4年契約を終えた金子侑司選手は、減額制限超えのダウンで単年契約です。


推定で来季は7000万となります。


大幅ダウンとなりましたが、正直7000万でもライオンズでは高額です。



成績と年俸だけ見ればコストカットされても可笑しくないですが、FA残留した功労者ですので優遇された形となりました。



FA流出の多いチームですので、このFA残留組の優遇を見て少しでも流出が止まれば文句もないのですが、今の所、森友哉や山川穂高のような主力中の主力には影響がないのが残念です。



Screenshot_20231201-164037~2



金子選手の複数年は正直失敗に終わりました。


秋山翔吾が去りレギュラーを期待されましたが、年々成績は下降しもうピークも過ぎました。


厳しい言い方をすれば、秋山翔吾がNPBに復帰し1.5億で広島入りしましたが、金子選手に1.2億払ってるなら秋山翔吾を獲得しておきたかったくらいです。外野のレギュラーも1つは固定出来ました。


FAは選手の年俸を成績以上に高める制度ですし、FAを取得した時にはもう肉体的に下り坂に入る選手も多いです。


特に、金子選手のように足を武器にしていた選手は、年を追うごとにどんどん厳しくなって来ます。実際、近年は怪我に苦しんでいます。


ただ、金子選手が4年契約を結んだ時に、ある程度想像は出来た事ですので仕方ない事です。過去を振り返るより、来季チームのために何が出来るかを考えたいです。



Screenshot_20231201-164131~2



現状、外野3枠は全て空いています。


ライオンズ外野陣の中では最もキャリアのある金子選手が、そこを埋めてくれれば一番良いのですが、ここ数年の成績では厳しいです。


元々波があり、良い時と悪い時がはっきりする選手ですが、良い時は強い打球を打てますし十分スタメンでやれる成績も出しますので、まずは良い時を少しでも長く維持出来るようにしたいです。



また、良い時は打球も良いのですが、全体的にアプローチ面が良くないです。スイング率も上がっていますので、四球も選べる落ち着きを見せたいです。



四球も選べるようになれば大きな戦力になりますし、使い所も増えてきます。



常にヒット狙いではなかなか長続きはしないため、打球の質を維持しながらもアプローチ面を意識してもらいたいです。



Screenshot_20231201-164320~2



チームは今季「走魂」を掲げましたが、盗塁はプラスアルファの部分ですので、それよりも守備走塁といった基本的な部分を満足に出来るコンディションにしたいです。


近年は怪我に悩まされていますが、まずは全力プレイが出来るコンディションを維持しなければなりません。


レギュラーは難しくても、一時的には戦力になれる可能性がある選手です。


来季は単年契約ですし、キャリア的にも結果を出さなければ切られる可能性も出て来ます。


本人も置かれた立場を自覚していると思いますので、オフもしっかりトレーニングを行い、来季は開幕から戦力になれるようにしたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








スポンサードリンク