昨日の大量得点から一転、大量失点でオリックス戦敗退です。

3タテ出来ただけに悔しいですね。



打線は、
1回から1番外崎、2番源田でチャンスを作り、相手エラーと3番栗山のタイムリーで2点を取るという完璧な流れでした。

上位重視の打順になってからは、ちゃんと打線になってきてます。


その後は沈黙しましたが、正直その裏の大量失点で負けゲームの流れになってましたし、多分野手陣も諦めちゃいましたね。

打線は組み方を間違わなければ、戦える打線になってきました。



そして敗因を書く前に、

ライオンズは打線のチームです。

投手のレベルの低さは承知の上です。


なので、私は投手陣に甘く、野手陣にはやや厳しく、首脳陣や球団には厳しいブログを書いてますが、流石に今日は投手陣が不甲斐なさ過ぎた試合でしたね。

敗因は、平井と武隈です。


平井は森が外に構えようが、内に構えようが真ん中にボールが集まってました。

あれなら2軍でも打てます。


中継ぎの投手はスペシャリストなので、平井だとスライダーが決まらなければ、他の引き出しがありません。

本職は中継ぎなのでしょうがないですが、あの状況になってしまうともうどうにも出来ないです。


平井は便利屋扱いなので、今年は慣れない先発をやらされ、昨年は酷使に感謝と同情をしましたが、

それはそれ、これはこれ

です。

次も先発やるなら、それまでの間に調整方法を考えるなり、変化球を増やすなり、投球の組み立てを捕手と打ち合わせるなり、

引き出しを増やせる努力をしてください。



そして、武隈。

最近ファンになった人は知らないと思いますが、

平井の前の便利屋です。


主に田辺監督時代に平井みたいに酷使されまくりました。


その結果、辻監督就任時には、

もう壊れてる

とも噂されましたね。


平井の代名詞がスライダーなら、武隈はチェンジアップです。

性格は不思議ちゃんで物怖じしないので、中継ぎ向きでした。

毎日でも投げます、便利屋やりますと言ってましたね。

発言も、使われ方も、共通点の多い2人です。


なんか、平井の将来を見ている気分になりましたよ。


1軍で投げれてはいますが、力不足です。
今日の投球が武隈の全力なら、もう1軍では厳しいですね。

ライオンズに尽くした功労者なので、このまま諦めるのではなく、新しい変化球や新しい投球スタイルなどモデルチェンジをして再起を図ってほしいですね。



前回もそうでしたが、平井先発時の継投プランはちゃんと考えてるのでしょうか。

前回登板時は、継投ミスで負けました。

今の打線の調子や相手先発が1年ぶりの竹安という事を考えれば、序盤の6対2ならまだ分かりませんでした。

もしかして辻監督序盤で諦めた?

諦めたらそこで試合終了ですよ。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク