は札幌ドーム11イニング無失点と、相性の良いマウンドです。

昨年はストレートが、130キロを超えるようになった頃から好投が続きました。今日もストレートの出来は鍵になりそうです。ただ、パワーピッチの投手ではないので、左右高低や緩急も使いながら、ゼロを重ねてもらいたいです。





【結果】

Screenshot_20220331-212507~2



與座投手が、5回途中4失点降板と試合を作れませんでした。また、佐々木投手が3イニング行くと言う、シーズン終盤のような起用もありました。


打線は、日ハム立野投手に抑え込まれ、オグレディ選手のタイムリーによる2点が精一杯でした。




【投手】

Screenshot_20220331-212550~2

與座

初回はストレートが走り、最速136キロ出ました。

順調な立ち上がりでしたが、2回からは日ハム打線にストレートを狙われました。


序盤で3失点しましたが、打たれたのは全てストレートです。 

高めの釣り球も使ってましたが、ちょっとコースが中途半端になり、真ん中付近に入った所をホームランにされました。

味方が1点差にしてくれた裏の5回にも、悪送球などもありピンチを迎えると、ストレートを弾き返され失点し降板しました。

今日の投球だと、当初から予想されているように、来週からの週5試合ではローテから外れると思います。


打者の目先を変えることも出来ますし、中継ぎとしても価値のある投手です。




佐々木

ノーアウト1、2塁から、近藤選手を併殺、王選手を三振と好リリーフでした。

回跨ぎしましたが、2イニング目も2奪三振と完璧でした。

今年はストレートの出来が良く、チェンジアップが効果的に使えています。

しかし、3イニング行かせるのは酷でした。

なんでも屋ではなく、勝ちパを任せられる投球をしていますが、今の所は中継ぎ左腕不足もあり、色んな場面で登板していますし、登板数も増えています。

豊田コーチは回跨ぎを連発しますが、シーズンはまだまだ先が長いので、潰さないようにマネージメントしてもらいたいです。



結果論ですが、

打たれるの覚悟で十亀、大曲投手で6回以降を凌ぐ決断が出来ずに佐々木投手を引っ張った事で、少なくとも、明日、明後日は、貴重な中継ぎ左腕の佐々木投手が使えなくなりました。


僅差ビハインドでの投手の使い方は難しいですが、回跨ぎ3イニングはやりすぎました。豊田コーチの継投ミスです。





大曲

ストレートは150キロを超えてましたし、力もありました。

今日は力強いストレートをゾーン内に投げ込めていましたが、毎試合出来るように制球は高めたいです。

また、持ち球のスプリットやスライダーといった変化球の中から一つは、ウイニングショットとなるレベルまで上げたいです。




十亀

荒れ気味ではありましたが、2奪三振です。

前回は自らのエラーで試合を壊してしまい、その印象が強いですが、前回も今回も球自体は悪くはなく、緩急も使えていました。






【野手】

Screenshot_20220331-212529~2



源田選手3安打、オグレディ選手2安打と活躍しましたが、中軸が抑え込まれました。




オグレディ選手は、好投を続ける日ハム立野投手から、タイムリーを打ちました。

逆らわずに良いバッティングでした。今の所は、素晴らしい打撃を続けています。今後、打球が上がってくれば、さらに怖さも増して来そうです。






ジャンセン選手の、公式戦初打席は三振でした。

ファームでは、空振りが少なくコンタクトに優れた成績を出していましたが、開幕投手も務めた話題のドラ8北山投手のストレートは、当たりませんでした。








連勝は止まりましたが、2カード連続勝ち越しは良い結果です。



山川選手の状態や、回跨ぎ連発の中継ぎの起用法と心配な面はありますが、失敗したら意固地にならずに改善すれば良いと思うので、明日からのロッテ戦では気持ちを切り替えて臨みたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












本日もイースタンはヤクルト戦です。




ファームの投手不足の深刻さが見られる、このヤクルト3連戦ですが、今日が最もしんどい試合となります。



佐野、武隈投手に、昨日登板した松岡、赤上投手で試合を作らなくてはなりません。



くれぐれも延長戦にはならないように、打線がカバーしたいです。







スタメンは、


Screenshot_20220331-123655~2


ジャンセン選手は1軍に合流しました。

Screenshot_20220331-151729~2

すでに札幌ドームでウォーミングアップをしています。ファームでは打撃好調でしたので、1軍でもコンタクトの良い打撃を披露してもらいたいです。






【結果】

Screenshot_20220331-155205~2


投手が少ない中、佐野投手が6回を投げきる投球をしてくれました。


打線も、相手の四球連発で貰ったチャンスを活かして、昨日に続いての連勝となりました。






【投手】

Screenshot_20220331-155245~2

佐野

6回82球3安打無失点と、投手不足のファームを救うイニング消化をしてくれました。

中継ぎでは最近、四球からタイムリーを打たれたり、自慢の球威あるストレートが機能しなかったりしましたが、今日は比較的ゾーン内に投げ込めましたし、フォーク、スライダーで空振りも取れました。

中継ぎでも、今日のように力まずに投げてもらいたいです。



松岡

ストレートで空振りが取れずに粘られましたが、フォークで三振も取りました。今後も、ストレートをゾーン内に投げこむことを意識して行きたいです。

手術明けではありますが、連投に回跨ぎとお疲れ様でした。




赤上

今日もストレートが抜けていたので、制球面が課題なのは変わりません。






帯同していたはずの武隈投手が投げませんでした。

 


投手が少ないにも関わらず、登板しなかったですので、アクシデントがなければと思いますが。。







【野手】

Screenshot_20220331-155227~2


ヤクルト丸山投手が4四球で押し出しと乱調の中、さらに満塁で中熊選手のタイムリーです。


中熊選手は、やはり当てるのは上手いですね。ミートを維持したまま、パワーもつけて長打も増やしたいです。








ドラ3古賀選手に、プロ初ホームランが出ました。

粗さはありますが、パンチ力も魅力の選手です。この調子で打撃でもアピールしたいです。






滝澤選手が、昨日に続いて2安打です。


守備が注目されていますが、打撃でもアピールしています。普通にやっているだけでは支配下の道は険しいので、差別化を図るために、ライオンズにはあまりいない、スピード感のあるプレイを見せたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









4連勝と波に乗るライオンズですが、その立役者でもある主砲山川選手がアクシデントにより、昨日途中交代となりました。



Screenshot_20220330-201541~2





ハムストリングスを痛めたようで、肉離れの可能性もあります。


昨年も、札幌での日ハム戦で、ホームランを打った後のベースランニングで足を怪我してしまいましたが、今年も札幌で怪我です。


鬼門となりつつある札幌ドームですが、山川選手が絶好調だったという所が特に痛い所です。




ここ2年、フィジカル的な問題もありましたが、打撃が本調子ではなく、今季にかける想いは人一倍強かった山川選手です。


結果も出て、ようやく復活かと言う矢先のアクシデントは、気持ち的にも辛い部分もあると思います。



まだ程度は分かりませんが、昨年は翌日に即抹消され、そこから1ヶ月程度離脱しました。もし本日、山川選手が抹消となれば、昨年と同等の期間の離脱は覚悟となります。





軽症だったとしても、足を痛めたとなると打撃に影響が出そうです。また、さすがに今日の試合は休むでしょうから、代役が必要になります。











代役の一番手は呉選手です。

Screenshot_20220331-081213~2


ファースト守備は、チームトップクラスですので、むしろ守備面は固くなります。


山川選手のように、ホームランがある訳ではないので、昨日の打順から山川選手を抜いて、中村、外崎、栗山選手を一つ上に上げて、呉選手が7番ファーストになりそうです。


レギュラーを目指している選手ですので、チームとしてはピンチですが、呉選手にはチャンスです。居ない間にアピールしてやろうとという強い気持ちで出場してもらいたいです。










代役の2番手はジャンセン選手です。

Screenshot_20220331-081412~2


おそらく、明日からのロッテ戦で山野辺選手と入れ代わり、1軍に合流する予定だったと思います。



山川選手が今日抹消なら、緊急昇格もあるかも知れません。ただ、札幌では今日の1試合だけなので、山川選手を抹消しても、枠は空けたまはま既存メンバーで戦う選択をすることも、ライオンズは多いです。 



個人的には、それでもジャンセン選手は新外国人ですし、山川選手抹消ならすぐに1軍に合流させて、1軍慣れはしてもらいたいです。移動距離はありますが、3Aではもっと大変な移動もありますし、慣れていると思うので大丈夫だと思います。



ジャンセン選手は、山川選手のように大砲ではありませんが、コンタクトが良く空振りの少ない中距離ヒッターです。



また、サードを守れるので、中村選手を休ませながら起用するには必要な選手です。中村選手も怪我がちの選手ですので、離脱されると打線から大砲がいなくなるので、ジャンセン選手も使いながら無理はさせたくないです。










呉、ジャンセン選手共に良い選手ですが、現在リーグNo.1の成績を残している山川選手の代役となると荷が重いです。




4番には中村選手が入るでしょうが、まだ打球が上がらず、打撃の状態も本調子ではありません。山川選手不在となると、ホームランという確実に点が入る武器がなくなり、チームとしては大きな痛手です。



よって、昨日のように打線を繋げて点を取らなくてはなりません。昨日のように7連打は出来すぎですが、上位が出塁し中軸が返すという基本スタイルは変わらないので、山川選手の代わりにとホームラン狙いをするよりも、基本の形は崩さずに臨んでもらいたいです。




とはいえ、得点力のダウンは避けられません。




こういう時こそ、投手陣の頑張りが必要です。


先発も頑張っていますが、特に中継ぎ陣は、開幕から安定した結果を出しています。ただ、この時期から酷使するわけにも行かないので、やはり先発が長い回を投げる事が必要です。



今日は、昨年札幌ドームで11イニング無失点の與座投手が先発です。



日ハムは主力の放出で若返りましたが、相性の良いマウンドで、HQS目指して試合を作ってもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










本日の日ハム戦は、松本航投手の今季初登板ゲームです。


20220330_181047




オープン戦では3試合12回投げて、防御率2.25、WHIP1.17、K/BB3.67という成績でした。

K/BBはライオンズ先発陣の中では最も良く、四球が少なく三振が取れる投球を見せています。

松本投手の生命線はストレートです。


オフには球速アップのための取り組みをしましたが、オープン戦では昨年と同等くらいです。ただ、3/2の巨人戦は、立ち上がりの1イニングだけでしたが、150キロに迫るストレートで空振りを量産していました。

松本投手のスピンの効いたストレートの質に球速も加われば、さらなる飛躍に期待が出来ますが、直近のファーム調整登板では、あまり良い投球が出来ませんでした。

ストレートが鍵にはなりますが、それを活かすための変化球も使い、相性の良い札幌のマウンドで今季初勝利を飾ってもらいたいです。






本日のスタメンです。

Screenshot_20220330-173206~2

ライオンズの4番山川選手は絶好調です。

3連勝中は7安打8打点と、勝ちに繋がる打撃を見せています。今日対戦する日ハム加藤投手とは、ここ2年で7−1ですが、宮城、上沢投手と苦手投手を打ってきたので期待したいです。




【結果】

Screenshot_20220330-211251~2


先発松本投手は、立ち上がりこそ不安定でしたが、徐々に良くなって行きました。今日も中継ぎ陣は、安定したパフォーマンスを見せています。



打線は、日ハム加藤投手に5回まで1安打でしたが、6回ツーアウトから7連打を浴びせて5点を取り、4連勝を決めました。





【投手】

Screenshot_20220330-211342~2

松本

序盤は、ストレートが制球しきれない所もありましたが、徐々にストレートで押し込む投球が出来るようになってきました。

ただ、球速は140中盤から後半出ているものの、今日はストレートで空振りがあまり取れず、苦労するかと思われましたが、わりにスプリットが機能しました。

捕手の森選手も、スプリットが良いと感じたのか、多く投げさせていましたが、ストレートとのコンビネーションが効果的に使えました。

7回くらいまで行けそうなテンポでしたが、6回に清宮選手に打たれてピンチを広げた、ど真ん中のストレートが不用意でした。


ストレートだけでなく、今日のように変化球も使えるとなると、安定した投球が期待できますし、次回は、失投を減らして7回まで投げきれるようにしたいです。




佐々木

6回ツーアウト3塁のピンチで登板。

球速は140後半と、今日も走っていたので抑えたかったですが、少しストライク、ボールがはっきりしてしまい、タイムリーを打たれました。

ただ、次の打者はチェンジアップを3球続けて三振に取りましたし、調子は悪くはないので、引き続きブルペンを支えてもらいたいです。




水上

危なげなく3人で終わらせました。

ストレートの球速は140後半と出ていましたし、空振りも取れました。スライダーのキレも良かったです。




平良

昨日2イニング投げた平井投手は、今日は使えないので、早速セットアッパーとして登板です。

昨日は正直、日ハムの走塁ミスに助けられた、ラッキーな無失点でしたが、今日は日ハム打線の中軸を3者連続三振と、ラッキーではなく実力で抑え込みました。


MAX157キロと、流石に1軍だとギアも入ります。まだ万全ではないと思いますが、やっぱりモノが違いますね。他の投手とは、積んでるエンジンが違うかのようなパフォーマンスでした。





増田

149キロまで球速も上がって来ました。ストレートで空振りこそ取れませんが、球に力はあり、3人で抑えています。







【野手】

Screenshot_20220330-211318~2


愛斗、源田選手にヒットがありませんが、得点パターンである上位に結果が出ています。





6回。そこまで1安打に抑えられていた日ハム加藤投手から、なんと、

ツーアウトから鈴木選手から栗山選手までの7連打で、5点を取りました。



久しぶりに、打線のチームと思わせる攻撃を見せました。好投している投手の綻びを逃さず、畳み掛けました。




素晴らしい攻撃でしたが、アクシデントです。。。




山川選手が3塁オーバーランし、戻った所で足を痛めて途中交代です。

Screenshot_20220330-201718~2


最近の打撃好調から、調子の良いときほど怪我に注意をと、ここ最近書いていましたが、嫌な予感が当たってしまいました。




昨年同様に、札幌で怪我です。





病院へは行かずにアイシングとの事ですので、筋肉系のトラブルです。まだ試合の展開が決まってない場面でも交代させたので、もしかすると肉離れの可能性もあります。



山川選手は好調だっただけに、ライオンズ打線にとっても山川選手にとっても、痛いアクシデントです。









ライオンズは4連勝となりましたが、その立役者でもある山川選手のアクシデントは心配です。





明日の山川選手の様子を見てとなりますが、ダメそうなら、たとえ札幌1試合だけだとしても、流れを変えたくないので、ジャンセン選手をいつでも合流出来るようにしたいです。





とにかく、山川選手が軽症であることを祈ってます。







明日は、ライオンズは與座投手、日ハムは伊藤投手ではなく立野投手が先発です。




昨年は、立野投手とは1試合対戦し、6回3安打無失点に抑えられましたが、與座投手は札幌ドームとの相性が良く11イニング無失点です。




チームとしての相性は日ハムに分がありますが、先発投手はライオンズに分があります。




山川選手が心配ではありますが、明日は5連勝をかけて、與座投手の投球に期待したいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









本日のイースタンはヤクルト戦です。







昨日は、ファームの投手不足により、本田投手が154球の力投を見せました。




今日は、武隈投手が外れたので、ボー、佐野、出井、松岡、赤上投手の5人で試合を作らなくてはならない試合です。




今日だけならまだしも、問題なのは、追加メンバーがなければ、武隈投手を加えたこの6人は明日も投げなくてはなりません。









一応、3Aではジャンセン選手が投手をしたことがありますし、いざとなったら最強のユーティリティ熊代選手もやれるとは思いますが、そうならないように、今日は9回で終わりにしたいです。



試合結果よりも、投手起用が注目される試合です。






スタメンは、

Screenshot_20220330-123915~2


投手不足のため延長線は避けたいので、打線はとにかく点を取りたいです。

若林、高木、ジャンセン選手の上位打線で点を取りたいです。特にジャンセン選手は、昨日に続いてサードでスタメンです。色々お試しで守りましたが、1軍に必要なのは、打てるサードのバックアップですので、攻守共に状態を上げて行きたいです。もちろん、打てるサードなら渡部選手もですので、最近は不調ですが、脱出するきっかけを掴みたいです。




【結果】

Screenshot_20220330-160301~3



ベンチ入り5人の内、4人の投手で何とかやりくり出来ました。



中継ぎ投手でありながら、頑張ってくれましたね。



【投手】

Screenshot_20220330-160402~2


出井

前回1イニング26球を投げての中3日登板でしたが、5回途中93球投げてくれました。

20220330_145236


欲を言えば、5回を投げきってくれると助かりましたが、それでも頑張りました。


中継ぎ投手に欲しい、瞬間的な爆発力や尖った能力こそありませんが、先発をしていた時からゲームメイクする力はある投手です。

そういう意味では、本田投手を一回りダウンさせたような投手ですので、球速も変化球のキレもレベルアップして、本田投手のように谷間の先発を任されるような投手になりたいてます。

基本的には、制球力を武器にストレートとスライダーで打たせて取る投手ですが、より制球力を活かすために、カットなどでボールを動かすスタイルも良いと思います。






ボー

来日2度めの中継ぎ登板です。

Screenshot_20220330-145157~2


ワンアウト1、3塁からの登板でしたが、最速153キロのストレートで追い込み、チェンジアップで空振り三振に取るなど、見事な火消しでした。

5回途中から3イニング近く投げてくれましたが、球速も150キロを超えていましたし、空振りこそあまり取れませんでしたが、ストレートに力はありました。

全体的に球が高かったので、特にチェンジアップ、カーブと緩い球は低めに集められるように調整したいです。

ライオンズは中継ぎとして獲得しましたが、元々は先発投手なので、スタミナ的にもロングリリーフは出来そうなので、十亀投手のメンタルも含めた状態を見て、まずはビハインド要員として1軍候補にもなり得る投球でした。






松岡

今日は150キロ超えのストレートを連発し、MAX154キロと、力強いストレートが投げられました。

フォークも多く使いましたが、制球はまだまだですが、フォークで140キロ出ていましたし、低めに決まれば空振りも取れていました。

150キロを超えるストレートを投げられる投手ですので、安定したパフォーマンスが出せるようにしたいです。





赤上

先頭に、すっぽ抜けた球が頭部付近に行き死球となりました。頭には当たらなかったので良かったですが、危険球退場になると、あと1人しか投手がいないので、投手を節約したいライオンズ的にも危ない所でした。

ただ、今日はストレートが抜けることが多く不安定な投球。1点を失い、さらに同点のピンチとなりましたが、何とか切り抜けました。

延長戦となると、残りの投手は佐野投手のみでしたので、助かりました。





【野手】

Screenshot_20220330-160339~2


育成ルーキーの滝澤選手が2安打です。

センスある打撃を見せています。小柄な選手ですが、パワーもつけて力負けしない打撃も身につけたいです。





戸川選手の先制2点タイムリーです。

長打も出ていますし、良いアピールとなっています。現状、ファームの外野陣の中では最も打撃の状態が良い選手です。






若林選手は、今日も6回までの出場でした。

打撃成績は外野フライ3つでしたが、結果よりもまずは不安なくプレイが出来ることが優先です。

教育リーグでは、打撃好調で制限なくフル出場、さらには盗塁までしており、1軍復帰を匂わす辻監督のコメントもありましたが、そこから気温が低いことからもしばらく出場なく休み、試合復帰した昨日から再び制限付きでの出場となっています。

復帰に向けて一進一退といった所ですが、将来のある選手ですし、慎重で構いません。ファームで制限なくフル出場出来る状態を、少なくとも1ヶ月は続けて、コンディションに問題なれば1軍という流れ良いと思います。











今日の試合は、6人中4投手で何とかこなせました。




ただ、明日の試合は、今日球数多く投げた出井、ボー投手は投げないでしょうから、佐野、武隈投手に加えて、今日投げた松岡、赤上投手の4人で1試合投げなくてはなりません。




追加メンバーがあれば良いのですが、なければ佐野投手に出来るだけ長いイニングを投げてもらわなければなりません。




佐野投手で5回、武隈投手で3回、赤上投手で1回、延長戦の可能性のために松岡投手を温存といった継投ですかね。




この中では、武隈投手は1軍戦力になる可能性も高いため、本当は1軍と起用法を合わせて1イニング登板が良いのですが。。。




ファームの投手不足は、ファームの試合を捨てるだけでなく、1軍の戦力になるための調整も出来なくなります。




1軍も中継ぎ投手は不足していますが、ファームのこの状況だと上げられる投手がいません。




さらに、今季のファームはBCリーグとの試合も組み、試合数を増やしました。このままだと投手が壊れてしまう可能性が高まります。




この状況を放置している渡辺GMは、早急に改善してもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











↑このページのトップヘ