埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2022年05月

本日もイースタンは、1軍主力調整組の出場する、注目度の高い試合となります。







スタメンは、

Screenshot_20220521-133859~2


オグレディ、森、呉選手のクリーンアップです。

1軍さながらの中軸となりました。結果よりも内容やコンディションを重視して、くれぐれも怪我をしないように準備して臨んでもらいたいです。




先発はルーキー黒田投手です。

ブルペンには、昨日2イニング投げた佐々木投手、昨日1イニングの田村投手、一昨日3イニングの赤上投手、中1日とは言え毎試合のように投げている松岡投手と疲労困憊の中継ぎしかいません。

ルーキーをイニングイーターに使うのは、デメリットが大きいのでやめてもらいたいですが、そうも行かない状況です。

苦しい状況ですが、出来るだけ長いイニングを投げてもらうしかありません。




【結果】

Screenshot_20220521-164014~2


DeNA先発京山投手を打ち崩せず敗戦しましたが、ライオンズは黒田、赤上投手で無理やり終わらせた感のある試合だった割に、僅差での試合となりました。




【投手】

Screenshot_20220521-164100~2


黒田

初回は球速が150キロ出ましたし、スライダー、フォークが低めに決まれば空振りも取れました。

ただ、球速が徐々に落ちていき、5回には140キロを下回るようになりました。

本来なら、まだ育成段階の高卒ルーキーですし、5回で交代させてあげたい所ですが、投手が足りないため6回も行かせました。スタミナ不足もあり球威も制球も落ち、連続四球でピンチを作って降板しました。

今までの先発登板の中では良かった方でしたので、5回で代えて、良いイメージを残したまま交代させたかったです。

ただ、黒田投手にとっては、ライオンズの正捕手とバッテリーを組めたのは、良い経験になりました。




赤上

3イニング登板から中1日で、再び3イニング登板と驚きの起用法です。

立ち上がりからストライクが入らずに、四球、さらには死球で押し出し、そしてタイムリーも浴びました。

ただ、回跨ぎとなった2、3イニング目は、カーブを上手く使いながら抑えています。


課題の制球難が改善出来ないと支配下は遠ざかりますが、慣れないロングリリーフから中1日で再びロングリリーフと、起用法的にもイニングイーター扱いとなってしまっているため、育成するにも難しくなってきました。

とにかく壊れないように、ケアをしてもらいたいです。





【野手】

Screenshot_20220521-164036~2


西川、中熊選手が好調です。

西川選手は復帰してから打撃好調です。良い走塁は見せていたので、まだ守れないのは肩だと思います。高校時に大胸筋断裂をやっているので心配ですが、夏頃には1軍戦力となってもらいたいです。



中熊選手は、2安打1四球と絶好調で打率も.305まで上げました。

長打が少ないのは懸念されますが、第3捕手兼ファーストとして、現コーチの上本氏のような立ち位置を掴み、支配下昇格を狙いたいです。




コドラド選手に、来日初ヒットが出ました。

外国人はやってみないと分からない部分が大きいですが、育成で獲得しましたし、当初の見込み通り即戦力としては厳しいです。

ただ、きっかけを掴んで大化けさせることが、そもそもの獲得目的ですし、1打席でも多く入り、練習もコーチと共に一生懸命行い、長距離砲として成長してもらいたいです。





オグレディ選手は、右飛、右飛、四球でした。

6回の守備から交代しました。

他の選手と比べると、離脱期間は短いですし、ヒットは出ませんでしたが四球は選べていますので、しっかり準備できれば大丈夫だと思います。




呉選手は、中飛、投ゴロ、四球でした。

7回に四球で出塁し交代しました。

オグレディ選手同様にヒットは出ませんでしたが、四球は選べています。選球眼も武器の選手ですので、1軍でもボール球に手を出さない打撃を期待したいです。





森選手は捕手としてフルイニング守りました。

ファームの過酷な投手運用は、ライオンズの正捕手にはどう写ったでしょうか。

今日はまだまだ半人前の黒田、赤上投手をリードしました。炎上する事もある投手ですが、上手くリードして試合を作りました。投手も1軍の正捕手相手だと気合が入ったかも知れませんね。


打撃面では1安打1四球でした。

天才的な打撃センスを持っているので、上手く合わせてしまえるため、合わせてレフトに運ぶ打球が多かったですが、今日は引っ張ってライトにヒットが出たのは良かったと思います。


正直、まだ物足りなく本調子ではないと思いますが、少しでも状態を上げて1軍に合流したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









もう怪我人を出したくない、札幌ドームでの日ハム戦です。




20220521_135217




昨日足を痛めた金子選手は、右ハムストリングスの肉離れで離脱となりました。

Screenshot_20220521-121122~2

今季は戦力となっていただけに、非常に残念です。しっかり治して、またチームの戦力になってもらいたいです。


金子選手の代わりの外野手は上げずに、今日は戦うことになります。順調なら、来週からは森、オグレディ、呉選手が戻ってきます。それまでは我慢の展開となる事が予想されますが、個人的には当落線上の選手達が奮起して、1軍残留を結果で掴み取るような活躍を期待しています。

ラストチャンスだと思って必死なプレイをしてもらいたいです。





スタメンは、

Screenshot_20220521-133831~2


今日も我慢が必要な打線です。

同時刻に行われているファームでは、若林、西川、オグレディ、森、呉選手と、1軍よりも打てそうな打線になっていますが、昨日3安打の山野辺選手、打撃が良くなってきている愛斗選手に何とか結果を出してもらいたい、山川選手の長打に期待したいです。



先発は内海投手です。

今井、スミス、松本投手が居ない中、こうやってスポットで入ってくれる内海投手が選手として居てくれて良かったです。

中継ぎは比較的好調なため、行けるところまで全力で投げ、最小失点で中継ぎにバトンタッチしたいです。




【結果】

Screenshot_20220521-170355~2



打線はまだまだ我慢が必要です。エース級投手相手だと、今の駒不足の状況では苦しいです。


3タテは避けたいですので、明日は何とか山川選手の前にランナーを貯める展開を増やしたいです。



【投手】

Screenshot_20220521-170415~2


内海

今の打線の状況では3失点は重いですが、谷間の先発として4.2回3失点は十分な投球です。

打ち取るまでにボール球も増えて、今日は球数も嵩みましたが、しっかり役割は果たせたと思います。

今井、スミス投手はしばらくかかりますし、松本投手はそんなにかからないとは思いますが不透明ですので、交流戦でも出番がありそうです。

次戦に向けて調整を続けたいです。



宮川

ツーアウト2塁からの火消し登板でしたが、三振で切り抜けました。

回跨ぎとなりましたが次イニングも、ストレートが走り、フォークは空振りが取れる良い投球を見せました。



十亀

今季は奪三振率の高い投球を見せていましたが、今日は制球がイマイチでした。

ただ、打線の状態的に敗色濃厚でしたので、イニング消化をしてくれただけでも助かります。




【野手】

Screenshot_20220521-170431~2


2安打と打線は機能しませんでした。




苦しい展開は続きます。


今日のファームの打線は、若林、西川、オグレディ、森、呉選手の1〜5番でしたが、このファームの打線の方が期待値が高そうな時点で、1軍の駒不足感が強調されます。


その中でも、愛斗選手はコンパクトなスイングにしてから結果が出ていますし、滝澤選手も9番ショートの座をものにしつつあります。



明日は交流戦前最後の試合となりますが、1軍メンバーは変わらないので、何とか山川選手の前にランナーを貯められる状況を作りたいです。






我慢の時期ではありますが、明日も負けるようだと主力が復帰した所で、借金を返すのが精一杯となってしまいます。





長打が打てる山川選手以外は、打てなくても粘るとか、しっかり守るとか、基本的な部分は疎かにしないようにしてもらいたいです。




何回も期待してますが、明日こそ普段は控えの現スタメン達の奮起を期待してます。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






本日のイースタンはDeNA戦です。



本日、育成の新外国人ヘレラ投手の入団発表しました。

Screenshot_20220520-170507~2

最速156キロとのことですが、渡辺GMからはストレートで押すタイプではなく、ボールを動かし配球を組み立てて抑えるタイプとの事です。


また、先発要員として獲得したということで、当面は投手不足のファームのイニングイーターになってくれればと期待したいです。



また、同じく育成の新外国人コドラド選手は今日からファーム帯同です。

Screenshot_20220520-172356~2

ガタイの良い選手です。

当たればホームランが出そうなパワータイプの身体ですので、日本に適応出来るように成長させたいです。





今日からのファームは、オグレディ、呉選手も復帰し、森選手らと合わせて1軍戦力組が調整で出場する、注目度の高い試合となります。

スタメンは、

Screenshot_20220520-173043~2


呉、コドラド選手がスタメンです。

呉選手はショートに入りました。

最近はセカンド、ファースト、サードでの出場が多かったですが、源田選手の復帰時期が不透明ですし、指名打者のないセ・リーグ主催の交流戦を見据えて、念の為、ショートの準備も行うことになりました。



コドラド選手は早速スタメンです。すぐにでも戦力とは考えていないと思うので、1打席でも多く立って日本の野球に慣れたいです。



また、森選手は指名打者で出場、オグレディ選手は今日の出場はありません。




【結果】

Screenshot_20220520-211244~2



先発渡邉投手は、あまり良い内容ではなかったですが、試合を作りました。



打線もあまり良くはなかったですが、相手の四球を上手く得点に結び付けられ、勝利しました。





【投手】

Screenshot_20220520-211325~2


渡邉

ストレートが高く行くことはありますが、スプリットが低めに決まり空振りも取れました。

ただ、制球が課題の一つである投手ですので、4四球は良くないです。

ファームに落ちてから、スプリットが空振りを奪える球として機能する試合が多いです。また、緩急をつけるためのカーブも持っている投手です。

ストレートを活かすための変化球を持っている投手ですので、投球の軸となるストレートをしっかり制球出来るようにしたいです。



佐々木

今日は2イニング投げました。

抑えてはいますが、ここまでのファームでの投球同様に、球速が140キロそこそこと物足りないです。

良いときは150キロ近いストレートを投げますが、そこまで行かなくとも、145キロ前後のストレートは投げられる状態に戻したいです。



田村

センター鈴木の後逸もありピンチを作りましたが、最後はストレートで2者連続三振で抑えました。

球速こそ140キロそこそこと物足りないですが、良い所に投げ込めました。






【野手】

Screenshot_20220520-211308~2


中熊選手が今日も2安打と好調です。

打率も.291まで上げてきています。ミートに優れた打撃はアピール出来ているので、後は長打も増やして、もう1段階上に行ける所をアピールしたいです。




本日から復帰の呉選手は、1安打1四球です。

Screenshot_20220520-213601~2


ヒットも出ましたし、長所の選球眼を活かして四球も選びました。期待が持てる内容でしたので、後は怪我をせずに、コンディションを整えて行きたいです。






指名打者でフル出場した森選手はノーヒットです。

ゴロアウトが多いです。交流戦までには、ボール球に手を出さず、打ち損じを減らして長打が打てる状態に上げてもらいたいです。






コドラド選手のデビュー戦は、空三振、併殺、見三振、空三振でした。

Screenshot_20220520-213523~2



パワーはあるが扇風機という前評判通り、今日は3三振です。

即戦力ではなく化けること前提の選手なので、大きく成長するためのきっかけを、今季見つけたいです。





1軍に同様に守備がイマイチです。

今日はサードを守った渡部選手は、ファンブルにより失点しましたし、失点にはならなかったですが、センター鈴木選手は後逸しました。

昨年もファームの守備崩壊は、課題ではありましたが、雑なプレイは避けたいです。




また、今日は12三振と振り回しました。

コドラド選手3三振、渡部、鈴木、山村選手は2三振です。

特に鈴木選手は、今日はタイムリー3ベースを放ってアピールしましたが、空振りも多く、守備ミスもありました。

金子選手の怪我次第では、急遽の昇格もありますので、しっかり準備したいです。








今日はライオンズ的には、森、呉、コドラド選手が出場する注目度の高い試合でしたが、

一番印象に残ったのはDeNAの育成石川投手でした。


ライオンズ1軍打線の主軸でもある、森、呉選手を含む4者連続三振はお見事でした。



ライオンズもファームで燻る若手達は、こういうアピールをどんどんやってもらいたいです。








辻監督から、森、オグレディ、呉選手は交流戦から復帰する事が明言されました。

 



ファームではあと2試合調整機会がありますので、調整することも大事ですが、怪我をしないように気をつけてもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






ライオンズは本日から日ハム戦です。

20220520_174931




スタメンは、

Screenshot_20220520-173514~2


先日同様に駒不足感が否めない打線となります。

ファームでは、森、呉、オグレディ選手が調整をしていますので、戻ってくるまでは何とか我慢して戦いたいです。



先発は髙橋光成投手です。

最近は、安定した投球を見せています。大量得点は期待できない部分もあるので、あまり相性の良くない日ハム相手でも安定感ある投球を期待したいです。



【結果】

Screenshot_20220520-210447~2


幸先よく先制しましたが、その後追加点を取る程の勢いはなく、逆に日ハム打線に一気に逆転されてしまいました。


比較的振れていた金子選手も怪我をしましたし、駒不足の打線が明日以降、さらに心配となる一戦でした。




【投手】

Screenshot_20220520-210335~2

髙橋光成

今日はストレートが良く、力もありました。

ストレートの質的に、空振りが取れるタイプではありませんが、今日は空振りも取れ、ストレートの状態は良かったと思います。

しかし、7回にヒット2本と四球で満塁にすると、フォークが落ちきらずに、逆転のタイムリーを打たれました。

ここで切りたかったですが、続く打者に四球を出して交代となりました。

落ちきらないフォークを打たれたのは悔やまれますが、打たれる前、そして打たれた後に出した四球が余計でした。




森脇

フォーク、ナックルカーブと、変化球は低めに決まり空振りも取れていましたが、ストレートが甘く入りタイムリーを打たれました。

変化球は良い所に投げられていますが、ストレートはキャンプの時は、もう1段階上のストレートが投げられていましたので、ストレートの力強さも戻したいです。



ボー

球は速いですが高めに行くことが多く、ストレートの制球が不安定です。ただ、カーブやスライダーと変化球を振らせて無失点で抑えました。

宇佐美選手から三振奪ったように、速いストレートとカーブのコンビネーションを上手く使いたいです。





【野手】

Screenshot_20220520-210518~2



試合を振り返ると、




初回、山野辺選手の2ベースに続き、金子選手がセーフティを決めてノーアウト1、3塁としますが、1塁ベースを駆け抜けた金子選手が足を痛めて交代するアクシデントです。


ライオンズにとって札幌ドームは、怪我がつきものの嫌な球場ですね。貧打の打線の中でも比較的好調な金子選手の離脱は痛いです。




しかし、愛斗選手の内野ゴロで先制が出来、さらに、

山川選手のタイムリーで、初回から2点をとりました。

ノーアウト1、3塁から1点ではなく、もうひと押し欲しかったので、大きなタイムリーとなりました。




金子選手が怪我をしましたが、山川選手にとっても札幌ドームは2年連続で怪我をした、縁起の悪い球場です。



守備につく際は、塩を撒いてから守りました。

Screenshot_20220520-190158~2

もう怪我をしてほしくないですね。







その後は、ヒットは出ましたが日ハム伊藤投手に要所を抑えられました。



7回には、ルーキー滝澤選手が伊藤投手からヒットを打ち、果敢に盗塁もしましたが、リプレイの結果アウトになる惜しいプレイもありました。




そして、



チームが逆転された8回。



この回から登板の石川投手から、山野辺選手がプロ入り初の猛打賞となる2ベースでチャンスを作ると、

岸選手のタイムリーで1点返します。


さらに、ツーアウトながら1、2塁で川越選手でしたが三振で、この回1点止まりでした。

ノーアウトから1、2番で点を取り、一気に行きたかったですが、そこまでの勢いはまだなかったです。




ただ、山野辺選手は3安打に盗塁も決めるなど、今日は良い働きを見せました。

ポカの多い選手ではありますが、今日の3安打の内、2ベースが2本と長打も打てる魅力もあるので、これを継続させたいです。







投手陣が頑張っていますが、打線の勢いがありません。




辻監督は、交流戦から森、オグレディ、呉選手が1軍に合流するとコメントされました。


離脱者も多く、駒不足なのはしょうがないですので、主力が戻ってくるまでもう少し我慢の試合が続きます。






明日の先発は内海投手となりました。

前回、5/7に1軍登板してから投げていないので、使い所が気にはなっていましたが、明日の先発となりました。



調整不安はありますが、前回好投した日ハム相手ですし、上沢投手とのマッチアップではありますが、何とか試合を作れるように期待をしたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









ファーム調整中の、森選手、オグレディ選手は来週の交流戦初戦から1軍合流が濃厚との報道です。





森選手は、いよいよ復帰が近づきました。

当初の見込みでは6月くらいに復帰かと思われていましたが、患部は順調に回復し、ファームで捕手も行っています。

まだ調整は必要ですが、ファームで調整以外やることはない選手ですので、コンディションさえ良ければ1軍となります。

森選手はライオンズの投打の柱です。

怪我の経緯は、辻監督からも苦言を呈されましたが、終わったことですし気持ちを切り替えて、チームの勝利に貢献してもらいたいです。






オグレディ選手も1軍合流間近です。

オグレディ選手は、怪我やコロナではなく、夫人の出産のための一時帰国でしたので、コンディションを整えたら1軍です。

怪我やコロナ明けの選手と比べれば時間はかからないと思いますので、今日からのファームでの試合で調整して、来週から1軍で再び活躍してもらいたいです。







他にも今日から、呉選手がコロナから復帰します。

しばらく実戦からは離れているので、来週頭からは難しいかも知れませんが、水上投手もすぐに上げましたし、ファームでの内容が良ければ来週からの昇格もあると思います。

コンディション的に、来週からの昇格が難しくても、1軍復帰までそんなに時間はかからないと思いますので、近いうちに1軍で勝負強い打撃が見られそうです。




佐々木投手も、ファームで調整中です。

水上、宮川投手よりも時間がかかりましたが、ファームで復帰しています。

まだ球速が140前半程度と本調子ではありませんが、状態を上げれば1軍へとなります。









ファームは、森選手、オグレディ、呉、若林、西川、渡部選手と、なかなか魅力的な打線になりそうです。ここに、育成の新外国人コドラド選手も今日から加わりますので、ファームの注目度は高いです。




1軍が貧打なだけに、復帰見込み選手たちに期待をしたくなりますが、今日からの1軍日ハム選手は、代わりに上がった選手たちに頑張ってもらいたいカードです。






ライオンズは、投打ともにレギュラークラスが離脱し、代わりにファームの選手を上げましたが、今のところ本田、與座投手以外はチャンスを掴めていません。



本田投手は今や中継ぎの一角になりましたし、與座投手も先発ローテに入りました。



2人共、代わりに出場しただけでなく結果を残して、ポジションを掴みました。




野手陣では、牧野、古賀、柘植選手の捕手陣が頑張っていましたが、それ以外となると今のところは人数合わせにしかなっていないので、レギュラークラスが復帰してすんなり降格するのではなく、首脳陣が誰を落とすか迷うくらいの活躍を期待したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









↑このページのトップヘ