埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2022年04月

本日も京セラDでオリックス戦です。

20220430_134822



スタメンは、

Screenshot_20220430-133008~2

川野選手がプロ初スタメンです。

スイッチヒッターですが、ファームでは右打席がOPS1.000超えと左投手に対して強さを見せています。

今日は左の山崎投手なので期待したいですが、ジャンセン選手の代わりに昇格してから出番も少なく、実戦の打席は久しぶりとなるのが少し不安です。また、ファームでは3月後半から4月の上旬頃が好調期でしたが、時間が経ち状態がどうなのかも気になる所です。

川野選手にとっては、昨年飛躍を期待されながらも、ファームで結果が出ずにルーキーの山村選手との併用起用となりました。今季はファームでも結果を出しましたし、緊張するでしょうけども、このチャンスを活かしたいです。



先発は隅田投手です。

前回は制球が乱れ球も走らずに、プロ入り最短の3.1回で降板しました。

ルーキーですし、キャンプからアピールを続けていたので疲れも当然あると思います。チーム事情的に、休ませながら起用することが出来ないので、踏ん張り所です。

ルーキーながら、ここまでローテを守るだけでなく、高いパフォーマンスを見せてきました。援護が少なく勝ちには結びついていませんが、前回は先に2点を取ってもらい逆に力みました。

ルーキーに2点を守り抜こうと思わせずに、もっと楽な展開で投げられるように、昨日は拙攻続きでしたがチャンスは作れていたので、今日は大量点を取る展開にしたいです。




【結果】


Screenshot_20220430-170033~2



昨日と同様に、今日もランナーを出しながら点が取れない拙攻の嵐でした。


9安打と打ててはいますが、ここぞの場面を作ってもツーアウトが多く、タイムリーしか点が入らない状況は今のライオンズには苦しかったです。


初回にいきなり1、2番で点を取りましたが、そこで押しきれなかったのは痛かったです。





【投手】

Screenshot_20220430-170126~2

隅田

2回までは制球も悪く、球にキレもなく、ストレートもイマイチ走らない状態でどうなるのかと心配でしたが何とか1失点で抑えると、3回からは変化球中心に切り替えて立ち直りました。

いつもよりは制球もキレもイマイチではありますが、それでも落ちる球で空振りが取れるのは流石でした。

何より、ルーキーにも関わらず、2回までの悪い状態から試合中に立ち直れるのは凄い投手です。


2月のキャンプからしっかり仕上げて来た投手ですし、初めてのプロのシーズンでローテを回しているので、疲れも出てきていると思います。

チーム状況は分かりますが、今後も考えて出来れば1度登板を飛ばして、本田投手や渡邉投手を代わりに先発させて隅田投手を休ませたい所です。





本田

先日2点リードの大事な7回を任され、見事に無失点に抑えましたが、今日もわずか8球で1イニングを抑えました。

中継ぎ投手のように、これといった尖った武器がある訳ではありませんが、安定してストライクを取れるというのも大きな武器です。

ファームのイニングイーターに戻るくらいなら、場合によってはロングリリーフも先発も出来る中継ぎとして定着させたいです。




平井

吉田正尚選手に2打席連続となる、勝ち越しのホームランを打たれてしまいました。
今日は右打者からもスライダーで空振りが取れなかったですし、苦しい投球となりました。水上、宮川、佐々木投手の居ない状況が起用法を狭めた結果となりました。




【野手】

Screenshot_20220430-170105~2


9安打と打ってはいますが、点に結びつきませんでした。




試合を振り返ると、



初回から、オグレディ選手の先制タイムリーです。

昨日は4三振と、チャンスを潰してしまう日でしたが、しっかり切り替えて1打席目から結果を出しました。波はありますが、長打をどんどん狙ってもらいたいです。


ただ、このあと外崎、山川、呉選手と3者連続三振とオリックス山崎投手を崩しきれなかったのは痛かったです。





5回には、川野選手にプロ初ヒットが出ました。




さらに、1点勝ち越された7回には、牧野選手がバットを折りながらの3塁打を放つと、

川野選手の犠牲フライで同点にします。


ライオンズ打線は、悪いながらに頑張った隅田投手を、今日も見殺しにしてしまったので、負けを消したのは良かったです。








今日も昨日の再現のように拙攻続きでした。


ノーアウトでランナーを出すも潰してしまい、ビッグチャンスを作ってもツーアウトからでタイムリー以外は点にならない厳しい状況と、上手く行きません。





ただ、新たなコロナ感染者が出ていませんし、水上、宮川、佐々木投手の抜けた今のチーム状況なら、個人的には5割で行ければと思っています。




明日勝てば、今週の敵地6連戦は5割です。



しっかり切り替えて、明日は勝ってもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








イースタンはベルーナドームでヤクルト戦です。

20220430_125426




スタメンは、

Screenshot_20220430-123727~2


若林選手はライトでスタメンです。

本日、秋山選手の獲得オファー報道がありました。


もし獲得となれば、ベテランになったとはいえ秋山選手以上のセンター守備が出来る選手は、ライオンズには居ません。特に若手野手は、グラブに当てながら取れないという球際の弱さが見られますが、秋山選手は球際にも強い外野手ですので、センターを固定出来ます。

若林選手には、まずは全力でプレイ出来る身体に戻すことが最優先ですが、センターだけでなくライトやレフト守備も慣れておきたいです。




【結果】


Screenshot_20220430-161412~2



単打ばかりでしたが、面白いように繋がり12安打8得点取りました。



中継ぎ陣は不安定な投球でしたが、先発豆田投手は7回を2失点と試合を作り、勝利です。




【投手】



Screenshot_20220430-161457~2

豆田

7回5安打2失点と試合を作りました。

球速は140そこそこですが、それでも高めで空振りが取れるマジカルストレートの持ち主ですが、今日もそのストレート主体の投球で抑えています。

変化球も高めに行くことが多いので、ストレートは高く行ったとしても、変化球に関しては低めに集められるようにしたいです。


先発としてイニングを稼ぐことも出来るようになりましたし、入団時と比べてしっかり成長している投手です。

今日は115球を投げましたが、前回もでしたが、初回から最後まで、ストレートの球速が変わらない所は良いところです。

スタミナも十分ある所はアピール材料ですが、欲を言えば球速がもう少し欲しいです。140中盤から後半出るようになれば、面白い存在になると思います。




松岡

味方エラーや自らの暴投などもあり失点はしましたが、目先の利益課題は制球ですので、今日のように四球は出さずに抑える登板を続けたいです。




公文

スライダーを多投しましたが、空振りが取れず制球もイマイチで、左打者2人に四球、3塁打とされました。

ストレートで左打者から三振も取れましたが、スライダーの状態を上げないと1軍では苦しいです。

1軍では左の強打者相手の登板が想定されるため、ストレートとスライダー両方が使える状態にしたいです。





【野手】


Screenshot_20220430-161859~3


今日は、5回までに10安打7得点と打線爆発でした。

10安打全て単打というのは気になる所ですが、それでも打線が繋がったのは良かった所です。

毎回毎回ここまでヒットが続く事はないので、やはり長打を打てる打者は長打を狙ってもらいたいです。





若林選手は、2安打1四球1盗塁です。

今日は5回で交代しました。今日は盗塁もしましたし、タイムリーも出て良かったと思います。

無理する必要はないですが、ファームで盗塁を重ねて、全力で走る感覚を取り戻して行きたいです。

もし秋山選手がライオンズに復帰してくれたとしても、若林選手はライオンズに必要な外野手です。競争も激化するでしょうし、しっかり身体を戻して秋山選手に挑戦していきたいです。







1軍打線はなかなか点が取れていないので、川越、高木渉選手辺りは昇格候補になります。


ファームで状態を上げていますし、入れ替えも考えてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






ライオンズは、レッズを退団した秋山選手に獲得オファーを出すことを渡辺GMが明言しました。








4月末までに決まらなければ日本復帰と昨日報道されましたが、本日は各紙、ライオンズが獲得オファーと報じていますので、いよいよ情報解禁となり、獲得レースがスタートです。



獲得出来るかは分かりませんが、まずは一番に獲得報道されたのはホッとしました。



ライオンズへの貢献度も高い選手ですし、ファンも多い選手です。ライオンズファンとしては獲得オファーを一番に報道されたのは良かったです。






後は、獲得出来るかです。



秋山選手は、まだまだ戦力になる選手ですし、松井稼頭央、松坂大輔のように引退の花道のための古巣復帰ではありません。




各球団が獲得に乗り出しますし、よりによって資金力No.1のソフトバンクが獲得オファーを出すことが濃厚のため、マネーゲームは必須です。




ライオンズの資金力だと、マネーゲームには勝てません。



そのため、秋山選手の古巣愛に縋りながら、どこまで本気のオファーが出来るかが鍵です。





青木選手がヤクルト復帰の際は、3年10億とも言われていますので、目安は単年3億前後くらいだと思います。




ライオンズにそこまで出せるのか分かりませんが、古巣愛に縋るだけでなく誠意は見せたいです。




昨年戦力外となった楽天の牧田投手を見ていても、日本復帰の際に金額がプロとしての評価という考えで楽天を選びましたが、ベテランとなり少しでも長く現役を続けたいという気持ちに変化も生まれます。



秋山選手もそういう事例を見ているでしょうし、ライオンズに復帰してくれるなら、おそらく中村、栗山のような扱いをしてくれると思うので、本人が望むまで現役は続行出来ます。




その辺をアピールしたいです。






年俸のベースはソフトバンクには勝てないので、複数年を増やして4年契約くらいを提示してもらいたいです。



今季は1.5億、来季からは2.5億をベースに出来高を含めて、4年10億出せればソフトバンクがもっと出したとしても、秋山選手にとっても恥を欠かないオファーになると思います。






心配なのはチームとしての予算です。




秋山選手は復帰してもらいたいですが、最優先は森友哉選手の残留です。





他にも山川選手、外崎選手、源田選手と残ってもらいたいFA間近の選手もいます。




特に、森友哉選手は非常に価値の高い選手ですので、そこに資金を投入出来なくなると言うのであれば、残念ではありますが秋山選手からの撤退も視野に入ります。



西武グループの今後の経営状況の見通しも考えながら、先を見据えた補強となるようにしてもらいたいです。







渡辺GMの腕の見せ所です。




Screenshot_20220430-083730~2



秋山選手との関係性は悪くないです。



獲得に向けてしっかりコミュニケーションを取ってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








本日から京セラDでオリックス戦です。

20220429_174745




オリックス先発は、ワゲスパック投手が来日初先発です。

昨年、ブログでも取り上げましたが、3Aでエンス投手のように抜群の成績を収めた右腕です。


ファームでは、3試合12回を投げて防御率0.75、WHIP0.67、K/BB4.25と素晴らしい成績です。


ファームでは、ほぼストレートとスライダーの投手ですが、ストレートのキレがよく奪三振率12.75と三振が取れます。また、与四球率も3.00と制球も悪くないです。


空振りを取れるストレートが武器ですが、ファームでは変化球の精度はそこまで高くはないので、ボール球の見極めと、ストレートに力負けぜずに打ち返して攻略したいです。





スタメンは、

Screenshot_20220429-173600~2


今日は中村、鈴木選手の6、7番です。


最近は6、7番以外は定番の打順となっていますが、不調の中村選手を今日も起用しました。

おそらく、大砲の補強は今季はもうないので、中村選手の復活待ちとなります。

比較的振れていた山田選手を差し置いてのスタメンに、批判もあると思いますが、起用されたからには、今日の試合でもし結果が出なくても、復活に向けたきっかけを掴んで貰えればと思います。




昨日アクシデントにより降板したスミス投手は抹消となり、佐野投手が昇格しています。

佐野投手は先発として、ファームのイニングイーターが主な役割となっています。

特別状態が良い訳ではありませんが、佐野投手にとってはファームの酷使から解放されるチャンスでもあるので、力強いストレートをゾーン内に投げ込む投球を期待したいです。

ただ、左腕ですが決して左キラーではないので、起用法には注意したいです。




【結果】

Screenshot_20220429-210752~2


オリックス打線の不調にも助けられましたが、それ以上に今日はライオンズ打線が酷かったです。


拙攻の嵐で、7イニング連続得点圏に進めながら無得点でした。



負けに不思議な負けなしという試合でした。



【投手】

Screenshot_20220429-210829~2


髙橋光成

8回3安打無失点と素晴らしい投球でした。

今日はストレートとスライダーが中心の投球でしたが、上手くゴロを打たせながら抑えました。

正直、甘い球も多かったのですが、オリックス打線の不調にも助けられました。



ライオンズ打線も人の事言えませんが、オリックスは4番以外は苦しい状況ですので、その4番の吉田正尚選手と無理に勝負しないでも良い状況を作れたのも大きかったです。


エースの力投に守備も良いプレイを見せました。
先日も似たようなプレイがありましたが、外崎選手も良いタッチでした。

柘植選手も使われるようになってから、盗塁を刺しまくっているので、過信は駄目ですが、自信にしてもらいたいです。





平良

先頭に四球、捕逸でランナーを進められ、最後は宗選手に159キロのストレートを弾き返されてサヨナラ負けです。


多くの方が同じような事を言うと思いますが、平良投手が打たれたらしょうがないです。

次はきっちり抑えてくれると思います。

致命的な捕逸でピンチを作ってしまいましたが、柘植捕手も反省し、切り替えてもらいたいです。






【野手】

Screenshot_20220429-210812~2


オリックス先発ワゲスパック投手を、捕らえられませんでした。ストレートが速くキレもあり三振も増えました。特にオグレディ選手は全く合いませんでしたね。



ただ、チャンスは作りました。


3回から7イニング連続得点圏に進めながら無得点と拙攻です。


ワゲスパック投手からは球数を稼いだ事もあり、5回で降板させましたが、中継ぎ陣からも同様に拙攻でした。




7回は、先頭の柘植選手の2塁打でノーアウト2塁となり、打撃好調の金子選手にバントを指示しましたが、三振となり後続も倒れて無得点となってしまいました。

バント指示の是非はありますが、1点を争う試合展開の終盤でバッター金子選手なら、好調とはいえバント指示は理解出来ます。ただ、指示されたなら決めたかったですね。最大のチャンスを逃しました。





8回はツーアウトながら、呉、中村、代打山田選手が3連続四球で満塁にしましたが、柘植選手が倒れて無得点でした。


良い粘りを見せましたが、ツーアウトからというのが苦しかったです。






9回は、源田選手の神走塁でチャンスメイクです。

ライトのラベロ選手の守備位置や動作を考慮して、初めから狙っていましたね。素晴らしい走塁でした。

ただ、オグレディ、外崎選手と倒れてまた無得点でした。オグレディ選手は4三振と今日は当たりませんでした。









3回から毎回得点圏に進めながら点が取れない、負けるべくして負けた試合です。



特に7回の、ノーアウト2塁からの無得点が痛かったです。コロナ感染者により苦しい投手陣の中、頑張ったエースを見殺しにしてしまいました。




今年は、チャンスの場面でのバントミスや走塁ミスといった、ミスが目立つシーズンですので、気を引き締めてプレイしてもらいたいです。










打線が情けない負け方でしたが、不調の中村選手が2安打1四球と、今日は3出塁したのは明るい話題です。




まだ打球は上がりませんが、ボール球を振りまくる打撃の底は抜けたと思います。今の拙攻続きのライオンズ打線には、長打を打てる選手が必要です。明日の試合も期待したいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










ファームは、ベルーナドームでヤクルト戦です。

20220429_125231




ファームの選手にとって今日、明日は、1軍本拠地のベルーナドームで試合が出来る貴重な試合です。


公文、岡田、川越、高木渉選手といった1軍昇格の可能性がある選手にとっては感覚を取り戻す良い機会です。若手選手も、いつかこの舞台でプレイしたいと、モチベーションにもしてもらいたいです。





スタメンは、

Screenshot_20220429-123608~2

先発は内海投手です。

4/7以来の久しぶりの登板です。

内海投手は今日で40歳となるバースデー登板となりました。

前回は7回81球3安打無失点と素晴らしい投球を見せました。兼任コーチではありますが、選手としても戦力です。今井、スミス投手の怪我もありましたし、先発候補として準備をしておきたいです。



【結果】


Screenshot_20220429-154102~2



内海投手の好投、戸川選手の2打席連続タイムリーと、本日誕生日のバースデーコンビの活躍で勝利です。



【投手】


Screenshot_20220429-154148~2

内海

6回3安打無失点と、今日も好投しました。

投手不足の今季は、ゼロに抑えながらイニング消化もする活躍ぶりです。

ピンチらしいピンチは、初回。先頭から3連打浴びますが、牽制アウトと併殺で無失点に抑えました。

ランナーを貯めてもバタバタしないのは流石でした。結局ヒットを打たれたのは初回のみで、2回以降はノーヒットピッチングでした。

スライダー、チェンジアップを低めに集めてましたし、ストレートは速くはありませんが、インローやアウトローに決める制球があり、三振も奪えています。


これで、イースタン3試合18イニング無失点です。





田村

3/21オープン戦以来の実戦登板です。

Screenshot_20220429-145609~2

いきなり先頭にストレートを3塁打され、続く打者の内野ゴロの間に1点取られました。ただその後は、抑えています。

良いときの田村投手は、150キロ近いストレートで押して行き、チェンジアップで空振りも取れる投球が出来ます。

キャンプでは、そういう投球が出来ていたので、そこまで状態を上げて1軍の戦力になってもらいたいです。




菅井

公式戦初登板です。

Screenshot_20220429-152522~2

高卒育成左腕投手です。

相手のレベルが決して高くはないとは言え、高校通算13試合85.1回で奪三振率14.34と、高い奪三振能力を持っています。与四球率5.59と制球に課題はありますが、スライダーが武器の左腕投手ですので、左キラーとして頭角を現してもらいたい投手です。

今日はストレート中心の投球でしたが、まだストレートに力がなく弾き返されて1点を失いました。ただ、右打者のインコースに投げ込み差し込ませたりもしていたので、今後に期待したいです。




赤上

制球が課題の投手ですので、四球を出さなかった事は良かったです。

チェンジアップやカーブで緩急を使いましたが、長所のストレートを活かすためにも、ゾーン内に速いストレートを投げ込める投球を続けたいです。







【野手】


Screenshot_20220429-154129~2



本日誕生日の戸川選手が、2打席連続のタイムリーです。

今日はファーストを守りましたが、打力を活かすためにも良いと思います。打力を活かすなら、ファーム相手に圧倒する成績を残したいので、打力特化の選手となれるようにしたいです。





古賀選手が2安打1四球です。

ファームでじっくり育成していますが、森選手が戻ってくればなかなか1軍で出場するチャンスもないので、打撃の状態が良い今の内に、1軍で使ってもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








↑このページのトップヘ