埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2022年06月

イースタンはDeNA戦です。



スタメンは、

Screenshot_20220630-170845~2

先発は今井投手です。

復帰2戦目となります。

前回は、MAX157キロと相変わらず力強いストレートを投げていましたし、スライダー、チェンジアップで空振りも取れ、2イニング3奪三振と上々の復帰登板でした。

久しぶりに投げる姿を見ましたが、筋トレの効果か身体も大きくなっています。ますます、尊敬するダルビッシュ投手っぽくなってきましたね。

順調に行けばオールスター前の9連戦までには、1軍でも投げられると思いますが、焦って再発とならないようにしっかり身体のケアもしたいです。



【結果】

Screenshot_20220630-204254~2


今井投手が5回パーフェクトと、素晴らしい投球でした。


打線は高木渉選手が、ホームランにタイムリーと3打点の大活躍で勝利しています。


【投手】

Screenshot_20220630-204335~2

今井

5回パーフェクトと圧巻の投球でした。

今井投手らしからぬ無四球ピッチングです。

初回から156キロ出るなど、今日も力強いストレートを投げられました。
ストレートだけでなく、変化球でも空振りを量産しました。

スライダーではあまり空振りを取れませんでしたが、カーブ、チェンジアップ、カットとキレよく投げられました。

5回は3者連続三振も取りました。

ファーム相手に寄せ付けない投球をしましたし、すぐにでも1軍でも投げられそうなパフォーマンスでした。

ただ、今季は2度怪我をしていますので、焦らずにコンディションを整えたいです。

次回はもう少し球数を投げ、フィジカル的に問題なければいよいよ1軍だと思います。



十亀

制球はばらつきましたが、無失点で抑えました。このままファームで終わって欲しくない投手ですので、状態を上げて1軍ブルペンに入れるようにしたいです。



公文

昨日に続いて連投です。

まだ球速は140前半ですが、左打者相手にストレートで三振も取りました。

1軍では左相手での登板が中心となりますので、球速を上げると共に、スライダーのキレを戻したいです。



佐野

山村選手のエラーもあり失点しましたが、佐野投手自身も良くなく、3安打2四球とDeNA打線を止められなくなってしまったため交代しました。



田村

佐野投手がDeNA打線を止められなくなってしまったため、ツーアウト満塁から登板しましたが、カットを打たせて見事火消し成功です。

回跨ぎとなった9回は、またもや山村選手のエラーでピンチを拡げて、タイムリーによる失点はしましたが、最後は三振で切り抜けました。

一昨日は、3者連続三振と復調をアピールしましたが、今日は失点こそしましたが、最速149キロとストレートの力も戻って来ましたし、チェンジアップで空振りを取れていたのは良かった所です。






【野手】

Screenshot_20220630-204315~2



高木渉選手は、ホームラン、タイムリーを含む3安打1四球で4出塁です。
先々週の好調期も終わり、下降気味ではありましたが、今日はホームランにタイムリーと大活躍です。

明日からは本拠地でのイースタンとなりますので、アピールして1軍昇格を狙いたいです。




鈴木選手は2安打です。

オープン戦の頃と比べるとまだまだですが、ヒットも出るようになってきました。

今季は力強い打球が打てるようになったことで、ブレイクの兆しも見えたので、当てる打撃ではなくしっかり振り切れるようにしたいです。






明日の1軍の試合は、ソフトバンクがクラスターを起こしたため中止となりました。



ライオンズファンからしたら、うちはベンチ入り野手2人でも試合をやったぞと思いますが、決まったものはしょうがないです。



ソフトバンクは2軍の試合は通常通りやってましたし、正直、不公平感はありますが、ライオンズ選手が感染しないようにしてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








パ・リーグ順位表です。

Screenshot_20220630-120855~2

勝ったり負けたりとなかなか貯金を伸ばせなかったライオンズですが、ここに来て5連勝と一気に首位まで2.5ゲーム差まで来ました。




打線はまだまだですが、それでもここぞの1本が出るようになり、投打ともに噛み合う試合も増えてきたことで連勝となっています。




中でも今季は、ずっと課題と言われてきた投手陣が好調です。



チーム防御率はリーグ1位の2.37です。


WHIP1.13はリーグ3位、QS49.3%はリーグ4位となっています。




特に、昨年はぶっちぎりで多かった四球数ですが、今季も219個はリーグワーストとはいえ、リーグ平均は192個ですので、昨年と比べれば大きな改善となっています。




奪三振、与四球共にリーグワーストなため、K/BB2.19とこちらもリーグワーストではありますが、他球団との差が縮まった事が非常に大きいです。




中でも中継ぎ陣の頑張りは大きく、中継ぎ防御率は1.58と2位の楽天2.47を大きく引き離しています。



中継ぎ陣が、今季のライオンズの強みとなっています。





個人を見ても、


増田0.32

平良0.52

水上0.91

本田1.88

森脇1.96

佐々木1.84

宮川2.55

ボー1.89


特に、増田、平良、水上投手の勝ちパが、高いレベルで安定しています。


今季のライオンズは、先発陣のQSも上がっているので、この勝ちパが加わることで安定した試合運びが出来ています。



ただ、心配なのは登板数です。



平良36試合(リーグ1位)、水上30試合(リーグ3位)、増田28試合(リーグ8位)と登板数が増えてきています。



増田投手は、セーブシチュエーションでなければ回避する事も多いのですが、平良、水上投手は昨日のように4点差でも登板となると、今は良いですが優勝争いが本格化する後半戦の息切れが心配となります。



出遅れた平良投手、コロナで離脱した水上投手は、投げていない期間がありながらこの登板数です。


勝てるときに確実に勝っておきたい気持ちも分かりますが、試合展開や相手打線を考えて、本田、佐々木、森脇、宮川投手で凌ぐ試合も作りたいです。


昨年は、前半戦フル回転だった平良投手が後半戦パフォーマンスを落としましたし、水上投手も後半戦は疲労が見えました。



勝ちパの安定感は、今やライオンズの強みですので、優勝争いをするならこの強みは維持したいです。



先を見据えた起用や、無駄なブルペン投球をさせない事は勿論ですが、選手自身もケアをしっかり行い、シーズン通して活躍出来るようにしてもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








補強期限まで残り1ヶ月となりました。




現在支配下選手64名のライオンズは、育成選手を保有出来る最低ラインである65名にするために、1人以上は支配下登録しなくてはなりません。



今年は投手陣が好調で、首位と2.5ゲーム差と優勝争い絡める位置まで上がってきましたので、本来は補強が望ましいです。今までも、優勝争いに絡める位置にいるときは、足りないポジションを埋めるために外国人の補強をしてきました。



ただ、先日秋山選手の獲得失敗でも分かるように、予算的に厳しい状況でもあるので、おそらく育成からの昇格で支配下枠を埋めることになります。







有力なのは、長谷川選手です。


高卒2年目の内外野を守る選手ですが、今季はファームで大きく成長した姿を見せています。


28試合

.321 4HR 15打点

出塁率.403 長打率.495 OPS.899

四球率10.9% 三振率12.9%

三振が少なく、四球を選べて長打も打てる打者へと成長をし始めました。


成績的には支配下登録文句なしですが、春先にスクープされて知ることになった不祥事の影響が気になるところです。


今季は見送る事も考えられますが、ライオンズは甘い所もあるので、判断が気になる所です。







また、育成4年目となった中熊選手にもチャンスがあります。


42試合

.302 1HR 18打点

出塁率.364 長打率.345 OPS.709

四球率8.4% 三振率16.1%

牧野選手が今季絶望のため、万が一他にも捕手に怪我人が出ると厳しくなるため、捕手の中熊選手にとってはチャンスがあると思います。


また、ファーストも守れるので山川選手を途中交代させたときには守る事も出来ます。


ただ、捕手としてはまだ物足りなく、ファーストとしてはもう少しパワーが欲しい所です。


ミートに長けていますが、ファーム相手なら力強い打球を打てるようにならないと、1軍クラスの投手の球威に対応出来ない可能性もあるので、長打を増やしたいです。


先日は、ホームランも打ちましたので、そこは良いアピールとなったと思います。









投手では、育成3年目の出井投手、2年目の赤上、豆田投手辺りが候補になります。



出井投手は、球速も上がりスライダーで空振りも取れるようになりましたが、1軍でとなると全体的にもう一回りレベルアップしたいです。




赤上投手は中継ぎとして期待され、春先は1軍首脳陣の前でも投げましたが、課題の制球難が改善されませんでした。

最近は先発をやるようになり、先発だと制球も悪くなく好投が続いています。空振りが取れる150キロのストレートが魅力でもある投手なので、先発の時の制球を中継ぎでも出せればと言った所です。




豆田投手も制球に課題がありますが、今季は制球も悪くなく先発としてファームで活躍しています。

スタミナもあり長い回を投げられますし、低く沈み込むフォームから、高めのストレートで空振りが取れる魅力があります。

カウント球、決め球となる変化球の精度を高められればと言った所です。




育成投手たちも、着実に成長している姿が見られますが、現状では決め手に欠けるといった状況です。






また、育成外国人のヘレラ投手は制球が良く、スライダーで三振を取れる投手です。コドラド選手も粗さはありますが、長打力を発揮しています。

それぞれ魅力もある選手ですが、外国人の場合は枠の問題もあるので、怪我で離脱となれば別ですが、現状支配下外国人を押しのけてまでといった成績ではないと思います。






成績なら長谷川選手ですが、不祥事の影響で今季は見送るのであれば、即戦力とはならないかも知れませんが、捕手の補充で中熊選手が候補になりそうです。



ライオンズは滝澤選手の昇格が成功しましたが、昇格させるなら穴埋めではなく、1軍で戦力として使えるようにしたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







5連勝をかけた、ベルーナドームでの日ハム戦です。

20220629_180100



スタメンは、

Screenshot_20220629-174326~2

エンス投手先発ですが、森選手がスタメンマスクです。

エンス投手は古賀捕手との相性が良く、好投を引き出していましたが、今日は少しずつ打撃の結果が出てきている森選手とのバッテリーとなりました。

前回は、ストレート主体のパワーピッチで好投しましたが、古賀捕手のようにあまりコースを狙わせすぎずに、ゾーン内にアバウトで良いので投げ込ませるリードで好投を引き出してもらいたいです。






西川選手はスタメンから外れました。

ファームでは素晴らしい結果を出してきましたが、1軍の壁に阻まれています。良い当たりは出ていましたので、1本出れば続きそうではありましたが、昨日の内容も良くなく今日はベンチスタートです。

結果を出せなければ入れ替えもあり得るので、今日の試合、もし出番があれば何とか1本ヒットを打ちたいです。





【結果】

Screenshot_20220629-204839~2



投打ともに噛み合い、今季初の5連勝です。


低調が続いた打線も、ここに来て繋がるようになってきました。


森選手は、サイクルリーチとなる3安打と大活躍です。




【投手】

Screenshot_20220629-204839~2

エンス

5回1安打と、打たれる気配がない投球をしていましたが、打球が足に当たるアクシデントにより交代となりました。

今日もストレートが走り空振りも取れましたし、カットでカウントも空振りも取れ効果的に使えました。

また、エンス投手は対左打者の被打率が.301と苦手にしていますが、今日の日ハム打線は右打者が多かった事も幸いしました。

森選手とのバッテリーで好投したことも、チームとしても大きいです。

最近は好調ですし安定感のある先発投手ですので、アクシデントは心配です。

Screenshot_20220629-200953~2

打撲との事ですが程度にもよるので、軽症であることを祈りたいです。




本田

簡単にツーアウトを取りますが、そこから突然制球を乱し、四球、タイムリーで失点しました。

ただ、そこからズルズル行かなかったのは良かった所です。



水上

3人で抑えましたが、登板も増えていますし休ませたかったです。

直前で味方が2点取りましたが、準備していましたし、明日は休みですので登板しました。

もしかすると、週末のソフトバンク戦はコロナのクラスターが起きているので中止になるかも知れませんので、しっかりケアをして身体を休ませたいです。



平良

4点差ですが登板です。

2奪三振と危なげなく抑えています。

水上投手同様に登板が増えているので休ませたいですが、週末のソフトバンク戦は中止になるとの見込みで登板でしょうか。

この点差なら打順も下位打線でしたし、佐々木、森脇、宮川投手で凌ぐ起用も検討してもらいたいです。

ライオンズは投打ともに噛み合い出しましたので、優勝するためにも、中継ぎ陣が息切れしない先を見据えた中継ぎ運用も必要です。




宮川

交流戦明けは初登板、6/12広島戦以来の登板です。

ホームランで失点はしますが、その後は抑えました。

152キロと球速は出ていましたし、ここまで登板がなかったですが怪我ではなさそうなので良かったです。

安定感に欠けますが、三振が取れる中継ぎ投手ですので、僅差登板を任されるように状態を上げたいです。




【野手】

Screenshot_20220629-204901~2



試合を振り返ると、



今日も初回から打線が繋がります。


初回、昨日同様に川越、源田選手の1、2番が出塁しチャンスメイクすると、

森選手のタイムリーで2点先制です。

昨日から1、2番が良い働きをしています。森選手も打撃が少しずつ良くなっていますし、追加点も期待したいです。






3回には、

愛斗選手の2ベースでチャンスを作ると、川越選手の進塁打で3塁に進め、

森選手の2打席連続のタイムリーで追加点です。

森選手が復調すれば、山川選手が今季は好調なだけに、打線も迫力を増します。この調子で打撃の状態を上げて行きたいです。






2点差と詰められた6回には、

森選手がこの日3安打目且つ、サイクルリーチとなる3塁打でチャンスメイクすると、

山川選手のタイムリー、さらに栗山選手にもタイムリーが出て引き離します。






8回には、

外崎選手にホームランが出ました。



また、


あとホームランが出ればサイクルヒットとなる森選手がこの回打席に入りましたが、四球を選びました。

サイクルヒットは逃しましたが、森選手の打撃が上がってきたのはチームとしては大きいです。

ただ、辻監督は固定起用をしたがりますが、負担の大きい捕手ですしコンディションを落とさないように、岡田、古賀選手も起用したいです。







今日は、森、山川、外崎、栗山選手と中軸が機能し得点を重ねました。



山川選手以外の、主力の打撃の状態が上がってきた事で得点力もアップしています。この調子でどんどん打っていきたいです。



また、1番に入っている川越選手が連日の良い働きを見せています。



今日はヒットこそありませんが、2四球と出塁しましたし、進塁打も打っています。



特に、簡単に三振しない所はトップバッターとしては良い所です。



昨年も好調期は大活躍しましたが、今年こそは一時的ではなく、レギュラー定着を狙いたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








イースタンはDeNA戦です。



スタメンは、

Screenshot_20220629-174259~2


先発は隅田投手がファーム初登板です。

ストレートを狙い打たれる事が多く抹消されましたが、制球はやや悪くはなっているものの、変化球で空振りは取れていたので、そこまで酷い状態ではないと思います。

勝ちには恵まれませんが指標的には悪くはないですし、シーズン中ですので、投球スタイルを変えるというよりも、長所である制球をまずは戻したいです。

課題のストレートも、抹消前も球速は出ていたので、シーズン序盤のようにコースに投げ分けられれば、多彩な変化球とのコンビネーションで抑えられると思います。

制球を意識した調整に加えて、ルーキーですし当然疲労もあったでしょうから、コンディションも整えたいです。




【結果】

Screenshot_20220629-211403~2



4回は4四球、9回は2四球と、四球を得点に絡めました。


先発隅田投手の好投に加えて、3イニング投げた豆田投手も良い投球をしました。



【投手】

Screenshot_20220629-211443~2

隅田

4回6奪三振と良い投球でした。

今日は立ち上がりからチェンジアップで2奪三振です。

スプリットが高めに浮くことはありましたが、多彩な変化球を持っているだけに、それならばとチェンジアップで空振りを量産しました。

ルーキーといえども、1軍で結果を出している投手だけあって、ファーム相手なら流石の投球で相手を寄せ付けずに、変化球だけでなくストレートでも空振りが取れました。

1軍クラスのオースティン選手からも、2打席連続三振を奪いましたし、変化球のキレは悪くないです。

リフレッシュしたら1軍で良いと思いますので、コンディションを整えて、出番を待ちたいです。



大曲

球速は出ていましたが、ツーアウトから2四球と相変わらずの制球です。

ファームでは制球改善に加えて、スライダー、スプリットなど投げますが、1つでも良いのでウイニングショットとなる変化球の精度も高めたいです。



豆田

3回1安打4奪三振と好投です。

短いイニングという事もあり、球速も140中盤出ていましたし、空振りも多く取れました。

元々、空振りが取れるストレートの質を持っています。今季は課題の制球難も改善されつつありますので、このストレートを活かすための変化球の精度も高めたいです。

着実に成長していると思いますので、もう一回り大きな成長も期待したいです。



公文

ストレートの球速は140前半ですが、左打者からスライダーで三振が取れました。

まだまだ本調子ではありませんが、オールスター明けから1軍戦力になれるように、調整していきたいです。




【野手】

Screenshot_20220629-211422~2

山村選手が3安打2打点です。

打率も.279まで上がってきました。

ファームの野手では、育成の長谷川選手の活躍が目立ちますが、同じ歳の山村選手は支配下選手ですし、負けずにアピールしたいです。




長谷川選手は2安打です。

相変わらずアピールをしています。

守備では外野の方がミスは少ないので、外野ならすぐにでもと言った感じですが、将来的な事を考えて、万が一のために外崎選手のセカンドも守れると大きいです。





高木渉選手はノーヒットでした。

2試合連続でノーヒットです。

元々好調期は長続きしませんが、落ち気味となってきました。





一方、鈴木選手はタイムリー3ベースヒットが出ました。

好調とは言えない成績ですが、良いアピールにはなりました。

西川選手が1軍の壁に跳ね返されている状態ですが、鈴木選手も昇格のチャンスが貰えたらそうならないように、1軍で平石コーチと取り組んだ事を身に付けて戦力になれるようにしたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










↑このページのトップヘ