埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2022年07月

3タテを狙うソフトバンク戦です。

20220731_173954




スタメンは、

Screenshot_20220731-130238~2




【結果】

Screenshot_20220731-174246~2


僅差ゲームでしたが、ソフトバンク中継ぎ陣も良い投手が多いですし、跳ね返す事は出来ませんでした。


敗戦はしましたが、今カードは勝ち越しです。




【投手】

Screenshot_20220731-174333~2


エンス

5回途中4失点で降板です。

今日もストレート、カット中心の投球でした。力もあり空振りも取れていましたが、集中力を浴びて失点しました。

最近は、打たれだすと止まらなくなる投球が見られるようになりましたが、球種の少なさから狙い球は絞られやすいです。

ただ、球に力はあり良いところに決まれば空振りも取れているので、ゾーン内にしっかり投げ込みたいです。



森脇

エンス投手がランナーを貯めて降板しましたが、試合を壊さずに5回途中から6回も投げました。

変化球で3奪三振と空振りも取れていますので、今後も、特に決め球のフォークの精度を高めて行きたいです。



佐々木

佐々木投手も2イニング投げました。

2イニング目は、ストレートが抜けて先頭に四球を出しましたが、ツーシームを打たせて併殺で切り抜けています。




【野手】

Screenshot_20220731-174310~2



試合を振り返ると、


今日も初回から先制します。


左に強い先頭の外崎選手が2ベースで出塁すると、

森選手のタイムリーで先制です。



このソフトバンク3連戦は、初回から良い攻撃が出来ています。


基本的に優勝争いをする相手となれば、中継ぎは後ろに行けば行く程、良い投手が出てきます。


打ち崩すのは困難なため、先発投手の立ち上がりで先制、疲れの出てくる5、6回辺りで中押しと点を取れるのが理想です。


今日のように初回から点を取る攻撃は、継続したいです。







しかし今日はその後が続かず、ソフトバンクの大ベテラン和田投手の前に、7安打放つも要所を三振で切り抜けられてしまいました。






和田投手が代わった6回には、

オグレディ選手にホームランが出ます。




が、強いチームは中継ぎも良いので、崩すなら先発和田投手からでした。









今日は負けましたが、今カードは勝ち越しました。



今季は投手陣がある程度抑えてくれるので、打線次第で貯金をもっと増やせる事を感じさせる、後半戦のスタートです。



コア4の活躍は必須ですが、得点力を伸ばすには他の選手の頑張りも必要になります。現状では鈴木選手が好調ですが、5番呉選手、6番愛斗選手が今日は良いところがなかったです。



長打も打てる選手をコア4の後ろにも置きたいので、オグレディ選手、中村選手、そしてファーム調整中の栗山、ブランドン選手辺りが出てこないと得点力も伸ばせません。



個人的には、呉、愛斗選手の2人は一皮むけてレギュラーを掴まなくてはならない世代でもあるので、期待はしています。



ただ、負けられない試合も続きますので、想いや期待値ではなく、調子の良い選手を積極的に使いたいです。


しかし、辻監督は固定したがる監督ですので、しばらく起用が続くと思いますので、使われるのであればしっかり結果を出して行きたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








イースタンはヤクルト戦です。





スタメンは、

Screenshot_20220731-130212~2



【結果】

Screenshot_20220731-164048~2


ヤクルト育成下投手に、6回8三振と空振りの多いライオンズ打線でしたが、集中打で同点にしました。

しかし、その裏に斎藤投手が打たれてそのまま敗戦となりました。





【投手】

Screenshot_20220731-164134~2


内海

久しぶりの登板でしたが、炎天下の中5回3失点と試合を作りました。

7安打打たれましたが、与四球1は良かった所です。なかなか空振りが取れなくなってきていますが、制球を武器に再び1軍登板となるまでに、状態を上げていきたいです。


斎藤

2アウトから四球と連打で2失点です。

毎度毎度四球を出しているので、改善するきっかけを今季中に掴みたいです。


出井

育成3年目の投手ですが、補強期限である今日までに支配下入りはなりませんでした。

入団時と比べて球速も上り、スライダーで空振りも取れるように成長していますし、投手不足のファームのイニングイーターもやってくれていますので、気持ち的には何とかしてもらいたい所ですが、実力的に物足りなさは否めません。

オフにはルール上自由契約となりますので、中熊選手のように、育成4年目の契約をしてもらえるように、これからはアピールしたいです。





【野手】

Screenshot_20220731-164113~2


金子選手が2安打1盗塁です。

打撃で結果も出るようになってきましたし、盗塁も決めて復活をアピールです。

そろそろ1軍も視野に入ってきました。

出来れば好調期に使いたい選手ですので、打撃の状態を高めたいです。




高木渉選手がコロナから復帰です。

早速タイムリーを放ち、アピールしました。

1軍では結果を出せずに苦しんでいますが、1軍再昇格となったコロナ直前の試合では、結果も出始め状態も悪くなかっただけに悔やまれる離脱でした。

居ない間に鈴木、愛斗、川越選手が活躍し定着しかけていますが、ファームで打ちまくりアピールしていきたいです。




ブランドン選手が2安打です。

呉選手が、結果が出始めましたがまだ本調子ではないですし、中村選手も代打が多い状況ですので、コンディションを整えて1軍へと昇格したいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












本日も福岡でソフトバンク戦です。

20220730_141019




スタメンは、

Screenshot_20220730-140924~2




【結果】

Screenshot_20220730-180651~2


與座海人投手が、プロ入り初の無四球完封勝利です。

打線も序盤のチャンスを確実に活かして、得点を重ねました。

投打ともに噛み合い、カード勝ち越しを決めました。




【投手】

Screenshot_20220730-180733~2

與座

プロ初の完投勝利を、無四球完封で飾りました。


序盤はランナーを出すも、低めに丁寧に投げて併殺で切り抜けるなど、制球も良く、打たせて取りました。バックも良く守ったと思います。

今日は高低だけでなく、カーブやシンカーを低めに集めて緩急を良く使いました。

今季はストレートの出来が良く、高低や緩急など引き出しも増え、何より与四球も少ない事が好投に繋がっています。

与四球が少ないことで球数も抑えられていますので、9回まで投げきりました。

Screenshot_20220730-180324~2

昨年までは3巡目からが課題の投手でしたが、無四球完封をやってのける投手へと覚醒しています。

森捕手も良いリードを見せました。

今季チーム初完投、無四球完投勝利となると2018年の多和田投手以来となります

中継ぎ負担の大きいチーム事情もありましたし、チームとしても大きな完封勝利です。




【野手】

Screenshot_20220730-180715~2



試合を振り返ると、


今日も初回から得点します。



外崎、森選手選手が出塁すると、

山川、呉選手の連続タイムリーで2点を先制です。

対左に相性の良い外崎選手のトップバッターが、早速機能しました。3盗も決めましたし、初回から相手バッテリーを揺さぶれました。






続く2回には、

ジャンセン、外崎選手が出塁し、

源田選手の2点タイムリーで追加点です。

ジャンセン選手も対左に相性が良いですし、今日は上手く打線が繋がっています。







さらに4回には、

鈴木選手が出塁すると2アウトになりながらも、

森、山川選手の連続タイムリーでさらに2点を追加します。

今日は打線が繋がりました。

欲を言えば、先制、中押しと来たのでダメ押しも欲しかったですが、現状の打線を考えれば十分です。







投打が噛み合った勝利です。






與座投手の無四球完封、打線も4番の山川選手がチャンスでタイムリーでの打点と良い試合が出来ました。


混戦パ・リーグですので、今の順位に一喜一憂するよりも、まずは常にカード勝ち越しをしていきたい所ですが、早速ソフトバンク戦での勝ち越しを決めました。



打線はコア4が機能していますし、鈴木選手も好調キープです。また、打撃不振が続いてる呉選手にもタイムリーが出ました。


良い流れが来ていますが、こういう時にミスが出ると一気に傾く事もありますので、明日の試合も油断せずに集中した戦いを見せてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








イースタンはヤクルト戦です。





スタメンは、

Screenshot_20220730-125432~2




【結果】

Screenshot_20220730-173135~2


渡邉投手がエラー絡みで5失点しましたが、14安打10得点と昨日に続いて打線が良く打ちました。





【投手】

Screenshot_20220730-173159~2

渡邉

5回に味方エラーに足を引っ張られ、一挙5失点です。

先日の1軍では、右打者には良い投球をするものの、左打者に対してはアウトハイに抜ける悪癖が変わっていませんでしたが、今日もその傾向がありました。

大きく育ってもらいたい投手ですので、失点したことよりも、その悪癖の修正を課題としてもらいたいです。


粟津

制球がイマイチでしたし、ストレートにも力がなかったです。スライダー中心の投球となりましたが、1イニング2四球と失点にも絡みました。


松岡

2連続ヒットから3者連続三振を奪いました。回跨ぎとなった8回は3人で終わらせました。3イニング目となる9回も行きましたが無失点で抑えています。

投球フォームを少し変えてから、最近は比較的ゾーン内に投げられています。継続出来るかどうかが課題です。





【野手】

Screenshot_20220730-165114~2



栗山選手にタイムリーが出ました。


今日も2打席の出場です。長打を打てる状態にして1軍に上がりたいです。






金子選手はタイムリー、犠牲フライの2打点です。
外野にも強い打球を打てるようになってきました。当てにいく打撃をしてしまうと調子を落とす選手ですので、この調子で外野に打球を飛ばして行きたいです。






仲三河選手にホームランが出ました。
身体もどっしりとしていますし、パワーがある所を見せられました。今日はホームラン、2ベースと長打2本です。

ただ、今季は怪我から、外野からの返球が満足に出来ませんので、ポジションも考えなければなりません。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









本日から、シーズン後半戦がスタートです。

20220729_174850




後半戦と言っても残り50試合しかありません。ライオンズは優勝を狙える位置にいますが、混戦のため下位に沈むこともあり得るゲーム差です。そのため、常にカード勝ち越しを狙った戦いをしたいです。





スタメンは、

Screenshot_20220729-173717~2

コア4を1番から並べました。

今のライオンズの中心選手です。この4人が攻守共に活躍しなければ優勝はありません。

FAも近く4人が揃ってプレイ出来るのも、今季で見納めになる可能性がありますが、それはオフに祈るとして、せっかくなら日本一となり気分良く祈らせてもらいたいです。



【結果】

Screenshot_20220729-212056~2


首位攻防戦はライオンズが、4番山川選手の活躍で勝利し首位に浮上しました。


ただ、下位ともゲーム差は少ない混戦ですし、一喜一憂せずに、勝ち越しを目指した戦いをしたいです。




【投手】

Screenshot_20220729-212144~2

今井

いつにも増して制球が悪かったですが、終わってみれば6回3安打2失点とQS達成です。

制球が悪いのはいつもの事ですが、それでもスライダーやカット、チェンジアップと変化球は良かったりするのですが、今日はストレートも変化球も制球に苦しみました。

荒れ球過ぎて、ソフトバンク打線も狙い球が絞りづらい部分もあったと思いますが、今井投手はこの制球難の状況でも、置きに行かなかったのは良かったです。

球自体のキレは素晴らしい投手ですので、ゾーン内に行かないのは毎度毎度もどかしいですが、首位攻防戦で先発として、QS達成した結果は良かったと思います。


本田

チェンジアップがやや高めには行きましたが、今季はストレートが良いイメージも相手はあると思いますし、上手く打ち取れました。

オールスターで連投し早速今日も登板ですが、ここまで華やかな舞台とはかけ離れたファーム暮らしが長かった分、疲れもあると思いますが頑張りたいです。


平良

オールスターではオールストレートで2奪三振と、素晴らしい投球をしましたが、今日もそのストレート中心の投球で、柳田選手から始まるクリーンアップを3人で終わらせました。

空振りこそ取れませんが、力強いストレートが投げられていました。

球の速い変化球投手とも言われる程器用な投手なので、多彩な変化球も投げますが、球威あるストレートも投げられる投手ですので、基本はこのストレートを軸に変化球も混ぜていくという投球にしたいです。


水上

ストレート、スライダーで2奪三振とリードを守り、プロ初セーブです。


9回はメンタル的にも特殊なマウンドですが、物怖じしない性格が功を奏しています。

コロナで離脱した増田投手も、今日からファームで実戦復帰していますし、もう少しの辛抱ですので耐えて行きたいです。






【野手】

Screenshot_20220729-212122~2



試合を振り返ると、



初回、外崎、源田選手の1、2番で1、3塁のチャンスを作ると、

山川選手のタイムリーで先制です。

オールスターでは、本人の居ないところで楽天のあの選手に余計な噂を立てられましたが、今は優勝目指して真剣勝負ですし、余計な噂を黙らすチャンスでの1本でした。








1点ビハインドの4回には、


オグレディ選手の同点ホームランです。

打撃下降気味でしたし、1打席目も合っていませんでしたが、これがあるから不調でも怖いと思わす、外国人らしくホームランでの得点でした。




さらに、鈴木選手のヒット、源田選手四球でチャンスを作ると2アウトながら、

山川選手の3ランで逆転です。

今季30号のホームランです。

オールスター前はチャンスを潰す場面も目立ちましたが、今日はタイムリーにホームランと大活躍です。




ソフトバンク千賀投手は、4回まで9奪三振しながらも得意のフォークの精度が良くなく、本調子ではなかったです。


ソフトバンクは中継ぎも良いので、本調子ではない千賀投手から、三振は多かったものの、チャンスで得点が出来たのは大きかったです。


実際、千賀投手が降板した6回からは1安打に抑えられましたし、調子の悪い先発投手から複数点を取れたのは、試合展開を考えても勝利に繋がる得点でした。





チームとして16三振しながらも、9安打5得点と山川、オグレディ選手のホームランに助けられました。



勝ったのは良かったですが、確率的にはヒットよりも低いホームラン頼みは拙攻に繋がりやすいので、大振りしなくても良い選手は、アプローチを高められるようにしたいです。



ただ、今日は山川、鈴木選手が3安打です。



山川選手は、オールスターが良いリフレッシュとなりました。4番の仕事をきっちりしましたし、後半戦も頼りにしたいです。



鈴木選手は、再昇格後は打撃で結果を残しています。オープン戦の頃のようなアプローチの良さを見せていますので、今度こそ継続&1軍定着を現実のものものにしてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











↑このページのトップヘ