ベルーナドームでのロッテ戦です。

20230923_124624


スタメンは、

Screenshot_20230923-123949~2




【結果】

Screenshot_20230923-154843~2

ライオンズ4連勝です。

平良投手が悪いなりに試合を作り、田村、クリスキー投手で締めました。開幕時には予想もしなかった勝ちパですが、良い形を作れています。






【投手】

Screenshot_20230923-154920~2

平良

今日は空振りが取れず本調子とは言えない投球でしたが、7回4安打1失点と結果は良かったです。

Screenshot_20230923-155207~2

本人的には、奪三振のタイトルを狙いに行っているだけに不完全燃焼でしょうけども、ローテ投手としては、本調子ではない中でもこういう投球が出来るのは良いことです。

また、先発転向1年目で規定投球回数をクリアーしたのは素晴らしいです。

先発に大事な能力はたくさんありますが、中でもイニングを投げるのは最も大事な能力ですので、自ら直訴した先発転向は大成功だったと思います。


田村

今日はセットアッパー起用でした。

Screenshot_20230923-155314~2


佐藤龍選手のエラーでランナーを出しますが、その後2奪三振と素晴らしい投球でした。

チェンジアップは相変わらずボール球でも振らせるキレがあり、加えて今日はストレートでも空振りが取れました。

チェンジアップが良いだけに、ストレートやカットもこの調子でレベルアップしたいです。


クリスキー

源田選手の好プレイもあり、今日は3人で抑えました。

クリスキー投手は、スプリットがカウントも空振りも取れますので、後ろで起用するならあとはストレートでも空振りが取れるようになりたいです。






【野手】

Screenshot_20230923-154902~2


試合を振り返ると、

2回、佐藤龍選手が振り逃げで出塁すると、

源田選手のタイムリーで先制です。


源田選手を下位で使えると打線に厚みも出ますが、源田選手は生涯ライオンズの複数年選手ですし、下位とは言わず上位を打てる打力アップにも取り組みたいです。





同点の5回には、源田、岸選手でチャンスメイクすると、蛭間選手のボテボテの投ゴロを、メルセデス投手が取り損ね勝ち越しとなります。

Screenshot_20230923-154601~2

結局これが決勝点となりました。

メルセデス投手は低めに変化球を集めて内外にも投げ分けていましたし、ライオンズ打線は攻略出来ませんでしたが、運が良かったです。






ライオンズ4連勝です。

Screenshot_20230923-160203~2


目先の勝利に一喜一憂する順位ではありませんが、それでも育てながら戦っているライオンズとしては、若い選手に負け癖は付けたくないですし、勝てたことは良かったです。


下位が定着しているチームだと個人プレイに走ったり、負けても当たり前のような空気がありますが、ライオンズにはそうはなって欲しくないので、勝って喜び、負けて悔しむチームにしてもらいたいです。


そんな中で、田村投手を始めファームで頑張ってきた選手がここに来て躍動しています。


育成で勝負するチームとしては良い傾向ですので、どんどんファームで結果を出した選手は1軍で試して行きたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







スポンサードリンク