埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

2024年06月

暗い話題も多いライオンズですが、ファームでは高いポテンシャルを見せる投手が新たに出て来ました。

Screenshot_20240614-083032~2



ドラ3高卒ルーキーの杉山遥希投手です。


名門横浜高校から、ドラフト3位で入団した期待の左腕投手です。


まだまだ育成段階であり、まずは身体づくりからと思っていましたが、蓋を開けたら課題はあるもののイースタンでも高いパフォーマンスを見せています。


3軍ではずっと好投していましたが、イースタンでもこの活躍となると楽しみも増えます。


コンディションとタイミングが合えば、今シーズン終盤には1軍登板の可能性も感じさせています。


Screenshot_20240614-082946~2



3軍で結果を出し、現在はイースタンで先発ローテを担っています。


高卒ルーキーではありますが、イースタンでは3試合17回を投げて11奪三振1四球のK%17.5、BB%1.6と素晴らしい成績です。


まだイニング数が少ないですが、高卒ルーキーと言う事を考えても期待の持てる成績です。



特筆すべきは、ストレートの回転数の多さです。


球速は140キロ程度ではありますが、2400回転と150キロのストレート並みの回転数を出しています。


実際、140キロ程度でも空振りが取れていますし、これが150キロに球速アップしたらどうなるのかは非常に楽しみです。



また、変化球の精度も高く制球も良い投手です。


ストライク率も高く、ゾーンで勝負出来る制球と変化球のキレを持っています。

中でも、スライダーはストライク率も高く軸になっていますし、カーブ、チェンジアップ、フォークもカウントが取れていますし空振りも取れます。


イースタンでも三振が取れるようになって来ましたし、昨日のファームでは5失点したものの、5回を6奪三振無四球と素晴らしい内容でした。


この制球を維持したままストレートの球速も上がれば、武内投手のような投手になれる可能性を秘めています。


20240614_083058



課題は出力不足です。


本人は以前のインタビューで、課題を克服するためにも、現在は球速アップのためのトレーニングをしていると話していました。




まだ140キロ程度ですので、今後も継続的な課題とはなりますが、高い回転数を誇る質を維持したまま球速も上がれば、大きな武器になります。


まだ高卒1年目ながらも、現状でもイースタンでここまでの投球が出来る完成度でありながら、伸びしろも残している状態は期待が膨らみます。



最も注意してもらいたいのは怪我ですので、トレーニングで身体を作りながらも、トレーナーとも連携してケアも勉強して行きたいです。



名門横浜高校出身ですし、そのくらいの基本的な事は叩き込まれているとは思いますが、名門出身だからこそ体育会系の気合で乗り越えようとする場合もなくはないので、指導者もしっかりフォローしたいです。


このまま順調に成長し、今シーズン中にアベレージで140中盤くらいのストレートを投げられるようになれば、1軍先発も視野に入ります。


せっかく現れた新星ですので無理は禁物ですが、チーム状況的にもチャレンジをさせられる状態ではあります。


青山、羽田、菅井、杉山投手、そして今季は不調ですが黒田投手と若い才能もファームにはいます。


1軍を経験することでメリットもデメリットもありますが、投手の肩や肘は消耗品ですので、ファームで調子の良い時に出来るだけ早く1軍マウンドを経験させたいです。


いずれは髙橋光成、平良海馬が抜けますし、今井達也もFAが近いです。


打線と中継ぎの弱さが目立ちますが、今井、髙橋、平良が抜けるとなると、今度は先発も足りなくなります。


球団としても、新たな才能も潰すことなくしっかりプランを立てて育成を成功させてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




佐藤龍世選手が左手首の骨折となりました。

Screenshot_20240613-162236~2


今季はレギュラー定着、さらにその先のトノゲンに次ぐ主力になってもらいたいと、個人的にも大きな期待をしていた選手ですので非常に残念です。


程度にもよりますが、過去の例から言えばおそらく手術を行い全治3ヶ月程度になると思われます。


シーズン終盤に、戻って来れるかどうかと言った所です。


Screenshot_20240613-160924~2


怪我人が続出しているライオンズですが、内野手は人数的にも厳しくなって来ました。


現状、内野手ではアギラー、外崎、平沼、村田、山村、ブランドン選手が怪我により離脱です。


山村、ブランドン選手はファームで復帰しましたが、復帰したばかりですのでまだ万全ではありません。


3軍の試合はしばらく中止にせざるを得ませんが、肝心の1軍で使える選手がまた1人減ったわけですので、もしかすると補充があるかもしれません。


Screenshot_20240612-175303~2



支配下枠は空きがあります。


ただ、秋にはドラフトがありますので無理に埋めるのはどうかと思いますが、可能性としては育成選手の支配下入りの可能性が近づきました。



有力なのは、育成ルーキーの金子功児選手です。


Screenshot_20240608-140802~2



今季は3軍メインでしたが、3軍で結果を出し、また内野手不足もあり現在はイースタンに出場しています。


ここまでイースタンでは、13試合48打席で打率.304、OPS.732と打撃も適応し始めています。


走攻守に加えて顔もよく、女性ファンからの人気も出そうな選手です。


二遊間の守備も良い選手ですし、内野の補充をするなら金子功選手が1番手です。


Screenshot_20240602-174017~2



ただ、先日支配下入りした奥村選手同様に、プロに適応し始めたばかりですし、本来はもう少し様子を見たい選手です。


個人的には、金子功選手だけでなく奥村選手もでしたが、今季はファームのレギュラーを掴むのが目標で支配下チャレンジは来季と思っていました。


勿論、思った以上の活躍をする可能性もありますし、育成選手にとって支配下入りは大きな目標ですので叶えてもらいたい気持ちはありますが、戦力的には金子功選手の支配下入りは時期尚早感はあります。


ただ、人数的な不安が出て来ましたし、金子功選手の支配下入りは外崎選手の状態次第だと思います。


Screenshot_20240605-155918~2


苦しいシーズンが続くライオンズですが、怪我人も増えてさらに苦しくなって来ました。


しばらくは3軍戦を取りやめて、1軍が戦える体制を整える事が優先されます。


あれもこれも上手く行かないライオンズですが、3軍戦を取りやめたとしても、育成が出来ない訳ではありませんので、イースタンも使いながら育成の手は緩めないようにしてもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





交流戦は広島戦です。

20240613_175401



今日は、ライオンズファンの乃木坂46向井葉月さんが、試合を盛り上げてくれました。

Screenshot_20240613-182147~2






佐藤龍世選手が、左手首骨折のため抹消です。

Screenshot_20240613-160924~2

ロッテ戦で死球を受け、その後痛みがありながらもここまで来ましたが、昨日の打席でファールを打った後違和感を感じ検査の結果骨折となりました。

トノゲンに続く主力候補の選手ですし、怪我人続出の中痛すぎる離脱です。

復帰まで時間がかかりますが、焦らずにしっかり完治させたいです。



Screenshot_20240613-173622~2




【結果】

Screenshot_20240613-211912~2

昨日の流れは今日は来ず、力の差を感じる敗戦です。

打線と中継ぎと言った、ライオンズの課題がそのまま出た試合でした。





【投手】

Screenshot_20240613-212006~2

ボー

4四死球と制球がバラつき、6回途中2失点でした。

Screenshot_20240613-191226~2

今日はストレートが抜け気味でしたが、チェンジアップ、スライダーが良く空振りも取れました。

ただ、勝負所でその変化球が真ん中に入り2失点です。

打線の援護が少ないチームですので2失点でも致命的ではありますが、ローテ5、6番手の先発投手としては十分な投球です。

ストレートの制球をもう少し調整したいですが、基本は変化球主体の投球で良いと思いますし、その変化球で空振りを多く取れたのは良かったです。


ヤン

1アウト2、3塁からの火消し登板成功です。



Screenshot_20240613-201049~2

再昇格後は好リリーフが続いています。

制球難がいつ顔を出すか不安な所はありますが、球速も出てますしスライダーのキレも良いので継続したいです。

オフには、左打者に対して勝負所のジョーカー的な起用が出来ればと書いていましたが、その役目を掴めるか今後に期待です。


平井

苦手な左打者の多い打線でしたが、フォークが落ち切らずに3失点と試合を決められました。

フォークやシュートを使うようになって改善されつつありましたが、今季はこれで対左打者被打率が4割近くになってしまいました。

スライダーで空振りが取れていただけに、左相手でもスライダーで勝負したかったです。

ただ、右打者に対しても3割近く打たれていますので、結局は力不足です。


豆田

抑えが効かずに3四球と乱れました。

ストレートに力はある投手とは言え、150キロ中盤を連発する訳でもないですし、力任せでは抑えられませんので、制球も高めたいです。


中村祐

古巣広島相手での登板となりました。

Screenshot_20240613-210911~2

広島ファンからも拍手の起こる中、ストレート主体の投球で無失点に抑えています。

球速も140後半出ていましたし、気合も入っていました。






【野手】

Screenshot_20240613-211945~2




昨日は打線が繋がり打者1巡の猛攻を見せましたが、今日は沈黙です。


良い形で勝ったので今日も続きたかったですが、ライオンズの場合打線が噛み合わない訳ではなく、単純に戦力不足、力不足であり、その戦力が変わっていませんので簡単には行きません。

最大のチャンスは初回、相手エラーと四球で1アウト1、2塁のチャンスを貰いましたが無得点と、これが最初で最後のチャンスでした。


結局、広島先発の九里投手に9回2安打完封負けです。

Screenshot_20240613-210352~2


7回を投げ終えた時点で100球を超えていましたが、完投させました。

今のライオンズ打線相手なら、思い切った采配が出来るのも相手にとってはメリットです。





ライオンズは昨日ようやく連敗を止めましたが、課題である打線と中継ぎが機能せずに敗戦です。


Screenshot_20240613-191420~2


負けてばかりですので毎回同じ事を書くことになりますが、ライオンズの勝ち筋は先発が7回まで最少失点で抑えて打線の援護を待つ展開です。


リードを許すと厳しいですが、かと言って先発は0点に抑えなくてはならないのはもっと厳しいです。


補強をして、何とか点を取る形を作りたいですが、球団は動いてくれているでしょうか。。。


連敗の長いトンネルを抜けると、また連敗の長いトンネルがあったとならないように、明日は勝ちたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




イースタンは日ハム戦です。

Screenshot_20240613-173134~2



Screenshot_20240613-124332~2





【結果】

Screenshot_20240613-153422~2





【投手】

Screenshot_20240613-152152~2

杉山 

初回に5失点しましたが、四球で崩れた訳でもなくその後は空振りも取れ、5回6奪三振無四球と内容的には良かったです。

Screenshot_20240613-172743~2

球速の割に空振りが取れるストレートが武器ですが、今日は初回に捕らえられました。

ただ、今日はスライダー、チェンジアップと言った変化球が良く空振りを取れたのは良かったです。

高卒ルーキーながら2回以降は立ち直りましたし、先発投手としての修正能力や制球も良く空振りも取れる投球内容の良さは、今後に期待も持てます。

出力を上げることが出来れば、同じ左腕の武内投手のようになれる可能性も秘めています。

期待が膨らみます。

今は球速アップに挑戦中との事でしたが、まだ140キロ程度ですので、ここからどこまで上げることが出来るのか楽しみです。


大曲

色々と試してはいるのですが、制球難改善とはなりません。魅力的なストレートを持っているのですが、まずはゾーン内にしっかり投げ込めるようになってからです。


伊藤翔

球速は140中盤出てましたが、制球がイマイチでした。スライダーで空振りが取れていたのは良かったです。






【野手】

Screenshot_20240613-153440~2


ブランドン選手にホームランです。


Screenshot_20240613-173058~2

反対方向に打球が伸びました。この打球を見る限り、やはり怪我さえなければ、、、と言った選手です。

力はある選手ですので、しっかりトレーニングとケアを徹底して1軍戦力になってもらいたいです。



渡部選手にもホームランです。


Screenshot_20240613-173017~2

昨日はアプローチも打球も悪く5タコでしたが、長距離砲としてホームランが出たのは良かったです。

これをきっかけにして、三振を抑えて外野への強い打球を増やしたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





戦力補強したいライオンズですが、なかなか進展が見られません。




ZAKZAKですので信憑性は不明ですが、1軍投手を交換要員に野手とのトレードを打診しているが断られているとの報道です。


誰を出して誰を貰おうとしているのか分からないため何とも言えない所ですが、最下位独走中のチームですのでトレードは足元を見られます。簡単には行きません。


この状況でトレードをするなら損覚悟でとなりますが、どうするでしょうか。


Screenshot_20240608-200617~2




今季はチームが低迷していることもあり、トレードの噂は例年よりも多いです。



今季は噂話レベルではありますが、中日ビシエド、日ハム清宮、広島中村奨成、巨人松原、DeNA大田が噂されました。


交換要員には、平井、水上投手の名前が挙がっています。


この中で言えば、広島中村奨成選手はファームでも結果を出していますので、化ければ大きな戦力になる可能もありますが、素行の問題もありコンプライアンスにうるさいライオンズは及び腰になりそうです。


また、ビシエド選手も衰えはしましたがライオンズならレギュラーです。ただ、3.5億とも言われる高額な年俸がネックになりますので、球団の懐事情次第です。


しかし、交換要員としては中継ぎ投手の名前が挙がってますが、ライオンズの場合中継ぎ投手もウィークポイントですので、相手が欲しがるかと言う問題もあります。


ライオンズが困っているのは一目瞭然ですので、足元を見られトレードするにしても中継ぎなら松本投手クラスまで出さないと相手も承諾してくれないかも知れません。


個人的には、足元を見られるくらいなら無理してトレードするよりも、助っ人補強です。お金も大事ですが、人材の方が大事です。


欲しいのは1軍で使える打てる選手ですので、損覚悟でもトレード打診するのかは注目です。


Screenshot_20240607-222004~2



ライオンズ打線には、現状助っ人がいません。


相手あってのトレードが難しいのであれば、まずは追加での助っ人補強をしたいです。


育成のガルシア選手も候補となりますが、コストは安いかも知れませんが欲しいのは1軍で使える打てる選手ですので、出来ればガルシア選手には今季は育成選手としてファームで鍛えたいです。


決して豊富ではない資金力の球団ではありますが、山川穂高の補償金もあるはずですし、シーズン途中からならそこまで高額にはなりません。


あのメヒアも、途中加入の初年度は3500万程度でしたし、今は円安によりもう少し高額にはなりますが払えない程ではないと思います。


慎重に考える時期はとっくに過ぎ、1人でも使える選手が欲しい段階です。


このままだと、育成から何人か上げて終わりになりそうですので、一か八かでも助っ人に賭けてもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




↑このページのトップヘ