球団の、新外国人獲得判断が正しかったのかの鍵を握るのはアギラー選手です。


Screenshot_20240218-144336~2



チームにも溶け込み、紅白戦では難しいインコースをホームラン、さらに守備もハンドリングが良く評価も上がっています。


キャリアは抜群ですが、キャリアハイから年々成績を落とし年齢的な衰えも懸念されますが、メジャーから日本に舞台を移し、もう一花咲かせられるかと言った選手です。


アギラー選手は、野球ファンに名前も知られているメジャーリーガーですし、楽しみな部分は大きいです。



ただ、アギラー選手を獲得するためにライオンズは、昨年チーム野手2位のWARを稼いだ当たり外国人のマキノン選手との契約を見送りました。





正確には獲得を見送ったというよりも、積極的に残留させるための条件を提示しませんでした。



Screenshot_20240220-112247~2


渡辺GMは、適正価格は提示したと話し、マキノン選手サイドも他球団の話を聞けば理解すると思うとも話しました。


結局、1.2億の年俸でKBOへ移籍となりましたが、昨年の9000万から4000万程度アップさせれば残留の可能性があったにも関わらずそれをしなかった所からも、厳し目な評価であり積極的な残留も望まなかったのだと感じます。



厳し目な評価となる部分は、マキノン選手は山川穂高に繋ぐ打者として獲得しましたが、今度は山川穂高の代わりになる打者が必要になったという部分です。



昨年の成績は、打率.259、15HR、50打点、OPS.728と十分当たり外国人です。守備も含めると貢献度はチーム内でも外崎選手に次ぐ選手です。


昨年は、山川穂高の穴を埋める活躍だったと思いますが、球団としては山川穂高の代わりとなると物足りなさもあったのでしょう。


外野を守れれば絶対残留だったのですが。。。




ファンサービスも積極的で、僅か1年でしたが愛された選手だっただけに残念です。



プレイスタイルも、四球を選べるアプローチ面の良さに加えて長打もありますので、非常に優秀な選手です。



個人的には何度か書いていますが、怪我する前のブランドン選手が目指すべき完成形の姿だと思っています。



Screenshot_20240220-113431~2




そのマキノン選手を切ってまでアギラー選手を選択したのは、球団としても大きな賭けです。


マキノン選手には残留してもらいたい考えでしたので、賭ける事にはどうかなと思うこともありましたが、昨年5位から大した補強もない戦力で優勝を目指すなら、一発逆転の大当たり外国人の出現に賭けるしかないという考えは理解できます。



観客動員も伸び悩んでいますし、予算の少ないチームの宿命ですので仕方ない部分もありますが、賭けに成功しアギラー選手がこの投高打低の中、カブレラ、メヒア級に打ったら上位進出も見えてきます。



現実的には、カブレラ、メヒア級は難しいとしても、少なくとマキノン選手を切ってまでアギラー選手に代えた事が正解となるには、OPS.780〜.800は欲しいです。



アギラー選手は守備も良いとの評判ですが、マキノン選手程ではないでしょうし、山川穂高の代わりとして獲得した訳ですので、やはり打つ方で大きな結果を出したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







スポンサードリンク