報道である程度分かってはいましたが、正式に来季の組閣が決まりました。

やはり内部人事で済ませましたね。 



コメントを見ても多くの方がこの陣容に不満ですね。

来季は、内海と松坂に2軍でコーチ的な役割をやってもらうしかないです。



金がないのか、断られるのか、コーチに金をかける発想がないのか、その全部が理由なのか分かりませんが、

FA流出が多くFA補強のないライオンズにとっては育成が全てです。


育成に大事なのは環境と指導者です。


なのにコーチまでも育成しなくてはいけないのは大きなハンデです。



ソフトバンクの3軍なんかは成り上がろうと選手達がギラギラしてるそうです。

ライオンズはハード面は新しくしましたが、そういった雰囲気はまだありません。


相内や佐藤は2軍生活を楽しんでましたからね。

2軍、3軍の指導者は技術だけでなく、強くなるための雰囲気作りもして欲しいです。




栗山が2軍のときは1軍の試合の歓声が聞こえる中練習をしてたのが、何とも言えない気持ちになったと言ってました。


そういった、悔しさや上手くなりたいという気持ちが栗山の練習量に繋がったと思います。


デーブ大久保もあんなに練習する選手は見たことないって言ってましたね。




今年は育成もたくさん取りました。

3軍はこの組閣の中では実績のある田辺と嶋がいるので野手育成は面白いと思います。
2軍は高山、上本と未知数のコーチなので、田辺、嶋はフォローもして欲しいです。
 



一方、シーズン中にも書きましたが、心配なのは1軍の打撃コーチの赤田と阿部です。



阿部コーチは長くコーチをやってますし、

横浜高校の元部長の小倉氏からも横浜高校OBの中で一番野球センスがあるのは阿部だと言われていたので、指導者として期待してました。



しかし、今年を振り返ると選手任せの打線のように思えます。


期待ハズレでした。



個人的に1軍打撃コーチは、

作戦を立てられる分析力とそれを選手に徹底させられるコミュニケーション能力が必要だと思います。



一応、作戦コーチは馬場コーチなのですが、実際は辻監督が唯一連れてきたコーチなので、話し相手枠だと思ってます。





なので作戦は、

阿部コーチがスコアラーに立ててもらってそれを選手に伝える伝言係で良いのでやってもらいたいです。




ライオンズは、中村、栗山のベテランや山川、森と球界を代表する選手がいるので、

もし反発するようなら歳の近い赤田コーチがモチベーターとして役割を果たして欲しいです。




大した補強もなさそうなので、来季も選手任せでは打線低調で終わってしまいます。


来季も赤田、阿部コーチで行くと決まったからには2人3脚で取り組んで欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











スポンサードリンク