埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

2024年07月

自力CS進出が早くも消滅したライオンズですが、今オフは選手の入れ替えも活発となりそうです。

20240113_144710



今秋のドラフトは注目選手も多く楽しみなドラフトになりそうですが、新しい選手が入ってくるとなると同時に去る選手も出て来ます。


特に今季は、歴史的低迷となっているライオンズとしては大きく選手を入れ替える可能性もあります。


まだ戦力としてアピールが出来ていない、足りない選手は後半戦に何とか存在感を出したいです。



Screenshot_20240520-204409~2



キャリア的には戦力化しなければならない選手の中でも、現状アピールが足りないと思う選手は、投手なら浜屋投手、大曲投手、野手なら陽川選手、山野辺選手、高木渉選手です。





浜屋投手は、ファームのローテを回していますし、一時期は奪三振マシーン化もしましたが、140キロ程度の球速だと1軍では厳しいです。

Screenshot_20240723-182116~2

その分、制球良く投げられれば良いのですが、球速を捨てた割に制球もイマイチです。

変化球で空振りが取れるので、球速がもう少し出ればと言った所ですが、ここからアピールしていきたいです。





陽川選手は、特に昨年は首脳陣の使い方が下手な所もありましたが、今季はファームでの成績もイマイチとなって来ています。

Screenshot_20240723-182234~2

現状、ファームOPS.485では1軍から声もかからないですので、何とか左腕キラーとして尖った能力をアピールして存在感を出したいです。







また、期待されながらも戦力化出来ていないのは、水上投手、渡部選手です。





水上投手は、昨年は球速が5キロも落ちるなど怪我を疑いましたが、今季も球速も制球もイマイチな状態です。

Screenshot_20240723-182154~2

一昨年のパフォーマンスに戻せれば、課題の勝ちパが1つ埋まるのですが、なかなか復活出来ません。

肩、肘に問題がないのであれば、投球フォームから作り直したい所です。

分析チームもアドバイスをしているとは思いますが、しっかり身体のメンテナンスもして、一昨年のパフォーマンスに戻したいです。

ただ、今季も駄目となると2年続けてとなります。

中継ぎ投手としての期待値も優先度も徐々に下がって行きますので、何とか後半戦で一昨年のようなキレの良いストレート、スライダーが投げられる所を見せてもらいたいです。






渡部選手は、歴史的得点力不足でありながらも1軍に呼ばれません。

Screenshot_20240723-182308~2

ドラ1ですし見切ったと言う事はないと思いたいですが、ドラ1だから1軍に呼ぶと言う優先起用はもうされない立場になったのは確かです。

実力で1軍行きを勝ち取らなければなりません。

今季は1軍に呼ばれても、打球が悪く内野フライばっかりだったり、かと言ってアプローチが良い訳でもなく三振も相変わらず多かったりと、長距離砲としての存在感を出せていません。

ファームではOPS.824と上げて来ていますので、そろそろ呼んでくれると思いますが、次に1軍に上がったらもうファームに落ちないと言う強い覚悟を持って挑んでもらいたいです。

最近はドラ1でもトレードに出す傾向がありますし、先日は同期の若林選手もトレードに出されました。

歴史的得点力不足であり、1塁が穴になっている状況でも渡部選手が1軍に呼ばれない状況は、渡部選手としては強い危機感を感じなければ駄目です。

あまり気持ち的に追い込み過ぎるとアプローチを悪くする恐れもあるので、打席ではゆとりを持ってもらいたいですが、トレーニングは必死に行い、レベルアップした姿を1軍で見せてもらいたいです。






個人的には、ライオンズの選手はライオンズで覚醒し、ライオンズで活躍してもらいたいです。


ただ、今季は低迷していることもあり、オフは球団も思い切った事をする可能性がありますので、アピールの足りない選手は何とか後半戦で頑張りたいです。


現状、3軍を稼働させられる余裕もない選手数なので選手数を増やすことはあっても減らすことはしないと思いますが、支配下選手の枠は多めに空ける可能性もあります。


キャリアがあり、1軍で活躍した事もある選手達は危機感を持って、後半戦はレギュラーを狙うつもりでアピールしてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





後半戦は1軍定着を目指したい、ドラ2ルーキー上田大河投手です。




即戦力ルーキーとして開幕前から期待をされていましたが、怪我によりキャンプB班スタートとなり、イースタンでは4/27に再び怪我と大きく出遅れました。


ただ、怪我から復帰後は1軍も経験しましたし、現在はファームの守護神としてキャリアを積んでいます。


ライオンズは歴史的得点力不足の陰に隠れていますが、中継ぎもかなり良くないため、後半戦は1軍ブルペンに定着出来るようにコンディションを上げて行きたいです。



Screenshot_20240723-130713~2



上田投手はイースタンで19試合18回を投げて、防御率2.00、WHIP1.56、K/BB2.83、奪三振率8.50、与四球率3.00の成績です。


与四球が多いですが、18回で17奪三振とイニング数くらいの三振は取れています。


変化球で空振りが取れているのは良い所ですが、軸となるストレートがまだ物足りません。


大学時代は最速154キロと速いストレートを投げていましたが、大学4年時には140中盤程度となり、本人もプロに入ってからまずは球速アップに取り組みました。


身体の使い方など課題を見つけ徐々に改善していき、1軍でも150キロを出しましたが、まだまだ不安定です。


いずれは150キロオーバーを連発する投手になってもらいたいですが、140後半でも制球出来れば勝負できます。


ただ、ちょっと制球もバラつきますので、ここも改善したいです。



Screenshot_20240723-130833~2



ライオンズ中継ぎ陣は、三振が少なく四球が多く非常に不安定な投手陣です。


まだまだ伸びしろがある上田投手としては、それに染まらずに三振が取れる投球を確立したいです。


今シーズンは、1軍で投げるチャンスは多々あると思いますので、高いレベルの相手にどこまで通用するか、また逆にどこが通用しないのかを確認出来るシーズンにしてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





歴史的低迷のライオンズは、渡辺監督ら球団幹部達が後半戦に向けてミーティングを行いました。





Screenshot_20240722-182414~2


奥村球団社長のコメントは、ファンはライオンズの勝利が見たいと発言していますが、その通りです。


その通りなのですが、分かっていながら補強もなくテコ入れらしいテコ入れがないのは、いつものライオンズです。


現状を分かっていない訳ではなく、分かっていながらも打開策を講じる事が出来ないのは、金なのか、オーナーなのか、しがらみなのか、、、


強くなるには補強と育成はセットですので、もう少しお金を使って選手を獲って来なければならないのですが、この辺は一向に変わりません。


何故なのか、誰の影響なのか。。。


分かっていても動かない球団体質は闇が深く、ライオンズファンとしては非常に残念な所です。



Screenshot_20240627-192039~2



ただ残念がっているだけではいつまでも弱いままですので、出来る範囲にはなってしまいますが、打開策を考えなくてはなりません。


まずは、何故弱くなったのかですが、ここまで他球団と差をつけられると言うことは、やはり戦力です。頭を使った工夫も足りませんが、使える戦力が足りていません。


ライオンズが弱体化していったのは、FA流出の多さもありますが、それ以上に近年のドラフトが上手く行かなかったからです。


過去を振り返れば、度重なるFA流出がありながらも上位争いが出来ていたのは、ドラフトを上手くやっていたからです。


あの山賊打線の時もFA流出は普通にありましたが、連覇を果たしました。


上位指名選手がしっかり戦力化され、WARも稼いでいた事が大きいです。


しかし、2024年シーズンでは主力になっていてもらいたかった2017年〜2020年のドラフト獲得選手が戦力化出来ていません。




Screenshot_20240722-183104~2

Screenshot_20240722-183127~2



隅田投手ら2021年組は巻き返してくれていますが、この4年間のドラフトは厳しい結果となっています。



ライオンズの弱体化にFA流出は大きく影響はしていますが、やはりそれ以上に4年間もドラフトが上手く行っていないとなると戦力ダウンは必然です。



編成を統括する渡辺GMに罪があるとしたら、FAで主力が流出した、外国人補強がハズレたなど以上に、このドラフトの失敗が続いた事が罪です。



Screenshot_20240713-190758~2



ライオンズが暗黒期から脱するには、再びドラフト勝ち組となることです。


昔と比べて、データも豊富となり選手もルールも色々と変わっていますが、過去から学べることもあります。


しっかり分析し、過去の成功例を取り入れスカウト、編成体制も見直したいです。


一部報道では、スカウトもコストカットの影響が出ているとの報道もありましたが、FA補強がないチームですのでドラフトを成功させるしか強化策はありません。


お金をかける所、節約する所を間違えないようにしたいです。




また、補強だけでなく育成も大事です。


育成に関しては様々な取り組みをしていますし、面白い試みもあると思っていますが、肝心の技術指導に関しては、以前のように土井コーチのような名コーチを呼ぶのではなく自前でコーチを育てながら対処しています。


もしかすると、金銭的に大物コーチを呼べないのかも知れませんが、指導者も選手も育てながらでは難しい所もあります。



せめて、分析も指導法も実績のある外部の力を借りてしばらくは技術指導をしてもらいたいです。


Screenshot_20240616-092001~2



後藤オーナーは、改革をすると断言しました。


近年は、耳障りの良い言葉を発するも結果が伴っていない事で期待値も下がって来ていますが、流石にオーナーとして今のチーム状況をスルーすることはないと信じたいです。


GMや監督人事、編成などどういう手腕を見せるのか、または見せないのか、ライオンズの未来にとって重要な決断を迫られますが、後藤オーナーの決断は今オフの最大の注目ポイントです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





ライオンズ3軍は、栃木ゴールデンブレーブスとの対戦です。


20240113_144710


Screenshot_20240722-163439~2





【結果】


20240722_165850


Screenshot_20240722-164525~2





【投手】

與座 2回2三振無失点
平良 2回1安打4三振無失点
川下 1回無失点
木瀬 1回1安打2三振無失点
粟津 1回3三振無失点
三浦 1回1安打1三振無失点
森脇 1回1安打1四球無失点




平良投手が復帰です。

Screenshot_20240722-135529~2

4/30以来の実戦登板となりました。

最速155キロ、平均でも152キロと球速が出てましたし空振りも取れたのは良かったです。

今後、痛めた右肘の状態を見ながらになりますが、イニングも球数も投げられるようになってから1軍です。






【野手】

得点は、ガルシア選手ホームランと、怪我から復帰の佐藤龍、特例抹消の長谷川選手のタイムリーです。




佐藤龍世選手が復帰です。

Screenshot_20240722-135626~2

6/13に左手骨折の手術をし全治2ヶ月との事でしたが、早期復帰となりました。

無理は禁物ですが、本来はトノゲンに次ぐ主力になってもらいたい選手です。

今季は死球からおかしくなった所もありますのでまずは万全とすることが優先ですが、そうなったら1軍合流したいです。





金子功児選手が捕手として出場しました。

Screenshot_20240722-142322~2

今日は1、2軍の試合もなく捕手不足と言う訳ではないため、何かしら意図のある挑戦の可能性もあります。

どちらかと言えば内野の方が足りませんので、コンバートはないと思いますが、昨年の佐藤龍世選手のように色々経験しつつレベルアップしてもらいたいです。





ガルシア選手にホームランです。

Screenshot_20240722-145635~2

支配下入りかとの報道もありましたが、良いアピールにはなりました。

流石に支配下入りは時期尚早だと思いますが、スペシャルアドバイザーのデストラーデにアドバイスを貰いながら、今後大化けしてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





低迷するライオンズの噂話です。



ライオンズはこれ以上の補強はなく育成のガルシア選手を支配下入りさせる事を検討しているとの噂話です。


お馴染みZAKZAKですので何とも。。。


20240525_141950



得点力不足は昨年もでした。


森が抜け、山川穂高は謹慎となり中軸2人がいない打線は得点力不足となりました。


そして今季は、完全に山川穂高が抜ける事で得点力不足に拍車がかかる事が想定された結果、球団としては外国人選手にその穴埋めを託しました。


しかし、結果として失敗です。


若手野手の伸び悩みもあり、外国人に託さなければならない状況は理解していますし、外国人頼みとなるとある意味賭けなければならない状況も理解しています。


ただ、賭けに失敗した場合の対処が何もありません。


外国人選手に賭けたのであれば、駄目なら第2弾、第3弾と外国人ガチャを回し続ける覚悟があったのかと言えばそれもなかったようです。


デストラーデ氏をスペシャルアドバイザーに就任させ、助っ人野手のフォローを行うとしましたが、球団的にはそれが賭けに失敗した場合の対処なのかも知れませんね。


Screenshot_20240712-152705~2



ただ、やはりフォロー体制よりも今は目の前の戦力が欲しい時です。


そのため、育成のガルシア選手を支配下入りさせて、デストラーデ氏のスペシャルアドバイザー就任に加えて、新助っ人も用意しましたと言う、何も手を打たなかった訳ではないよと言うアピールをライオンズ球団ならしそうではあります。




しかし、ガルシア選手の支配下入りは時期尚早です。


飛距離、スイングスピードと素晴らしい素質を持っている選手ですが、まだ素材と言った現状です。


3軍がメインですが、最近はイースタンにも出場し32試合で、打率.216、3HR、OPS.618と言った成績です。


四球率は10.9%と良く、選球眼が壊滅的な訳ではありませんが、128打席で45三振(35.2%)と非常に高い三振率です。


コルデロ選手に我慢できない首脳陣が、同じく三振が多く守備難のガルシア選手を使いこなせるとは思いません。


そもそも化けること前提で獲得した育成外国人選手ですし、もう少しアプローチ面を改善させてから支配下入りさせたいです。


化けさせるための、デストラーデスペシャルアドバイザー就任です。


20240706_154341



個人的には、ガルシア選手は今季ファームで長打力を維持したまま三振率30%くらいに抑え、来季はイースタンでホームランを量産しながらも、三振率25%程度になれば支配下入りとなるのが理想的です。



育成選手の支配下入りはプラスアルファで考えてくれれば良いのですが、ライオンズの場合は野手2人、投手3人の助っ人が基本ですので、その枠を1つ使うなら育ってから支配下入りをさせたいです。


ZAKZAKの報道ですので、多分ないとは思いますが、まだ補強期限も残っていますし、支配下枠も空いていますので、一応注目です。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






↑このページのトップヘ