台湾WL参戦中の青山美夏人投手が、先発挑戦をしています。





今季はキャンプから評価が高く、開幕戦は守護神起用されるなど、大きな期待をされている投手です。


制球、ストレートの球速、ウイニングショットと課題はありますが、松井監督、豊田コーチは1年間1軍で使い続けました。


次期守護神候補として、1軍首脳陣から英才教育を受けてはいますが、成績的にはイマイチです。


Screenshot_20231017-200630~2


亜細亜大学では先発として活躍し、スタミナもありイニングも投げられるという評価でした。一方、先発としてまとまっているが、突き抜けたものがないという評価もありました。


プロに入り、その投手としてまとまった能力を見せた事から開幕1軍入りを果たしましたが、中継ぎ起用となると空振りが取れる球が欲しい所ですがウイニングショットが不十分だったり、出力を高めようとすると制球を乱したりと厳しい投球が続きました。


マウンドでの面構えや守護神をやりたいと言えるメンタルは良いのですが、投球内容的には守護神が向いているとは言えない投球です。


シーズン終盤は、スプリットの精度も上がりウイニングショットとして機能する成長を見せていますので、後はストレートの出力と制球を両立出来ればと言った所まで来ました。



元々は、ストレート、スプリット、カット、ツーシームと球種はあり、緩いカーブで緩急も使うことが出来る事からも先発が出来る投手です。


ただ、先発、中継ぎどちらにせよ、基本となるストレートの制球面を向上させないと苦しいです。欲を言えば、出力を上げても制球を乱さないストレートにしたいです。


今季の成績的には、中継ぎとしては出力不足です。


シーズン終盤に、スプリットがウイニングショットとして機能する成長を見せましたので、伸びしろを先発、中継ぎどちらで活かすのかは豊田コーチの見極めが必要です。


先発をやるならイニングを投げるスタミナは必要ですが、それ以上に今の制球では四球から自滅もありますので、先発なら力まずに制球出来なら先発挑戦も良いと思います。



Screenshot_20231017-201057~2



個人的には、先発起用するなら以前から書いているように、與座、渡邉、宮川、浜屋投手などイニングを重ねると苦しくなる先発投手と組み合わせて、第2先発的な起用をしたいです。


先発は1人で投げきるのが理想ではありますが、ローテ5、6番手となると松本投手以外はイニングを投げられるか不透明な投手も多いです。


また、来季からは黒田、羽田投手といったこれからの先発投手も、タイミングを見て試して行きたいため、まだ半人前の先発投手登板時は2人で試合を作る起用をしたいです。



中継ぎも戦力的に万全ではない中、少しでも良いコンディションを続けさせるためにも、負担がかかると予測される先発投手の時には、ロングを投げられる投手を用意したいです。


青山投手もまずは、そのロング要員に入りイニングを投げる実績と経験を積み、しっかり結果を残せるようになったら先発として独り立ち出来るような流れにしたいです。


継投のタイミングや1、2軍の入れ替えなど上手くやらなくてはなりませんので、その辺があまり上手くないライオンズでは不安もありますが、少ない戦力で戦うためには必要な事です。


悲しいですが、編成が満足に戦力を揃えてくれなくても、戦わなくてはならないのがライオンズです。


既存戦力を最大限に活用するための工夫をしながら、来季は戦ってもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










スポンサードリンク